MENU

ASO BLOG(アソブログ)

 

ASO BLOG(アソブログ)

 

『アソブログ』では遊びに全力投球!というコンセプトで『遊びに関するお役立ち情報』を発信しています!

関西で野営キャンプができる場所4選!【いいところ見つけた!】

関西で野営キャンプができる場所をお探しですか?

関西にはたくさんのキャンプ場があります。

ただし野営キャンプができる場所はネットでも情報はわずかです。

一般的なキャンプ場に比べて少ないですが、関西にも野営キャンプができる場所はいくつかあります。

では関西で野営キャンプができる場所は一体どこでしょうか。

今回は関西で野営キャンプができる場所4選について詳しくご紹介します。

野営とは一体何か?

キャンプ情報を調べていると「野営」や「野営地」という言葉が出てきます。

みなさんは「野営」や「野営地」の意味をご存じでしょうか。

基本的には「野営」とは「キャンプをすること」で、「野営地」とは「キャンプ場」という意味です。

わざわざ「野営」というワードが付く時には「管理が少なく、利用できる施設が少ないキャンプができる場所」という意味でよいでしょう。

キャンプ用語としてのは「野営」や「野営地」はおおよそ上記のような意味となります。

まとめると「野営キャンプ場」とつく時には、一般的なキャンプ場と比べてワイルド感、サバイバル感が高いキャンプ場と思われると良いでしょう。

また「野営」には広い意味では「野宿」のような意味もあります。

関西で野営キャンプができる場所① 郷路岳キャンプ場

関西で野営キャンプができる場所の1箇所目が「郷路岳キャンプ場」です。

住所が「兵庫県豊岡市」にあります。

問い合わせ先:但東町教育委員会

営業時間:24時間

定休日:年中無休

郷路岳キャンプ場のご紹介

郷路岳キャンプ場は、豊岡市の南東部に位置する郷路岳の山頂から下った場所にあります。

野営キャンプができる場所自体は、山を切り開いた平坦地の芝生地広場が3か所あります。

芝刈りはされているので、テント泊は可能です。

3か所とも崖側、道路側には安全のためにフェンスがつけられています。

キャンプ場までは車で来ることは可能です。

管理棟はなく、場内は常に無人です。

ボットン式トイレはあります。トイレは管理者が掃除に来るらしく、いつもきれいな状態になっています。

また芝生地広場から離れた場所にあずまやがあります。あずまやは高台の見晴らしがよい場所にあるので、遠くやふもとの景色を見ることができます。

かまどスペースはないので、温かい食事を食べたい時にはコンロなどを持参する必要があります。

また水道もありません。川も近くになく汚れものなどを洗えないので、食事をされる時は紙皿などを用意された方が良いでしょう。

関西で野営キャンプができる場所② アセビ森林公園 いこいの広場

関西で野営キャンプができる場所の2箇所目が「アセビ森林公園 いこいの広場」です。

住所が「滋賀県長浜市」にあります。

問い合わせ先:長浜市役所浅井支所

営業時間:24時間 

定休日:年中無休

アセビ森林公園 いこいの広場のご紹介

アセビ森林公園 いこいの広場は、長浜市の市街地の北東部に位置する森林地帯にあります。

野営キャンプができる場所は、草野川と田園地帯に囲まれた森にあります。

アセビ森林公園 いこいの広場の担当者に電話はつながります。

実際に行かれるときには、現在キャンプができるかどうかを聞かれてから、おでかけされることをおすすめします。

管理者が月に一度くらいは草刈をして、現場の様子を見ています。

またアセビ森林公園 いこいの広場への道順は、わかりにくいので詳しくは担当者へお尋ねください。

実際に野営キャンプができる場所は、森林の中にある芝生地です。芝生広場になっており日当たりは抜群です。

ただし傾斜地が多いので、テント泊はきついかもしれません。

トイレはボットン式のトイレがあります。

コンクリート製のシンクもありますが、水道はでません。なので飲料水は持ち込んでください。

コンクリート製のかまどはあります。朽ちてはいますが、何とか使えます。

こちらもトイレくらいしかなく、野営キャンプに適した場所といえます。

関西で野営キャンプができる場所③ 新橋サンダル公園キャンプ場

関西で野営キャンプができる場所の3箇所目が「新橋サンダル公園キャンプ場」です。

住所が「京都府福知山市三和町芦渕」にあります。

問い合わせ先:福知山市役所三和支所

営業時間:24時間

定休日:年中無休

新橋サンダル公園キャンプ場のご紹介

新橋サンダル公園キャンプ場は、福知山市三和町の山のふもとにある野営キャンプができる場所です。

新橋サンダル公園キャンプ場は、キャンパーの間では「ゲリラキャンプにおすすめの場所」といわれているくらい「野営」にぴったりの場所です。

ただしスマホの電波は入るのでご安心ください。

実際に野営キャンプができる場所は草地と裸地です。日当たりは良い場所にあります。

水飲み場はありますが壊れているので水はでません。

炊事棟やかまどやトイレはありません。

あるのはベンチと雨よけのあずまやくらいです。

何もありませんが、近くに川があり、水を汲んだり、洗い物はできます。

おそらくこちらは子供連れにはきびしいと思われ、和気あいあいのファミリーキャンプには向かない場所です。

完全に「野営」に向いた場所といえます。

関西で野営キャンプができる場所④ 奥山キャンプ場 

関西で野営キャンプができる場所の4箇所目が「奥山キャンプ場」です。

住所が「兵庫県西脇市」にあります。

問い合わせ先:https://www.city.nishiwaki.lg.jp/shisetsuannai/kouencamp/1360634608654.html

予約:必要

営業時間:24時間

定休日:年中無休

奥山キャンプ場のご紹介

奥山キャンプ場は、兵庫県西脇市の人里離れた山のふもとにあります。

場内はかなり広い敷地を有しています。イノシシが入らないように入口には柵がしてあります。また場内にも何箇所かイノシシ用の罠が仕掛けられています。

野営キャンプができる場所は、入口からかなり入ったところにあり、フェンスで囲まれています。

地面はフラットで、草地と裸地の混合地です。木立は離れており日当たりは良好です。

コンクリートブロック製のかまどはあります。ただし水道はありませんので、飲料水は持参してください。

トイレは仮設のボットン式があります。

あずまやは大き目のものがあります。雨の日には大人数でも対応できます。

こちらも常駐の管理者がおらず、使えるのがかまどとトイレくらいなので「野営」には向く場所といえます。