MENU

ASO BLOG(アソブログ)

 

ASO BLOG(アソブログ)

 

『アソブログ』では遊びに全力投球!というコンセプトで『遊びに関するお役立ち情報』を発信しています!

キャンプ用薪ストーブタイプ別比較全7選!

キャンプ用薪ストーブをタイプ別に比較した結果を知りたいですか?

キャンプ用薪ストーブには様々なタイプがあります。

それぞれはっきりとした特徴があり、キャンパーさまの目的によって使い分けられています。

ではキャンプ用薪ストーブには一体どんなタイプがあるのでしょうか。

今回はキャンプ用薪ストーブタイプ別比較全7選についてわかりやすくご紹介します。

①時計型タイプ

キャンプ用薪ストーブタイプ別比較の1つ目が「時計型タイプ」の薪ストーブです。

「時計型タイプ」の特徴は、モロ見た目が 昔の日本の「柱時計」の形をしていることです。

昔懐かしい形をしていることから、ホッとした気分にしてくれます。

「時計型タイプ」で有名なのは「ホンマ製作所 時計1型薪ストーブ AF-60」などが有名です。

ホンマ製作所 時計1型薪ストーブ AF-60は、非常に燃焼効率が高く、テント内であれば、おおよそ10~15坪ほど暖めることができます。

こちらは現在のキャンプ用薪ストーブの元祖でもあるんですよ。

②ロマンティックタイプ

キャンプ用薪ストーブタイプ別比較の2つ目が「ロマンティックタイプ」の薪ストーブです。

「ロマンティックタイプ」の特徴は、まるでオーブンレンジのような大きな窓が採用されていることです。

この大きな窓から「炎」を見ることができます。ロマンティックな気分に浸りたいというキャンパーさまのご要望をかなえる形で実現しました。

「ロマンティックタイプ」で有名なのは「新保製作所 ロマンチカル薪ストーブ煙突上出し」などが有名です。

公式サイト:https://www.maki-stove.jp/item/romanchical-stove/

外面塗装が非常に鮮やかですよ。

燃焼室にはピザオーブンを取り付けることができますよ。

③スタイリッシュタイプ

キャンプ用薪ストーブタイプ別比較の3つ目が「スタイリッシュタイプ」の薪ストーブです。

「スタイリッシュタイプ」の特徴は、そのデザインが際立っており、キャンプ場で間違いなく目立ち、おしゃれな薪ストーブです。

「スタイリッシュタイプ」で有名なのは「テンマク デザイン ウッドストーブ」などが有名です。

公式サイト:https://www.tent-mark.com/wood_burning_stove_m/

無駄を削ぎ落したようなスッキリとしたデザインですよ。

テンマク デザイン ウッドストーブは、現在日本で最もスタイリッシュな薪ストーブです。

④折り畳みタイプ

キャンプ用薪ストーブタイプ別比較の4つ目が「折り畳みタイプ」の薪ストーブです。

「折り畳みタイプ」の特徴は、外面が1枚1枚独立したパネルになっており、簡単に組み立てたり、折り畳むことができます。

「折り畳みタイプ」で有名なのは「笑’sFD薪ストーブ 焚き火の箱  easy neo」などが有名です。

こちらは年間生産量が決められている限定品です。

購入ご希望の際はお早めにどうぞ。

⑤外国製タイプ

キャンプ用薪ストーブタイプ別比較の5つ目が「外国製タイプ」の薪ストーブです。

「外国製タイプ」の特徴は、いかにも外国製の薪ストーブらしく、がっちりしており、無駄がなく、合理的なデザインが採用されています。

「外国製タイプ」で有名なのは「G-Stove」などが有名です。

こちらはノルウェー発の薪ストーブです。

材質はステンレス製でできており、約1,000℃まで耐えることができます。

⑥コンパクトタイプ

キャンプ用薪ストーブタイプ別比較の6つ目が「コンパクトタイプ」の薪ストーブです。

「コンパクトタイプ」の特徴は、サイズが一般的なキャンプ用薪ストーブに比べて 一回りほど小さく、コンパクトにまとまっています。

「コンパクトタイプ」で有名なのは「オガワキャンパル ちびストーブⅢ」などが有名です。

できるだけ車に、薪ストーブ以外にも たくさん荷物を積みたい人におすすめの薪ストーブですよ。

⑦タマゴ型タイプ

キャンプ用薪ストーブタイプ別比較の7つ目が「タマゴ型タイプ」の薪ストーブです。

「タマゴ型タイプ」の特徴は、見た目が「タマゴ」の形 そのままなことです。

「タマゴ型タイプ」で有名なのは「新保製作所 薪ストーブ タマゴ型 煙突上出し」などが有名です。

公式サイト:https://www.maki-stove.jp/item/stove-tamago-entouedashi/

こちらは非常に燃焼効率が良い薪ストーブですよ。