直火でも問題なし!直火対応キャンプ用鍋4選!

直火に対応しているキャンプ用鍋をお探しですか?

キャンプの時に 鍋を直火にかけると とんでもないことが起こります。

キャンプ初心者さまであれば、ガス火も直火も同じ「火」にみえますが、実はこの2つは鍋に対して 全く違う現象を起こします。

ではキャンプの時に直火を使うと、家庭用の鍋はどうなるのでしょうか。

また 直火の時には 一体どんな鍋を使えば良いのでしょうか。

今回は直火でも問題なし 直火対応キャンプ用鍋4選について詳しくご紹介します。

家庭用の鍋はキャンプでも問題なく使えるのか?

キャンプ初心者さまであれば、家庭用の鍋について 当然疑問に思われていると思います。

それは「家庭用の鍋でも キャンプで問題なく使えるのか」ということです。

こちらでは 実際 家庭用の鍋はキャンプでも使えるのか についてご説明します。

①キャンプでも調理用鍋としては使える

家庭用の鍋でも、キャンプで調理用の鍋としては 普通に使うことができます。

煮る、焼く、揚げるなど ほとんどの調理は可能です。

②直火では家庭用鍋は使わない方が良い

家庭用の鍋でも、キャンプで使うことはできますが「直火」での調理は やめておいた方が良いです。

その理由は 家庭用の鍋を直火に当てると、取っ手が樹脂の場合 溶けてなくなります。

また全体的にススだらけになり、油が混じったようなスス汚れになるので、洗剤でも簡単には落とせなくなります。

場合によっては、スス汚れが強すぎて、使えなくなる可能性があります。

③家庭用鍋の熱源には何が良いのか?

家庭用鍋の熱源には「直火」はやめておいた方が良いです。

もしキャンプの時に 家庭用鍋を使われる時には「ガスコンロ」か「炭火」を熱源にお使いください。

「ガスコンロ」か「炭火」であれば、ススが発生しにくく、取っ手を溶かす程高温になることもありません。

よって自宅に持ってかえってからも、家庭用鍋として普通に使うことができます。

④それでも家庭用鍋を直火で使う場合には?

もし「ガスコンロ」や「炭火」が使えず、直火を家庭用の鍋に当てる場合には、ススがつきにくくなる方法があります。

それは直火に当てる前に、鍋の底にクレンザーなどを 水でといたものを塗っておくことです。

こうするだけで、後で簡単にススを落とすことができます。

要は直火が当たる場所に先に「コーティング」をして、ススが鍋に直接付着しないようにすることです。

クレンザーの代わりに、薪の灰を水でといたものでも効果はあります。

直火でも安心!直火対応キャンプ用鍋4選!

もしもキャンプで 鍋に直火を当てて調理をするのであれば、直火に対応したキャンプ用鍋を使われた方が良いでしょう。

では一体どんな直火対応鍋があるのでしょうか。

こちらでは直火対応キャンプ用鍋4選についてご紹介します。

①キャプテンスタッグ アルミつる付寸胴鍋 20cm UH-4103

直火対応キャンプ用鍋の1つ目が「キャプテンスタッグ アルミつる付寸胴鍋 20cm UH-4103」です。

キャプテンスタッグ アルミつる付寸胴鍋の特徴は「硬質アルマイト加工」が施されていることです。

本体の材質は「アルミニウム」であることから、軽くて、熱伝導率が高いので、お湯などはすぐに沸いてくれます。

ちなみに本体の材質のアルミニウムは 家庭用では「雪平鍋」などに使われています。

こちらの鍋は「硬質アルマイト加工」がされていることで、鍋の表面が硬く、腐食しにくい性質を保っていることができます。

②スノーピーク 野宴鍋

直火対応キャンプ用鍋の2つ目が「スノーピーク 野宴鍋」です。

スノーピーク(snow peak) 野宴鍋30 [3-4人用] CS-250
スノーピーク(snow peak)

スノーピーク 野宴鍋の特徴は、一見「土鍋」に見えますが、実は「アルミニウム合金製の鍋」です。

アルミ二ウムであることから、軽く、熱が伝わりやすく、素早く食材を煮込むことができます。

またキャパは満水で6.1Lも入ります。

ファミリーさまに余裕で対応できますよ。

③ソト ニューリバーポット SOD-511

直火対応キャンプ用鍋の3つ目が「ソト ニューリバーポット SOD-511」です。

ソト ニューリバーポット SOD-511の特徴は、コンパクトサイズなアルミクッカーということです。

本体は118gしかなく、思っている以上に軽いです。

満水時の容量は1,000mLあります。

こちらはソロキャンパーさまのお供にぴったりですよ。

④コールマン アルミライスクッカー

直火対応キャンプ用鍋の4つ目が「コールマン アルミライスクッカー」です。

コールマン アルミライスクッカーの特徴は、焦げ付きにくい加工がされていることから、初めての直火炊きでも、おいしくご飯を炊くことができることです。

本体は2.5mm厚のアルミニウムが採用されており 熱が伝わりやすく、鍋の内側表面には「ノンスティック加工」が採用されていることで、ご飯のこびりつきがありません。