新キャンプ料理串揚げ!キャンプ用串揚げ鍋4選!

キャンプ用串揚げ鍋をお探しですか?

一般的にキャンプ料理といえば、バーベキュー や カレーですよね。

そんな中で、最近人気急上昇中のキャンプ料理が「串揚げ」なんですよ。

では現在どんな串揚げ鍋があるのでしょうか。

今回は新キャンプ料理串揚げ キャンプ用串揚げ鍋4選 について詳しくご紹介します。

キャンプで串揚げをおすすめする4つの理由!

これまでキャンプ料理といえば、バーベキュー、カレー、焼きそばなどが 定番の料理でした。

ところが最近は、それらの定番料理だけでは飽き足らず、これまでのキャンプ料理にはなかったものまで スポットライトが当てられるようになりました。

その代表格が今回ご紹介する「串揚げ」です。

こちらではキャンプで串揚げをおすすめする4つの理由についてご説明します。

①下ごしらえをみんなで楽しみながらやれる

キャンプで串揚げをおすすめする1つ目の理由が「下ごしらえをみんなで楽しみながらやれる」ことです。

串揚げには「食材を串に刺す作業」があります。

一見手間がかかりそうに見えますが、この作業こそ「キャンプ向き」の作業です。

小さなお子さまなども、失敗しながらも「串刺し」を楽しんでやれますよ。

②季節の旬の食材を味わえる

キャンプで串揚げをおすすめする2つ目の理由が「季節の旬の食材を味わえる」ことです。

串揚げの一番の魅力は、その時期に 特に旨味が増している旬の食材を 串揚げにして食べることです。

魚介類や山の幸など、あらゆる季節の旬の食材を食べることができますよ。

③パーティ気分で盛り上がれる

キャンプで串揚げをおすすめする3つ目の理由が「パーティ気分で盛り上がれる」ことです。

串揚げのメニューは、バラエティ豊富です。

車エビ、ホタテ、白身魚、ソーセージ、豚肉、アスパラ、玉ねぎ、ナス、サツマイモなど あらゆる食材を串揚げにすることができます。

そのため参加者みなさんで パーティ気分で盛り上がれますよ。

④自ら揚げられる

キャンプで串揚げをおすすめする4つ目の理由が「自ら揚げられる」ことです。

一見セルフは 面倒に感じますが、キャンプでの串揚げに関しては真逆です。

自分で食べる食材を、目の前で鍋に入れて、串が揚がるまで 他の人と会話を楽しみながら待つことができます。

これって凄く贅沢な時間ですよ。

キャンプ料理が楽しくなる!キャンプ用串揚げ鍋4選!

キャンプでの串揚げは楽しみですよね。

では一体どんな串揚げ鍋があるのでしょうか。

こちらではキャンプ用串揚げ鍋4選についてご紹介します。

①和平フレイズ 串揚げ鍋 TY-043 匠弥

キャンプ用串揚げ鍋の1つ目が「和平フレイズ 串揚げ鍋 TY-043 匠弥」です。

和平フレイズ 串揚げ鍋 TY-043 匠弥の内訳は、鍋本体、フード(天板)の2点です。

材質は鍋本体、フードとも鉄製で、表面がシリコン樹脂塗装がされています。

特徴は、フードに「串立て」がついていることです。

こちらの鍋は 新潟の燕三条で造られた、本格派の串揚げ鍋です。

②パール金属 天ぷら鍋 温度計付 BLKP 黒 AZ-5037

キャンプ用串揚げ鍋の2つ目が「パール金属 天ぷら鍋 温度計付 BLKP 黒 AZ-5037」です。

パール金属 天ぷら鍋 温度計付 BLKP 黒 AZ-5037の内訳は、鍋本体、フード(天板)、温度計の3点です。

材質は鍋本体、フードとも鉄製です。

特徴は、フードに「温度計」がついていることです。

これにより、最適な温度に保てることから、初心者さまでもおいしく串揚げを作ることができます。

またフードがついていることから「油跳ね」を軽減してくれ、キャンパーさまに跳ねた油が付着することが減ります。

③高木金属 天ぷら鍋 TP-24R-BW

キャンプ用串揚げ鍋の3つ目が「高木金属 天ぷら鍋 TP-24R-BW」です。

高木金属 天ぷら鍋 TP-24R-BWの内訳は、鍋本体、油切網の2点です。

材質は鍋本体はホーロー製です。

ホーロー鍋(琺瑯鍋)とは「ホーロー素地」といわれる金属を、鍋の形に成形、ガラス質のうわぐすりを塗り、乾燥した後高温で焼いたものがホーロー鍋といいます。

ホーロー鍋は、熱が逃げにくく、串揚げ鍋としては最適の鍋ですよ。

④前田家  天ぷら鍋 42cm

キャンプ用串揚げ鍋の4つ目が「前田家  天ぷら鍋 42cm」です。

前田家  天ぷら鍋 42cmの内訳は、鍋本体の1点です。

材質は鉄製です。

特徴は、直径が42cmもあり 、容量が14Lもあるので、大人数さまでの串揚げパーティの時に大活躍してくれますよ。