MENU

ASO BLOG(アソブログ)

 

ASO BLOG(アソブログ)

 

『アソブログ』では遊びに全力投球!というコンセプトで『遊びに関するお役立ち情報』を発信しています!

キャンプ用薪ストーブの煙突が抜けない5つ理由と3つの対処法!

キャンプ用の薪ストーブの煙突が撤収時に抜けないことでお困りですか?

寒い冬キャンプを成功させるには薪ストーブははずせませんよね。

薪ストーブはテント内全体を暖めてくれることから、上着なしで過ごすこともできます。

ところでそんなありがたい薪ストーブですが、1つだけ気になることがあります。

それは「煙突が撤収時に抜けないこと」です。

設置時には煙突が連結できたはずなのに、撤収になると、煙突が抜けなくなりタイムロスをしてしまいます。

では一体なぜ薪ストーブの煙突は抜けなくなるのでしょうか。

今回はキャンプ用薪ストーブの煙突が抜けない5つ理由と3つの対処法について詳しくご紹介します。

キャンプ用薪ストーブの煙突が撤収時に抜けない5つの理由

みなさんはキャンプ用薪ストーブの煙突の設置と撤収のご経験はあるでしょうか。

一般的にキャンプ用の薪ストーブの煙突は、多いもので8本近く連結します。

よって薪ストーブ本体からの長さは2.5~3.0メートル近くになります。

ところでキャンプ用薪ストーブの煙突は、撤収時には抜けないという話がよく聞かれます。

一体なぜでしょうか。

こちらではキャンプ用薪ストーブの煙突が撤収時に抜けない5つの理由について分かりやすくご説明します。

①煙突のつなぎ目がきつく作られている

キャンプ用薪ストーブの煙突が撤収時に抜けない1つ目の理由が「煙突のつなぎ目がきつく作られている」からです。

キャンプ用の薪ストーブの煙突は、多いもので8本近くを連結します。

すると長さが3メートル近くになります。

そのため簡単につなぎ目が抜けないように、製造段階から煙突のつなぎ目がきつく作られています。

実は煙突同士をつなげる時も、コツがいるくらいつなぎ目がキツキツに作られています。

②煙突が熱で膨張している

キャンプ用薪ストーブの煙突が撤収時に抜けない2つ目の理由が「煙突が熱で膨張している」からです。

一般的には、ほとんどの煙突は「金属」で造られています。

そのため「金属は熱による膨張」が発生します。

煙突によっては熱が下がっても、膨張したままになっているものもあり、まるでくっついたようになることから抜けなくなります。

特にステンレス製の煙突は、鉄製の煙突と比較すると、熱膨張率が高い傾向にあります。

まとめると煙突内が高温になったことで、煙突のつなぎ目が膨張して、さらに焼き付きに似た状態が発生したことで抜くけなくなります。

③タールが付着している

キャンプ用薪ストーブの煙突が撤収時に抜けない3つ目の理由が「タールが付着している」からです。

煙突を解体した時に、煙突の内部を見ると「黒いもの」がこびりついています。

この「黒いもの」がタールです。

タールの元になっているのは、樹木からでる「樹脂(ヤニ)」です。

このタールは、針葉樹や水分が残っている木材から発生しやすくなっています。

一般的な話ですが、杉や檜を使った薪は、タール分が多い針葉樹です。

またキャンプ場やホームセンターで売られている薪は、早く売れることから乾燥が追いついていないのでタールが出やすいです。

まとめると煙突内部に付着したタールは、温度が冷えると固まってしまい、これにより煙突の抜けが悪くなります。

④シングル煙突にしている

キャンプ用薪ストーブの煙突が撤収時に抜けない4つ目の理由が「シングル煙突にしている」からです。

こちらもタールと関係があります。

一般的なシングル煙突は、薄手の金属で造られています。

よって外気の影響を受けやすく、煙突の上部に進むほど冷えやすい構造になっています。

そのためシングル煙突の中の煙が、上に向かって上昇すると、冷やされやすくなります。

すると煙の中の気化したタールが冷やされ、液化して、さらに冷やされると固まってしまいます。

まとめるとシングル煙突にしていることで、気化したタールが冷やされやすく、結果的に煙突のつなぎ目で固まってしまい、抜けにくくなるということです。

⑤薪ストーブが二次燃焼未対応

キャンプ用薪ストーブの煙突が撤収時に抜けない5つ目の理由が「薪ストーブが二次燃焼未対応」だからです。

こちらもタールと関係があります。

現在の薪ストーブの主流は二次燃焼型薪ストーブです。

二次燃焼型薪ストーブとは、薪燃焼(1次燃焼)で発生した「煙(タールを含む)」を、高温の空気を使って再度燃やす(二次燃焼)仕組みです。

二次燃焼型薪ストーブであれば「煙(タールを含む)」は燃やされ、クリーンになりタールが発生しにくくなります。

ところが薪ストーブが、二次燃焼未対応のものであると、タールは煙に大量に含まれたまま煙突内を上昇していき、煙突のつなぎ目で冷やされ、そのまま固まってしまいます。

タールが固まったままなので、煙突は抜けなくなります。

キャンプ用薪ストーブの煙突が撤収時に抜けない時の3つの対処法!

様々な理由が原因で、キャンプ用薪ストーブの煙突は抜けにくくなります。

ではキャンプ用薪ストーブの煙突が、抜けない時の対処法は一体どうすれば良いのでしょうか。

次の3つの対処法を行うことで、煙突は簡単に抜くことができます。

①煙突のつなぎ目をたたく

キャンプ用薪ストーブの煙突が撤収時に抜けない時の対処法の1つ目が「煙突のつなぎ目をたたく」ことです。

様々な理由から抜けなくなっていますが、煙突のつなぎ目をたたくことで、剥離され抜けやすくなります。

②煙突のつなぎ目を回しながら抜く

キャンプ用薪ストーブの煙突が撤収時に抜けない時の対処法の2つ目が「煙突のつなぎ目を回しながら抜く」ことです。

煙突のつなぎ目をそのまま抜くよりも、回しながら抜いたほうが簡単に抜けます。

③煙突のつなぎ目に潤滑油を吹き付ける

キャンプ用薪ストーブの煙突が撤収時に抜けない時の対処法の3つ目が「煙突のつなぎ目に潤滑油を吹き付ける」ことです。

煙突のつなぎ目に潤滑油を吹き付けて、しばらく放置してください。

しばらく放置したのち、回しながら抜くと簡単に抜けます。

キャンプ用薪ストーブのおすすめ商品