MENU

ASO BLOG(アソブログ)

 

ASO BLOG(アソブログ)

 

『アソブログ』では遊びに全力投球!というコンセプトで『遊びに関するお役立ち情報』を発信しています!

冬キャンプで使う!薪ストーブのダンパーの使い方!

薪ストーブのダンパーの使い方をお探しですか?

冬キャンプになると薪ストーブを使いますが、薪ストーブを使う時に重要になってくるのがダンパーの使い方です。

ダンパーがあることで、薪ストーブをオーナーさまの思い通りにコントロールすることができます。

ではダンパーは、一体どんな使い方をすれば良いのでしょうか。

今回は薪ストーブのダンパーの使い方について詳しくご紹介します。

薪ストーブで使われるダンパーとは一体何か?

薪ストーブをこれまで操作されたことがありますか?

薪ストーブの操作の経験がないと、ダンパーが一体どんなものなのかよくわからないことでしょう。

ダンパーを一言でいうと、煙突の中にあって、煙の排出量を調整する装置のことです。

もっと簡単にいうと「薪の火加減の調整をする装置」のことです。

ダンパーをガスコンロに例えると「火力の強さを調整するハンドル」のようなモノです。

一般的なダンパーの形は「円盤」の形をしており、熱に強い金属で造られています。

ダンパーには、空気が少し通るような小さな穴が数カ所あります。

またダンパーには、長い釘のような金属の棒が差し込まれています。

この長い釘のような金属の棒が煙突の中で軸となり、ダンパーが煙突の中に装着されます。

薪ストーブではダンパーはどの部分に装着される!

ダンパーが装着される場所は、薪ストーブの外部に取り付けてある煙突の中です。

元からダンパーが取り付けてある煙突もあります。

ダンパーが煙突に取り付けられるイメージは、煙突の中に左右2か所の穴がある場所にダンパーを入れ、煙突の右の穴から金属の棒を差し込み、ダンパーの穴を通り、左側の穴まで金属の棒を貫通させます。

金属の棒が貫通できればダンパーの取り付けは完了です。

ダンパーが使われる理由とは?

ダンパーが冬キャンプのテントの薪ストーブで、使われる理由をご存じでしょうか?

ダンパーは薪の火加減の調整をすることがメインの役目です。

ところがもう一つ理由があります。

それはテント内の急激な温度の乱高下を抑えることです。

テント内で薪ストーブを使っている時に、薪を入れると薪が燃え上がり、テント内は急激に温度が上昇して30度くらいになったりします。

ところが薪が燃え尽きてしまうと、今度は逆にテント内は急激に冷えて込んでしまい、10度台にまで下がってしまいます。

テント内の温度が乱高下が激しすぎると、体調を崩す恐れがあります。

そのためダンパーを使うことで、極力テント内の温度を一定化して、体調を崩さないようにさせるためでもあります。

ダンパーの相棒?吸気レバーとは?

薪ストーブには、薪の火加減の調整をするためにダンパーと吸気レバーがあります。

この2つを使って、薪の火加減を調整します。

薪ストーブでのダンパーの相棒になるのが、吸気レバーです。

吸気レバーの設置場所は、薪を燃やしている皿の下にあります。

吸気レバーを開閉して、空気を入れたり、入れなかったりします。

ダンパーと吸気レバーを調整することで、薪の火加減が強くなったり弱くなったります。

ちょっと複雑ですが、次の章ではダンパーの使い方についてご説明します。

薪ストーブでのダンパーの使い方4つのパターン!

薪ストーブは、ダンパーと吸気レバーの開閉で薪の火加減の調整をします。

こちらではこの2つの開閉度合いでの、薪の火力の強さをご説明します。

①ダンパー全開・吸気レバー全開

ダンパー全開、吸気レバー全開の状態は、排気も吸気も全開の状態です。

両方が一度に全開の状態は、空気(酸素)の流れが最も良い状態です。

メリットは、勢いよく炎が燃え上ります。最も火力が強い状態になり、室温も上がります。

ダンパー全開、吸気レバー全開の状態は、薪を新しくくべる時に行います。

その理由は、新しい薪はそのままでは燃えにくいので、空気(酸素)の流れを良くすることで、薪に火がつきやすくします。

デメリットは、あっという間に薪が燃え上ってしまい、薪の消費が多いことです。

②ダンパー全閉・吸気レバー全閉

ダンパー全閉、吸気レバー全閉の状態とは①と真逆の状態です。排気も吸気も全閉の状態です。

両方が一度に全閉の状態は、空気(酸素)の流れが最も悪い状態です。ただしダンパーにある小さな穴から、空気が多少漏れてはいます。

メリットは、急激に燃え上った炎を抑えることができます。部屋温度も下げることができます。

また燃費が良くなるので、薪を節約できます。

薪ストーブの火力が強すぎる時には、ダンパー全閉、吸気レバー全閉の状態にされてください。

デメリットは火力が弱いことです。また煙が薪ストーブ本体から漏れる時には、ダンパーのみを軽く開いてください。

③ダンパー全閉・吸気レバー全開

ダンパー全閉、吸気レバー全開は、排気が抑えられ、吸気は全開の状態です。

この状態は、排気された分だけ、空気(酸素)が入ってきます。

空気(酸素)の流れが緩やかになります。炎はゆらゆらした炎になります。

メリットは、穏やかな炎の状態を長くキープできることです。

デメリットは火力が弱いことです。

④ダンパー全開・吸気レバー全閉

こちらは③と真逆の状態になります。排気はどんどん出ていきますが、吸気は逆に抑えられています。

空気(酸素)が抑えられるので、酸素がなくなり一次燃焼の炎は消えてしまいます。

一次燃焼の炎が消えると、二次燃焼(オーロラバーン)の状態に切り替わります。

一次燃焼とはこの場合「薪を燃やすこと」です。

二次燃焼とは、一次燃焼(薪燃焼)で発生した、ガスや不純物(微粒子、タール、二酸化炭素)などを完全に燃やしきり、完全燃焼させることです。

二次燃焼した後の煙は、無臭、無害でクリーンな排気になります。