MENU

ASO BLOG(アソブログ)

 

ASO BLOG(アソブログ)

 

『アソブログ』では遊びに全力投球!というコンセプトで『遊びに関するお役立ち情報』を発信しています!

ソロキャンプ必須アイテム!キャンプ用コンパクト鍋4選!

キャンプ用のコンパクト鍋をお探しですか?

ファミリー用鍋と違い、コンパクト鍋は持ち運びやすい鍋です。

そのためファミリー用鍋に、プラスアルファーで持って行けますし、ソロキャンプには単独で持って行くこともできます。

コンパクトであることから 自由度が高い鍋ということがいえます。

ではキャンプ用コンパクト鍋には 一体どんなものがあるのでしょうか。

今回はキャンプ用コンパクト鍋4選について詳しくご紹介します。

キャンプ用コンパクト鍋の3つのポイント!

キャンプ用コンパクト鍋には いくつかのポイントがあります。

具体的な基準ではありませんが、これらを満たすことで、キャンプ用コンパクト鍋と位置づけることができます。

こちらではキャンプ用コンパクト鍋の3つのポイントについてご説明します。

①1人用サイズ

キャンプ用コンパクト鍋の1つ目のポイントが「1人用サイズ」ということです。

一般的にキャンプ用コンパクト鍋とは、ソロキャンプ用クッカーと同じような意味です。

そのため丁度鍋1杯分が、1人前になるように設計されています。

ただし鍋自体が小さく、余裕はありません。

②2つのタイプがメイン

キャンプ用コンパクト鍋の2つ目のポイントが「2つのタイプがメイン」ということです。

基本的なことですが、キャンプ用コンパクト鍋は「浅型クッカー」と「深型クッカー」の2つのタイプがメインです。

浅型クッカーは炒め物、焼き物など、主にフライパン代わりに使われます。

それに対して、深型クッカーは、パスタを茹でる時や煮込み物を作る時に使います。

2つのタイプの鍋の機能が被ることがなく、お互いが対等なコンビ鍋です。

③2つで1つにまとまるスタッキング式が多い

キャンプ用コンパクト鍋の3つ目のポイントが「2つで1つにまとまるスタッキング式が多い」ということです。

全てではありませんが、キャンプ用コンパクト鍋は 単独で売られているものは少ないです。

基本的に「浅型クッカー」と「深型クッカー」がワンセットになっています。

2つを1つにまとめるスタッキング式が多いという特徴があります。

おすすめのキャンプ用コンパクト鍋4選!

キャンプ用コンパクト鍋は 持ち運びに大変便利です。メインのソロキャンプはもちろん、ファミリー用鍋のサポートとしても大活躍してくれます。

ではキャンプ用コンパクト鍋には 一体どんなものがあるのでしょうか。

こちらではおすすめのキャンプ用コンパクト鍋4選についてご紹介します。

①スノーピーク ソロセット極チタン SCS-004T

おすすめのキャンプ用コンパクト鍋の1つ目が「スノーピーク ソロセット極チタン SCS-004T」です。

スノーピーク ソロセット極チタン SCS-004Tの内訳は、ポット830ml、カップ330mlの2点です。

特徴は、ポットもカップも チタン0.4mm厚が採用されており、かなりの薄手です。

2つの鍋はベーシックな機能とシンプルなデザインに仕上がっています。

②ユニフレーム 山クッカー 角型 3

おすすめのキャンプ用コンパクト鍋の2つ目が「ユニフレーム 山クッカー 角型 3」です。

ユニフレーム 山クッカー 角型 3の内訳は、中鍋1.0リットル1台、小鍋0.6リットル1台、フライパン1台の3点セットです。

特徴は、材質がステンレス製で、角型ということです。

インスタントの袋麺をそのまま割らずに作ることができますよ。

③プリムス イージークック・ソロセットS P-CK-K102

おすすめのキャンプ用コンパクト鍋の3つ目が「プリムス イージークック・ソロセットS P-CK-K102」です。

プリムス イージークック・ソロセットS P-CK-K102の内訳は、ポット 630 ml 1台、ミニポット 395 ml 1台の2点です。

特徴は、材質がアルミ製で、小型バーナーをスタッキングした時に収納することができます。

④ソト  サーモライト SOD-522

おすすめのキャンプ用コンパクト鍋の4つ目が「ソト  サーモライト SOD-522」です。

ソト  サーモライト SOD-522の内訳は、マグ750ml 1台、マグリッド(フタ)1台、コジー(保温ケース) 1台、リフター(鍋つかみ) 1台の4点セットです。

特徴は、マグの本体はアルミ製で、マグが750mlなので、棒ラーメンやコーヒーのお湯を沸かすのに最適な容量です。