キャンプ用鍋に最適!おすすめ カセットコンロ4選!

キャンプ用鍋に使う、カセットコンロをお探しですか?

キャンプでの熱源は、焚火、薪ストーブ、ガスバーナー、そしてカセットコンロがあります。

ソロキャンパーさま や ボリュームを抑えた調理になると、カセットコンロの出番になります。

では現在どんなカセットコンロがあるのでしょうか。

今回はキャンプ用鍋に最適 おすすめ カセットコンロ4選について詳しくご紹介します。

キャンプ料理には外せない!カセットコンロの5つのメリット!

キャンプで使われる熱源の中でも、最近特に使われているのが カセットコンロです。

ではカセットコンロには 一体どんなメリットがあるのでしょうか。

こちらではカセットコンロの5つのメリットについてご説明します。

①持ち運びやすい

カセットコンロの1つ目のメリットが「持ち運びやすい」ことです。

カセットコンロは、軽くて、女性や子供でも ラクに持ち運べるサイズです。

そのため他の熱源よりも、持ち運びやすく、移動の自由度が高い熱源です。

車の荷室に入れても、かさばらず、他の荷物の邪魔にならないので キャンプに持って行くには最適です。

②本体価格が安い

カセットコンロの2つ目のメリットが「本体価格が安い」ことです。

カセットコンロは、最安値のクラスになると、1000円以下のモノも珍しくありません。

そのため簡単に手に入りやすく、2台持ち、3台持ちも可能です。

③燃料代が安い

カセットコンロの3つ目のメリットが「燃料代が安い」ことです。

カセットコンロに 使うガスボンベは、1缶300円台で買うことができます。

1缶が安く、しかも缶なので、燃料代を計算しながら 使うことができるので 無駄使いすることがなく 経済的です。

④火起こしや火力の調整が簡単

カセットコンロの4つ目のメリットが「火起こしや火力の調整が簡単」なことです。

薪や焚き木、炭火での火起こしは 大変な作業です。

特にキャンプ初心者さまであれば、思っている以上に 簡単ではありません。

ところがカセットコンロであれば、自宅がガスコンロを使っていれば やり方が同じです。

火起こしも簡単にできて、火力の調整も思った通りにすることができるので 不安がありません。

⑤後片付けがラクちん

カセットコンロの5つ目のメリットが「後片付けがラクちん」なことです。

カセットコンロは基本的に 上部が1枚ものの パネルになっています。

そのため サーッ と一拭きすることで、アッという間にきれいになります。

熱源の掃除に 手間はとらせません。

キャンプで使いやすい!おすすめ カセットコンロ4選

今やキャンプの熱源の中でも、人気急上昇中なのが、カセットコンロです。

ではキャンプで使いやすいカセットコンロとは 一体どんなモノなのでしょうか。

こちらではおすすめ カセットコンロ4選についてご紹介します。

①イワタニ カセット  タフまる CB-ODX-1

おすすめ カセットコンロの1つ目が「イワタニ カセット  タフまる CB-ODX-1」です。

イワタニ カセット タフまるの特徴は「野外での風に強いこと」です。

1つ目が 空気は通すが 風は通さない「ダブル風防ユニット」が搭載されている点です。

「ダブル風防ユニット」が搭載されたことで、2つの風防で風を防いでくれます。風が強い野外での調理が安心してできます。

2つ目が「多孔式バーナー」です。バーナー口に 無数の小さな 火口が造られています。

これにより 1つ1つの火足を短くすることができ、 風の影響を低減させてくれます。

②スノーピーク  HOME&CAMPバーナー

おすすめ カセットコンロの2つ目が「スノーピーク  HOME&CAMPバーナー」です。

スノーピーク  HOME&CAMPバーナーの特徴は「折り畳み式のガスコンロ」ということです。

収納時のサイズが 90×120×255ミリと小さく、500ml入りのペットボトルくらいの大きさです。

そのため 持ち運びに邪魔にならず、様々な場所に 自由に持って行くことができます。

③キャプテンスタッグ 小型 ガスバーナー コンロM-7900

おすすめ カセットコンロの3つ目が「キャプテンスタッグ 小型 ガスバーナー コンロM-7900」です。

キャプテンスタッグ 小型 ガスバーナー コンロM-7900の特徴は「火力が強いこと」です。

最大2700Kcal/hの火力を持っています。

また「自動点火装置付き」なので、ライターなどが必要ありません。

④ソト Gストーブ ST-320

おすすめ カセットコンロの4つ目が「ソト Gストーブ ST-320」です。

ソト Gストーブ ST-320の特徴は「収納時にノート型サイズになること」です。

収納時は「 幅142×奥行78×厚み25ミリ」になります。スマホよりも ちょっと厚みがあるくらいのサイズになります。

なので、こちらはポケットに入れて 持ち運びすることができます。