MENU

ASO BLOG(アソブログ)

 

ASO BLOG(アソブログ)

 

『アソブログ』では遊びに全力投球!というコンセプトで『遊びに関するお役立ち情報』を発信しています!

キャンプで大活躍!キャンプ用フライパン鍋3選!

キャンプ用のフライパンをお探しですか?

今や家庭料理では フライパンは はずせません。またフライパンは キャンプ料理でも大活躍してくれます。

機能的には 家庭用のフライパンは そのままキャンプでも使うことができます。

ただし キャンプは直火であることから、フライパンがススだらけになったり、取っ手が溶けて なくなったりすることも十分ありえます。

なので 別にキャンプ用のフライパンを用意されて おくことをおすすめします。

ではキャンプ用フライパン鍋には 一体どのようなものを選べば良いのでしょうか。

今回はキャンプ用フライパン鍋3選について詳しくご紹介します。

フライパンとスキレットの3つのポイントとは?

フライパンといえば だれもが知る家庭用の調理器具です。

それに対して最近スキレットという 調理器具が使われるようになってきました。

ではフライパンとスキレットは 一体何が違うのでしょうか。

こちらではフライパンとスキレットの3つのポイントについてご説明します。

①スキレットはフライパンの中の一つの種類

基本的にフライパンとスキレットは同じものです。

あえていうなら スキレットは フライパンの中の一つということです。

フライパン > スキレット という関係です。

②フライパンには材質の種類が多い

フライパンの大きな特徴は、様々な材質で造られていることです。

主に鉄製、ステンレス製、アルミニウム製、チタン製、その他の金属など多彩です。

それに対してスキレットは 主に「鋳鉄」で造られています。

「鋳鉄」の特徴は、炭素を多く含んでいるため 硬く 強度が高いことです。

③フライパンは調理のみ スキレットは器としてもOK!

フライパンとスキレットには 使い方に大きな違いがあります。

フライパンは 主に調理のみに使う調理器具です。

それに対してスキレットは調理だけでなく「器」としても使うことができます。

例でいうと スキレットをアツアツの鉄板にして ステーキやハンバーグをのせて 食卓を彩ることができます。

よってスキレットを使うと「映え」ます。

キャンプ用フライパン選びの3つのポイント!

キャンプ用フライパンには、様々な点で特徴があります。

こちらではキャンプ用フライパン選びの3つのポイントについてご説明します。

①フライパンの材質

キャンプ用フライパン選びの1つ目のポイントが「フライパンの材質」です。

フライパンは、主に4つの材質で造られています。

丈夫で強火に強い鉄製フライパン鍋、軽くて初心者でも扱いやすいアルミ製フライパン鍋、サビにくいステンレス製フライパン鍋、料理経験者向きのチタン製フライパン鍋です。

それぞれ特徴があるので、ご自分にあったフライパン鍋をお選びください。

②加工の有無

キャンプ用フライパン選びの2つ目のポイントが「加工の有無」です。

現在のフライパン鍋は「焦げ付き」「こびりつき」をなくすために 調理面に様々な加工がされています。

フライパン料理 初心者さまであれば、加工が施されているフライパン鍋をお使いになることで 洗い物がスイスイ片付きますよ。

③形状の変化

キャンプ用フライパン選びの3つ目のポイントが「形状の変化」です。

一般的なフライパン鍋は、取っ手が固定されたものが多いです。

ところがキャンプ用のフライパン鍋は、持ち運びがあることから、本体から取っ手が外れるように設計されているものもあります。

よって移動での持ち運びに効果が大ですよ。

キャンプでおすすめ!キャンプ用フライパン鍋3選

キャンプ用フライパンは、キャンパーさまの需要が多いことから、様々なタイプのものが販売されています。

こちらではキャンプでおすすめするキャンプ用フライパン鍋3選についてご紹介します。

①キャプテンスタッグ キャンプ バーベキュー用 フライパン 3層鋼

キャンプ用フライパン鍋で1つ目にご紹介するのが「キャプテンスタッグ キャンプ バーベキュー用 フライパン 3層鋼」です。

キャプテンスタッグ社製のフライパン 3層鋼の特徴は、その名の通り「3層鋼(5層構造)」が採用されていることです。

「3層鋼(5層構造)」とは「ステンレス鋼 + ニッケル + 軟鉄 + ニッケル + ステンレス鋼」という構造のことです。

これにより火力が強い焚火にも十分対応できます。

②スノーピーク 火燕鍋 CS-160

キャンプ用フライパン鍋で2つ目にご紹介するのが「スノーピーク 火燕鍋 CS-160」です。

スノーピーク 火燕鍋 CS-160の特徴は、強火にも対応できる 「中華フライパン」ということです。

こちらのフライパンは、スノーピークおすすめの超万能調理鍋です。

あらゆる料理が、このフライパン1つで可能ですよ。

③ユニフレーム 山フライパン17cm 深型 

キャンプ用フライパン鍋で3つ目にご紹介するのが「ユニフレーム 山フライパン17cm 深型」です。

ユニフレーム 山フライパン17cm 深型の特徴は、フライパンではありますが、実際は炊飯もできる「万能クッカー」です。

こびりつきもなく、洗い物もラクにできますよ。