MENU

ASO BLOG(アソブログ)

 

ASO BLOG(アソブログ)

 

『アソブログ』では遊びに全力投球!というコンセプトで『遊びに関するお役立ち情報』を発信しています!

キャンプで簡単!燻製レシピを3つ紹介します♪

こんにちは!今回はキャンプでする簡単燻製レシピを紹介したいと思います。

はじめに燻製とは?

簡単に説明すると、食べたい食材を燻煙すること。 燻煙とはサクラ、リンゴ、ヒッコリーなどの木材(スモークチップやスモークウッドがあります)に熱を加えてその煙を食材に当てて風味づけをすることです。 煙で燻す事により、水分が蒸発したり、殺菌されたりする事で微生物の繁殖を防ぐことができるので、長期保存可能の食材にする加工技術だったようですが、現在は風味や食感を楽しむ為に燻製にするようになっています。

燻製種類は3つ!

1・熱燻(ねっくん)

熱燻は80度の高温でいぶす方法です。時間は10~60分です。 食材が加熱されます。

2・温燻(おんくん)

温燻は30~60度でいぶします。時間は数時間~1日。 長時間いぶす事で水分がなくなるので、保存食の燻製ができます。

3・冷燻(れいくん)

冷燻は15~30度でいぶします。時間は1~4週間と長いのが特徴。 気温の低い冬場(外)でする方法です。

キャンプで簡単にできる燻製のレシピ3つを紹介します

キャンプでする燻製は簡単が一番です!事前に自宅で下準備をしておけば、すぐ火をつけて燻製をする事ができます。 道具も色々あり、燻製用鍋、燻製ボックス(折りたためるタイプもあります)、ダッチオーブン、メスティン、ダンボールなど最近は色々なグッツがあります。

1・燻たま

ゆで卵を作ります。半熟が好きな方はお湯が沸騰してから6分ゆでてください。

  • 味付けはめんつゆが簡単です。
  • 前日に卵を漬け込んでおきます。
  • 燻製をする前に、水分はキッチンペーパー等でふき取っておいてください。
  • 燻製方法は、熱燻か温燻です。
  • 熱燻の場合、好みのチップと粗目(色艶がよくなる)を入れて、加熱します。
  • 煙が出てきたら、チップが加熱した合図ですので、弱火にして10分スモーク。
  • その後、火を止めてしばらく放置。すぐ食べると、苦いです。
  • 燻たまをする際に、空いたスペースでチーズやウィンナー、ベーコンも一緒に燻製すると色々な燻製が楽しめます♪カマンベールチーズは特に絶品です。

2・燻製枝豆

  • 枝豆は塩茹でするか、冷凍の枝豆を解凍しておく。
  • 水分をなくすために、乾燥させておく。
  • 燻製方法は温燻です。
  • スモークウッドに火をつけて1時間、火が消えるまでいぶすと完成です。
  • キャンプのお酒のおつまみにいかがですか?ポテトチップスもおススメです。

3・燻製カップ焼きそば

  • 好きなカップ焼きそばのお湯を入れる前に、乾燥麺を取り出し、熱燻で20分位いぶしします。
  • 後は、通常どおりの調理方法で、カップ焼きそばを作ったら完成です。
  • 市販のカップ焼きそばも一段と美味しくできあがります。

まとめ

燻製は水分が多い食材は不向きですが、それ以外はこんなの燻製するの?ていう食材も燻製にすると一味違う味になります。

スモークチップやスモークウッド色々な種類があるので、同じ食材でも木の種類が違うだけで、味も風味も全然違うので、色々キャンプの度にチャレンジしてはいかかでしょうか?