MENU

ASO BLOG(アソブログ)

 

ASO BLOG(アソブログ)

 

『アソブログ』では遊びに全力投球!というコンセプトで『遊びに関するお役立ち情報』を発信しています!

キャンプ調理の強い味方!キャンプ用鍋道具6選!

キャンプ用の鍋道具をお探しですか?

キャンプで調理をするには、鍋が欠かせません。

ただし鍋だけでは、料理を完成することはできません。

鍋を助けてくれる鍋道具が必要になります。

では現在どんな鍋道具があるのでしょうか。

今回はキャンプ用鍋道具6選について詳しくご紹介します。

①焚き火台

キャンプ用鍋道具の1つ目が「焚き火台」です。

焚き火台とは、焚き火用に造られた金属製の容器のことです。

焚き火台が必要な理由は、地面の上で直火焚き(焚き火)ができない場所で、焚き火をするためです。

一般的に人工的に整備された公園の芝生地などで、焚き火台は使われます。

焚き火台を使うことで、芝生や自然を汚したりすることがありません。

キャンプ用鍋は、焚き火台についている「鍋のせ(ゴトク)」において、温めることができます。

焚き火台でご紹介するのは「キャプテンスタッグ 焚火台 V型 ステンレス製 ゴトク付き 」です。

本体はステンレス製で、焚き火の熱にも強く、しかも汚れにくいというメリットがあります。

ステンレスの光沢が美しいので、キャンプ調理が楽しくなりますよ。

②耐熱グローブ

キャンプ用鍋道具の2つ目が「耐熱グローブ」です。

耐熱グローブとは、直火の火の粉 や 熱から手を守ってくれる耐熱性が高いグローブのことです。

一般的には 牛革素材が多く使われています。

牛革の特徴は、丈夫な上に しなやかさを持ち合わせていることです。

主な使い道は、火起こしの時 や 薪をくべる時に使います。

またキャンプ用鍋を移動する時 や フタをとる時などに、耐熱グローブが活躍します。

一般的には約200°C~300℃の熱に 耐えられるように造られています。

耐熱グローブでご紹介するのは「エリッゼ 村の鍛冶屋 耐熱グローブ 」です。

本体は牛革製です。

手の平面は、牛革、防燃布、綿の三層構造で、耐熱温度は250℃に対応できます。

耐熱温度が250℃あるので、アツアツの鍋でも安心して移動することができますよ。

③ガスコンロ

キャンプ用鍋道具の3つ目が「ガスコンロ」です。

キャンプ用のガスコンロとは、一般的に「カセットボンベ」を燃料にした、キャンプでの携帯が可能なガスコンロのことです。

ガスコンロは、火口が1つのシングルバーナー、火口が2つのツーバーナー、家庭用にも使えるカセットコンロの3つのタイプがあります。

またソロキャンプには シングルバーナー、複数以上の人がいるキャンプには ツーバーナーか カセットコンロがおすすめです。

ガスコンロで ご紹介するのは「スノーピーク HOME&CAMPバーナー」です。

本体はステンレス製、重量は1.8kg、サイズは500mlペットボトルくらいの大きさです。

小さくて軽いので、持ち運びに便利ですよ。

④トライポッド

キャンプ用鍋道具の4つ目が「トライポッド」です。

トライポッドとは、一般的に焚き火の真上に、鍋やケトルをチェーンで吊り下げることができる「三脚」のことです。

鍋やケトルを 焚き火の上に 吊り下げることで、温めることができます。

ところで使いやすさからいうと、圧倒的にガスコンロの方が使いやすいですが、見た目が「映える」ことから、最近は若いキャンパーさまを中心に人気があります。

トライポッドで ご紹介するのは「キャンピングムーン トライポッド L 4段折り MS-105」です。

本体はアルミ製、チェーンはステンレス製です。

脚部は ねじ込むだけでロックがかかり、組み立てが非常にラクですよ。

⑤薪ストーブ

キャンプ用鍋道具の5つ目が「薪ストーブ」です

薪ストーブとは、薪を金属の中で燃焼させ、本体表面に熱を持つことで、室内を温めてくれる暖房器具です。

キャンプ用鍋との相性も良く、一般的には 鍋を薪ストーブの天板の上において温めます。

天板から伝わる熱 と 天フタをとった直火式の2つの温め方があります。

薪ストーブで ご紹介するのは「ホンマ製作所 ステンレス時計1型薪ストーブセット」です。

本体はステンレス(SUS430)製です。

部屋中を温めてくれ、鍋もすぐに温めてくれますよ。

⑥着脱式取っ手

キャンプ用鍋道具の6つ目が「着脱式取っ手」です

着脱式取っ手とは、主にキャンプ用鍋に採用されている「取っ手」のことです。

着脱式取っ手には「鍋本体とセットのモノ」と「鍋本体とは関係性がないモノ」の2種類があります。

着脱式取っ手が採用されている目的は、取っ手を鍋から切り離せることで、キャンプ場への持ち込みがしやすくなるからです。

着脱式取っ手で ご紹介するのは「Ferio 鍋つかみブラック F8820m」です。

本体はスチール製です。

あらゆるキャンプ用鍋をつかむことができますよ。