MENU

ASO BLOG(アソブログ)

 

ASO BLOG(アソブログ)

 

『アソブログ』では遊びに全力投球!というコンセプトで『遊びに関するお役立ち情報』を発信しています!

キャンプで活躍する簡単メニュー!【できるだけ手間をかけない】

仲間や家族と一緒にキャンプに行き、大自然や満点の星空の下でおいしいご飯をいただく…と、考えるだけでも楽しいキャンプというアクティビティですが、いざ実際にキャンプをしようと思うと、朝早くから準備に追われてしまい、夕食どきにはかなり疲労が溜まっている…というようなことも珍しくありません。このようなとき、あらかじめ手軽に作れるメニューを知っておいてキャンプに行くと、食事の手間を大きく減らし、かつ美味しいご飯を楽しく食べることができます。この記事では、できるだけ手間をかけずに食べられる美味しいキャンプメニューをご紹介します。

キャンプの食事は意外と大変!

キャンプの食事の代表格ともいえるバーベキューですが、それほど手の混んだ料理ではないため、キャンプの場面で毎回バーベキューでももちろんOK、ですがたまには違うメニューで、手のかからない料理はないものか…?と、頭を悩ませる方も少なくないでしょう。この記事では、キャンプの場面でそのような「なるべく手間をかけず」に、「美味しく」「楽しく」食べられるメニューについてご紹介していきます。

ホットサンド

まずは、道具があれば簡単にできてしまうメニューとして「ホットサンド」があります。食パンと中に挟む具を持っていき、ガス調理で火を入れるだけで完成です。中に挟む具はチーズやベーコン、ハムなどが代表的ですが、バターやマーガリンを入れてみたりするのもよいでしょう。挟む具によってオリジナルホットサンドを作る楽しみがあることも特徴的です。調理が簡単なので、夕食のサイドメニューにしてもよいですし、夕食がバーベキューであったなら、その残りのお肉を挟んで朝食にしたりするのもよいですね。

焼きおにぎり

日常生活では意外と食べる機会がないのですが、せっかく火を使うキャンプという場所ですので、「焼きおにぎり」を調理してみるというのもよいでしょう。焼きおにぎりは、おにぎりを作り、あとは網や鉄板で醤油を塗って焼くだけです。工夫をするなら、バターを先に引いてバター醤油味にしてみたり、かつおぶしなどを合わせてみるのもよいでしょう。醤油を塗ることでご飯が崩れやすくなるので、必要に応じておにぎり型を使ってご飯が崩れないように工夫したりするのもよいでしょう。前日の疲労や慣れない環境で、朝食はなかなか食欲がわかないという方も、これなら食べられる!というケースもありそうです。

ホイル焼き

材料の中に魚があるのなら、「ホイル焼き」も簡単でおすすめです。代表的なのは鮭で、鮭とチーズをホイルの中に包んで焼くだけでも、立派なおかずになりますし、アウトドア感もバッチリです。野菜をあわせるなら、火を通すと美味しくなるピーマンやパプリカ、甘みを増す玉ねぎ、奥深い味わいになるアスパラガスなどもおすすめです。フライパンやグリルがなくても、アルミホイルの形をしっかりと作れば手軽に作れることも魅力といえます。

ちゃんちゃん焼き

アウトドア感が強く、またご飯にも合い、満足度も高いメニューとして挙げられるもうひとつのメニューが「ちゃんちゃん焼き」です。鮭を使って、味噌、キャベツ、玉ねぎ、にんじん、ねぎやもやしといった野菜とともに焼いていきます。魚の塩味と味噌のコクとが合わさり、魚も野菜も、そしてご飯も一緒に美味しくいただけます。広めのフライパンで作る場合もありますし、深型の鍋でも作ることができます。「漁師料理」ともいわれますが、渓流釣りなどで釣った魚を調理する際にも用いられる調理方法なので、アウトドア感も満載です。

キムチ鍋・野菜鍋

家庭でも楽しむことができますが、あまり手のかからない料理の代表としては「鍋料理」が挙げられます。選ぶ具は自由ですが、煮込みに多少の時間がかかる野菜やキムチなどを使った鍋は、心も体もあたたまるメニューとしてキャンプにもおすすめです。夏ですと少し暑いので、春秋などのキャンプでは大きな活躍をしてくれるでしょう。必要があれば次々と具を追加できたり、締めの雑炊やラーメンまで楽しめるということも魅力のひとつとして数えてよいでしょう。大人数で囲む鍋も、家族で囲む鍋も、忘れられないアウトドアの思い出となることでしょう。

まとめ

アウトドアでは、通常の生活よりも調理に手間がかかるのが普通です。水や火も自分で用意しなければなりませんし、材料が足りないからちょっと近所のスーパーで調達…といったことも自由にできない場合があります。そのため、事前に調理が比較的手軽なメニューをリストアップしておき、あまり手間がかからず、かつ美味しいメニューを作ることを前提として、キャンプのプランを作ってみるのもよいでしょう。