MENU

ASO BLOG(アソブログ)

 

ASO BLOG(アソブログ)

 

『アソブログ』では遊びに全力投球!というコンセプトで『遊びに関するお役立ち情報』を発信しています!

冬キャンプにおすすめはどっち!薪ストーブと石油ストーブ6番勝負!

みなさんは冬キャンプに薪ストーブと石油ストーブのどちらがおすすめだと思いますか?

どちらの暖房器具も冬キャンプでは定番です。

車の積載に余裕があるキャンパーさんは、どちらもキャンプ場に持ち込まれています。

今回は冬キャンプにおすすめはどっち 薪ストーブと石油ストーブ6番勝負について詳しくご紹介します。

①最安値対決は石油ストーブの勝ち

冬キャンプにおすすめストーブ対決の1戦目は「最安値対決は石油ストーブの勝ち」です。

同じサイズくらいの薪ストーブと石油ストーブでの最安値対決をすると、石油ストーブの勝ちでした。

理由は石油ストーブは、単体で使えるからです。

それに対して薪ストーブは、煙突が必要になることから、本体が同じくらいのサイズであれば、煙突代金が加算された分だけ割高になります。

ところで本体代金だけであれば、ホンマ製作所の「時計1型薪ストーブ AF-60」ならば、石油ストーブの半分の価格で買うことができます。

②見た目対決は薪ストーブの勝ち

冬キャンプにおすすめストーブ対決の2戦目は「見た目対決は薪ストーブの勝ち」です。

見た目対決は、間違いなく薪ストーブの勝ちになります。

石油ストーブの見た目は、基本的に「箱型」か「円柱型」の2通りです。

実用性だけでデザインされていることから、お世辞にも素敵なデザインとはいえません。

それに対して薪ストーブの見た目は多彩です。

時計型、レトロ型、近未来型、コンパクト型、オーブン型、円柱型、折り畳み型などいろんなデザインのものがあります。

薪ストーブは実用性もさることながら、そのデザインもセールスポイントであることから、見た目では薪ストーブの方の勝ちになりました。

③運びやすさ対決は石油ストーブの勝ち

冬キャンプにおすすめストーブ対決の3戦目は「運びやすさ対決は石油ストーブの勝ち」です。

運びやすさでは、石油ストーブの方の圧倒的な勝利です。

石油ストーブの形は、ほぼ「箱型」か「円柱型」の2通りです。

特に「箱型」であれば、車に積んでも他の荷物の邪魔になりにくいデザインです。

そのため石油ストーブの上にも、下にも、周囲にも何をおいても邪魔になりません。

それに対して薪ストーブは、そのデザインの高さが、運びやすさでは災いしています。

時計型薪ストーブしかり、脚長薪ストーブしかり、上部や周囲に他の荷物の置きにくさがあります。

また薪ストーブにはもう一つ問題点があります。

それは煙突の問題です。

薪ストーブによっては、本体燃焼室に煙突を収納できるものもあります。

ただし全ての薪ストーブが煙突収納できるわけではありません。

本体と別に煙突の場所も必要になると、持ち運びに関しては、かなり邪魔な存在になってきます。

④テント内を暖めるパワー対決は薪ストーブの勝ち

冬キャンプにおすすめストーブ対決の4戦目は「テント内を暖めるパワー対決は薪ストーブの勝ち」です。

テント内を暖めるパワーは、薪ストーブの方が圧倒的にあります。

薪ストーブは、一般的な暖房器具とは違い「輻射熱」と「対流熱」という2つの異なる熱を作り出し、テント内を暖めることができます。

輻射熱とは、薪を燃焼することで発生する熱です。

対流熱とは、薪ストーブで作られた暖かい空気が天井に向かって昇っていくことで、対流が発生してテント内を時間をかけてゆっくりと暖める熱のことです。

薪ストーブには、この2通りの熱があることから、テント内は真冬でも汗ばむほどの温度になります。

それに対して石油ストーブの暖かさは「反射式」か「対流式」かのどちらか一方だけです。

反射式とは、輻射熱(赤外線)で直接対象を暖める方式です。

対流式とは、テント内を暖かい空気を対流させながら時間をかけて暖かくする方式です。

また石油ストーブは「反射式」か「対流式」かのどちらか一方だけでなく、ボリュームが小さいことから、薪ストーブがテント内を暖めるパワーには足元にも及びません。

⑤燃料の投入対決は石油ストーブの勝ち

冬キャンプにおすすめストーブ対決の5戦目は「燃料の投入対決は石油ストーブの勝ち」です。

燃料の投入対決は、圧倒的に石油ストーブの勝ちです。

石油ストーブは、一般的に石油缶から、石油ストーブの燃料タンクに灯油を入れるだけです。

ものの5分ほどで投入完了です。

また1度燃料を投入すると、ノンストップで使っても2日くらいは持ちます。

それに対して、薪ストーブの燃料投入は面倒です。

そもそも燃料である大量の薪をキャンプ場に持ち込むところから始まります。

次に薪ストーブを起動させると、約2時間ごとに燃料の薪をくべ続ける必要があります。

また夜中も使用したい時は同じように、約2時間ごとに燃料を投入し続けなければなりません。

正直非常に大変です。

⑥癒し対決は薪ストーブの勝ち

冬キャンプにおすすめストーブ対決の6戦目は「癒し対決は薪ストーブの勝ち」です。

石油ストーブは、暖房製品そのものであり、あまり癒しを感じることがありません。

それに対して薪ストーブは、薪がパチパチと音を立てながら燃え、ガラス窓から炎の揺らめきも見ることができます。

癒され効果が絶大です。

よって薪ストーブは、単に暖房器具としてだけでなく、心の休息を得るために冬キャンプに持ち込まれているのではないでしょうか。

キャンプ用薪ストーブのおすすめ商品