MENU

ASO BLOG(アソブログ)

 

ASO BLOG(アソブログ)

 

『アソブログ』では遊びに全力投球!というコンセプトで『遊びに関するお役立ち情報』を発信しています!

イライラ解消!キャンプ用鍋が焦げない5つの方法!

キャンプ用鍋が焦げない方法をお探しですか?

キャンプ用鍋を普通に使っていても「焦げてしまう」というお悩みはありませんか。

楽しいはずの キャンプ飯を作る時に、鍋を焦がしてしまうと テンションが下がってきますよね。

ではどうすれば 鍋は焦げないのでしょうか。

今回はキャンプ用鍋が焦げない5つの方法についてご紹介しますね。

キャンプ用鍋を焦げないようにする5つの方法!

キャンプ飯を作る時、鍋に食材が焦げ付き イライラしたことはありませんか?

焦げ付きが出てしまうと、どうしてもイライラしてきますよね。

こちらでは キャンプ用鍋を焦げないようにする5つの方法についてご説明します。

①最初に鍋を予熱で温める

キャンプ用鍋を焦げないようにする1つ目の方法が「最初に鍋を予熱で温める」ことです。

一般的に鍋は 予熱がされてないと、焦げ付きやすくなります。

できれば十分な予熱をしてから 調理をスタートされてください。

予熱の目安としては、中火で約2分ほどです。

見た目での目安は、鍋に水滴を落とした時に、水滴が玉になって転がるくらいです。

予熱がされていない時に 焦げ付く原因は 鍋の表面に「熱ムラ」が起こるからです。

鍋の表面に「熱ムラ」が起こると、食材への熱の通りが不安定になるので、焦げ付きが起こってしまいます。

②油の量を多めに入れる

キャンプ用鍋を焦げないようにする2つ目の方法が「油の量を多めに入れる」ことです。

実は鍋に油を入れているのには ある理由があります。

その理由とは 鍋に油を敷くことで、鍋の表面に油の「膜」を作っているからです。

油の「膜」を作ることで、食材が鍋の表面に 直接触れないようにしています。

すると「膜」があることで、鍋が焦げないのです。

まとめると 油の量を多めに入れることで「膜」ができて 鍋の焦げ付きが低減します。

③劣化が著しい鍋は使わない

キャンプ用鍋を焦げないようにする3つ目の方法が「劣化が著しい鍋は使わない」ことです。

そもそもの話ですが、鍋を長く使っていると「劣化」してきます。

「劣化」した鍋は、仮に予熱をしても、油を多めに敷いても焦げ付きます。

鍋を使う前に、劣化が著しいような鍋は使わないようにしましょう。

④火加減に注意する

キャンプ用鍋を焦げないようにする4つ目の方法が「火加減に注意する」ことです。

新しい鍋でも、予熱をしても、油を多めに入れても 実際に食材を調理する時に「火力」が強すぎると焦げ付きやすくなります。

一般的な鍋であれば「中火」以下の火力を推奨しています。

お湯を早く沸かす時以外には「中火」以下の火力で調理されることをおすすめします。

⑤表面加工されている鍋を使う

キャンプ用鍋を焦げないようにする5つ目の方法が「表面加工されている鍋を使う」ことです。

鍋の調理面が 一切加工が施されていない鍋で調理すると 焦げ付きやすくなります。

できるだけ「焦げ付き防止効果がある 」表面加工が施されている鍋を使われることをおすすめします。

キャンプ用鍋で焦げない加工が施されている鍋3選!

焦げ付かないテクニックを駆使することで「焦げ付きを防止する」ことはできます。

ところで「焦げ付きを防止する」加工がされている鍋には 一体どんなモノがあるのでしょうか。

こちらでは キャンプ用鍋で焦げない加工が施されている鍋3選についてご紹介します。

①キャプテンスタッグ ミニフライパン 16cm UH-4112

焦げ付き防止加工ありキャンプ用鍋の1つ目が「キャプテンスタッグ ミニフライパン 16cm UH-4112」です。

キャプテンスタッグ ミニフライパン 16cm UH-4112の内訳は、鍋本体のみです。

材質は鍋本体はアルミニウム製です。鍋の調理面には「ふっ素樹脂塗膜加工」が施されています。よって食材が焦げ付きにくいです。

特徴はハンドルが折り畳み式で、しかも軽くて、持ち運びやすい鍋です。

②Fire-Mapleアルミフライパン FEAST FP NON-STICK

焦げ付き防止加工ありキャンプ用鍋の2つ目が「Fire-Mapleアルミフライパン FEAST FP NON-STICK」です。

Fire-Mapleアルミフライパン FEAST FP NON-STICKの内訳は、鍋本体のみです。

材質は鍋本体はアルミニウム製です。鍋の調理面には「テフロン加工」が施されています。よって食材が焦げ付きにくいです。

特徴は鍋の調理面に「段々」が造られており、より焦げ付きを防止しています。

こちらでは 焼き魚料理などがおすすめですよ。

③エバニュー アルミフライパン

焦げ付き防止加工ありキャンプ用鍋の3つ目が「エバニュー アルミフライパン」です。

エバニュー アルミフライパンの内訳は、鍋本体のみです。

材質は鍋本体はアルミニウム製です。鍋の調理面には「マーブル(フッ素樹脂)加工」が施されています。よって食材が焦げ付きにくいです。

特徴は鍋の底面に「うず巻き加工」が採用されており、効率的な調理ができるようになっています。

こちらでは卵焼きなどを焼いても 焦げ付きませんよ。