MENU

ASO BLOG(アソブログ)

 

ASO BLOG(アソブログ)

 

『アソブログ』では遊びに全力投球!というコンセプトで『遊びに関するお役立ち情報』を発信しています!

キャンプ用鍋ツートップ3対決!アルミ鍋 VS ステンレス鍋!

みなさんはキャンプ用鍋で、アルミ鍋 と ステンレス鍋ではどちらを使いますか?

アルミ鍋 と ステンレス鍋といえば、キャンプ用鍋のツートップですよね。

それぞれメリットが異なり、好対照の鍋です。

ではそれぞれ一体どんな点が優れているのでしょうか。

今回はキャンプ用鍋ツートップ3対決 アルミ鍋 VS ステンレス鍋 について詳しくご紹介します。

キャンプ用鍋対決3番勝負!アルミ鍋 VS ステンレス鍋はどちらが勝ちか?負けか?

キャンプ用鍋のツートップであるアルミ鍋 と ステンレス鍋には、それぞれ優れている点と劣っている点があります。

では一体どんな点が優れており、どんな点が劣っているのでしょうか。

こちらではアルミ鍋 VS ステンレス鍋はどちらが勝ちか?負けか?について優劣をつけさせていただきます。

①熱伝導率対決

アルミ鍋 VS ステンレス鍋対決の第1回戦目は「熱伝導率対決」です。

熱伝導率対決では、アルミ鍋の熱伝導率は「236」で鍋の中では、銅鍋に続いて高く、鉄鍋の3倍も高い数値です。

対するステンレス鍋の熱伝導率は「20」しかなく、鍋の中でも際立った熱伝導率の低さを持ちます。

これにより、熱伝導率対決はアルミ鍋の圧倒的勝利です。

アルミ鍋は、熱の伝わりが早いことから、湯沸かしや炊飯に向いています。

一方ステンレス鍋の方は、火の伝わり方が遅いことから、じっくりと食材に火を通す 煮込み料理や揚げ物料理に向いています。

②強度対決

アルミ鍋 VS ステンレス鍋対決の第2回戦目は「強度対決」です。

アルミ鍋は、金属鍋の中でも際立って柔らかいことから、キズが入りやすく、へこみや歪みが起こりやすいです。

それに対してステンレス鍋は、金属鍋の中でも特に頑丈で、キズやへこみが発生しにくく、耐用年数が抜群に高い傾向にあります。

ステンレス鍋は、直火炊きなどにも能力を発揮します。

よって強度対決は、ステンレス鍋の圧倒的勝利です。

③サビ対決

アルミ鍋 VS ステンレス鍋対決の第3回戦目は「サビ対決」です。

サビ対決に関しては、どちらもサビが発生しにくい金属です。

そのためサビ対決は両者互角です。

このようにアルミ鍋 と ステンレス鍋には、それぞれ優劣な点が異なります。

キャンプではお互いの優れた点に 重きをおいた使い方をすることで、両者の良さを発揮することができます。

キャンプでおすすめ!アルミ鍋 VS ステンレス鍋のご紹介全4選!

様々な点で 好対照なアルミ鍋 と ステンレス鍋ですが、それぞれ一体どんな鍋があるのでしょうか?

こちらではキャンプでおすすめのアルミ鍋 と ステンレス鍋についてご紹介します。

アルミ鍋① ユニフレーム クッカー S

キャンプでおすすめのアルミ鍋の1つ目が「ユニフレーム クッカー S」です。

ユニフレーム クッカー Sの材質と加工は、鍋の本体はアルミ製、表面はアルマイト加工が施されています。

機能は満水容量が中鍋が1.1リットル、小鍋が0.7リットルの2つの鍋がワンセットになっています。

アルミ鍋② EPI アルミ3点食器セット C-5201

キャンプでおすすめのアルミ鍋の2つ目が「EPI アルミ3点食器セット C-5201」です。

EPI アルミ3点食器セット C-5201の材質と加工は、鍋の本体とフタはアルミ製、表面はアルマイト加工が施されています。

鍋の内訳は、大鍋、小鍋、フタの3点セットです。

鍋の取っ手は、折り畳み式で本体に脇に収納できます。

ステンレス鍋① キャプテンスタッグ ワイルドウェイ 18-8ステンレスフライパン21cm M-8061

キャンプでおすすめのステンレス鍋の1つ目が「キャプテンスタッグ ワイルドウェイ」です。

キャプテンスタッグ ワイルドウェイの材質は、鍋の本体には 18-8ステンレスが採用されています。

よって強い耐久性を実現しています。

ステンレス鍋② スノーピーク  ケトル No1 0.9L CS-068

キャンプでおすすめのステンレス鍋の2つ目が「スノーピーク  ケトル No1 0.9L CS-068」です。

スノーピーク  ケトル No1 0.9L CS-068の材質は、鍋の本体とフタには 0.4mm厚のステンレスが採用されています。

特徴はデザインが秀逸で、スタイリッシュな点です。