MENU

ASO BLOG(アソブログ)

 

ASO BLOG(アソブログ)

 

『アソブログ』では遊びに全力投球!というコンセプトで『遊びに関するお役立ち情報』を発信しています!

傘立てで作る!キャンプ用薪ストーブの自作煙突ガード4選!

キャンプ用薪ストーブの自作煙突ガードをご検討中ですか?

冬キャンプのテントで、薪ストーブを設置すると、煙突ガードが必要になります。

ところが純正品は高かったり、薪ストーブによっては発売されていないものもあります。

実は薪ストーブの煙突ガードは ホームセンターに売ってある傘立てで、自作することができます。

今回は傘立てで作る キャンプ用薪ストーブの自作煙突ガード4選について詳しくご紹介します。

煙突ガードQ&A!

みなさんは「煙突ガード」をご存じでしょうか?

こちらでは煙突ガードについてわかりやすくご紹介します。

煙突ガードとはどんなもの?

煙突ガードとは「幕除(まくよ)け」「テントよけ」「(テント)プロテクター」と呼ばれているものです。

一般的には火や熱に強い金属で造られています。

デザインの特徴は「煙突に直接触れさせないような形」をしています。

煙突ガードはどこに使われる?

煙突ガードは、基本的に煙突に取り付けます。

使い方は煙突の外側から取り付けたり、もともと煙突と一体型になっているものもあります。

キャンプ用薪ストーブに煙突ガードが必要な理由!

キャンプ用薪ストーブに煙突ガードが必要な理由は、煙突を直接テントや発火性のあるものに触れさせないようにするためです。

キャンプ用薪ストーブの煙突は、約130度近い高熱を発します。

130度近いと、テント生地に使われているナイロンやポリエステルなどの化学繊維を焦がしたり、溶かしたり、燃やしたりしてしまうからです。

これらを防ぐために、煙突ガードを取り付けています。

煙突ガードは自作も可能!

実は煙突ガードは、自作することもできます。

材料は、ほぼホームセンターに売っているものでOKです。

あらゆるものが、煙突ガードのパーツとして使うことができます。

またパーツの値段は安く、正規品を買うよりも安く済みます。

傘立てで作る!キャンプ用薪ストーブの自作煙突ガード4選!

薪ストーブの煙突ガードを自作で作ってみたいですよね。

実はホームセンターに売ってある傘立てで簡単に作ることができます。

こちらではキャンプ用薪ストーブの自作煙突ガード4選についてご紹介します。

※商品はアマゾンサイトでご紹介します。

①パール金属 メッシュ アンブレラ スタンド N-9064

キャンプ用薪ストーブの自作煙突ガードの1つ目が「パール金属 メッシュ アンブレラ スタンド N-9064」を使った自作煙突ガードです。

パール金属 メッシュ アンブレラ スタンド N-9064のサイズは、幅260×奥行260×高さ495mmです。

材質は鉄製で、表面はエポキシ塗装がされています。

値段は1,380円です。

直径が260mmなので、大き目の煙突をガードすることができます。

※作り方は、底板を外し、網目にM8ボルト90mmを、上下合計8か所入れ、ナットで両面から締めて固定します。

②リビングヒルズ メッシュ 傘たて lh-031

キャンプ用薪ストーブの自作煙突ガードの2つ目が「リビングヒルズ メッシュ 傘たて lh-031」を使った自作煙突ガードです。

単品もあります。

リビングヒルズ メッシュ 傘たて lh-031のサイズは幅205×奥行205×高さ420mmです。

材質はメタル製です。

値段は1本956円です。

デザインは角型です。

※作り方は、底板を外し、網目にM8ボルト90mmを、上下合計8か所入れ、ナットで両面から締めて固定します。

③不二貿易 メッシュ 傘立てII

キャンプ用薪ストーブの自作煙突ガードの3つ目が「不二貿易 メッシュ 傘立てII」を使った自作煙突ガードです。

不二貿易 メッシュ 傘立てIIのサイズは幅13.7×奥行13.7×高さ52cmです。

材質はスチール製で、表面は粉体塗装です。

値段は1本2,003円です。

デザインは丸型です。

スチール製なので頑丈です。

※作り方は、底板を外し、網目にM8ボルト90mmを、上下合計8か所入れ、ナットで両面から締めて固定します。

④DCMブランド 傘立て DC-F23MSL

キャンプ用薪ストーブの自作煙突ガードの4つ目が「DCMブランド 傘立て DC-F23MSL」を使った自作煙突ガードです。

DCMブランド 傘立て DC-F23MSLのサイズは直径25.5×高さ50cmです。

材質は不明です。

値段は1本590円です。

デザインは丸型です。

※作り方は、底板を外し、網目にM8ボルト90mmを、上下合計8か所入れ、ナットで両面から締めて固定します。