キャンプ調理の必需品!クッカー用鍋つかみ4選!

クッカー用の鍋つかみをお探しですか?

ちなみにクッカーとは「キャンプ用の鍋」のことです。

ところで家庭で使うような一般的な鍋には、取っ手がついていますよね。

それに対して キャンプ用の鍋であるクッカーには、取っ手がないものもあります。

取っ手の代わりに使うのが、クッカー用の「鍋つかみ」なんです。

ではクッカー用の「鍋つかみ」とは 一体どんなものなのでしょうか。

今回はキャンプ調理の必需品 クッカー用鍋つかみ4選 について詳しくご紹介します。

なぜクッカーには「鍋つかみ」が必要なのか?

そもそもの話ですが、一体なぜクッカー(キャンプ用鍋)には 取っ手がないものがあるのでしょうか?

調理中に高温になる鍋であれば、取っ手がないと調理ができませんよね。

クッカーに取っ手がない理由は、取っ手があるとキャンプ場へ 車で持ち込む時に、取っ手が邪魔になるからです。

よってクッカーの取っ手は、取り外しができるようになっているのです。

またその他の理由として、キャンプ上級者さま用に「元々取っ手自体がない鍋」も販売されています。

あと「取り外しができる取っ手」を、何度も使っているうちに 壊れてしまうことがあります。

このような理由から、別売りでクッカー用の「鍋つかみ」が売られています。

キャンプ時のクッカー用の「鍋つかみ」の3つメリット!

ではクッカー用の「鍋つかみ」には、何かメリットがあるのでしょうか。

こちらではクッカー用の「鍋つかみ」の3つメリットについてご説明します。

①握った時に鍋の熱さを感じない

クッカー用の「鍋つかみ」の1つ目のメリットが「握った時に鍋の熱さを感じない」ことです。

クッカー用の「鍋つかみ」を握った時に、鍋の熱さを感じることがないように「耐熱」「遮熱」の機能が搭載されています。

②頑丈で壊れにくい

クッカー用の「鍋つかみ」の2つ目のメリットが「頑丈で壊れにくい」ことです。

最初からクッカーに付いているオリジナルの「取り外しができる取っ手」は 頑丈ではなく、どちらかというと壊れやすい傾向にあります。

ところが別売りされている「鍋つかみ」は、シンプル設計なことから、頑丈で壊れにくく造られています。

そのためアウトドアでの 厳しい環境にも対応してくれます。

③様々な鍋に対応した鍋つかみがある

クッカー用の「鍋つかみ」の3つ目のメリットが「様々な鍋に対応した鍋つかみがある」ことです。

実際最近のクッカーには種類が多く、様々なモノが発売されています。

そのため各クッカーに対応した 様々なタイプの「鍋つかみ」も 同じように発売されています。

キャンプ料理の時に使ってみたい!クッカー用鍋つかみ4選!

現在クッカー用の「鍋つかみ」は様々なモノが発売されています。

それぞれ特徴があり、ユニークなモノばかりです。

こちらではクッカー用鍋つかみ4選についてご説明します。

①フィールドボックス BL20C

クッカー用鍋つかみの1つ目が「フィールドボックス BL20C」です。

BL20C(クッカー用鍋つかみ)
フィールドボックス

フィールドボックス BL20Cの特徴は、材質はアルミ二ウム製で、最大8ミリ厚のクッカーに対応できます。

価格が安いことから、初めてクッカー用の鍋つかみを購入される方におすすめです。

②富士商 Ferio あつあつ 耐熱 鍋つかみ

クッカー用鍋つかみの2つ目が「富士商 Ferio あつあつ 耐熱 鍋つかみ」です。

富士商 Ferio あつあつ 耐熱 鍋つかみの特徴は、本体がスチール製で、最大17ミリの厚さの鍋をつかむことができます。

耐熱温度は230℃まで耐えられます。

またコンパクトに収納できることから、持ち運びやすいタイプの鍋つかみです。

③BAILAOHU パングリッパー

クッカー用鍋つかみの3つ目が「BAILAOHU パングリッパー」です。

BAILAOHU パングリッパーの特徴は、材質はステンレス製です。

頑丈で、サビにくく、光沢があり、耐熱性が高いクッカー用の鍋つかみに仕上がっています。

最大3㎏の鍋を持ち上げることができ、耐熱温度は-40~230℃という許容範囲の広さが売りです。

④EBM パングリッパー L型

クッカー用鍋つかみの4つ目が「EBM パングリッパー L型」です。

EBM パングリッパー L型の特徴は、素材は鉄製です。

8ミリ厚の鍋をつかむことができます。

シンプルなデザインですが、しっかりした造りになっています。