MENU

ASO BLOG(アソブログ)

 

ASO BLOG(アソブログ)

 

『アソブログ』では遊びに全力投球!というコンセプトで『遊びに関するお役立ち情報』を発信しています!

収納はボックスだけじゃない!キャンプ用食器の収納バッグ4選!

キャンプ用食器の収納バッグをお探しですか?

一般的にキャンプ用食器の収納は、ボックスタイプが多いですよね。

ところが最近は、収納はボックスだけじゃなく、収納バッグが人気なんですよ。

ではどんな収納バックがあるのでしょうか。

今回は収納はボックスだけじゃない キャンプ用食器の収納バッグ4選 について詳しくご紹介します。

これは使える!キャンプ用食器の収納バッグの5つのメリット!

キャンプ用食器の収納バッグのメリットをご存じですか?

一般的にはキャンプ用食器の収納には、収納ボックスがメジャーです。

ところが最近のキャンプでは、女性を中心に収納バッグを使う人が増えています。

ではどんな点が優れているのでしょうか。

こちらでは これは使える キャンプ用食器の収納バッグの5つのメリット についてご紹介します。

①荷物が取り出しやすい

キャンプ用食器の収納バッグの1つ目のメリットが「荷物が取り出しやすい」ことです。

収納バッグであれば、チャックやフタを開けば、真上から中の様子が一目でわかります。

そのため必要がある時は、サッと取り出すことができます。

②3ウェイで使える

キャンプ用食器の収納バッグの2つ目のメリットが「3ウェイで使える」ことです。

収納コンテナであれば、両手で持つしかありません。

ところが収納バッグであれば、両手で持つことはもちろん、ショルダーで肩掛けしたり、片手持ちすることもできます。

いろんな持ち方ができるので、持ち込みの際は大変便利です。

③自立して地面に置ける

キャンプ用食器の収納バッグの3つ目のメリットが「自立して地面に置ける」ことです。

一般的なバックであれば、自立して地面に置けないものが多いですが、キャンプ用食器の収納バッグは底面に幅があることから、地面に置くことができます。

④大容量なものが多い

キャンプ用食器の収納バッグの4つ目のメリットが「大容量なものが多い」ことです。

キャンプ用食器の収納バッグですが、意外にサイズが大きく、コンテナ並みのものが多くあります。

ガッツリ収納できることから、ファミリーさまでも対応できます。

⑤おしゃれな収納バッグがある

キャンプ用食器の収納バッグの5つ目のメリットが「おしゃれな収納バッグがある」ことです。

ただの収納バックと思いきや、現在はかなりおしゃれな収納バックがラインナップしています。

キャンプ気分を大いに盛り上げてくれますよ。

収納ボックスよりも使える!キャンプ用食器の収納バッグ4選!

最近はキャンプ用食器をまとめるのに、収納ボックスよりも、収納バッグを使うキャンパーさまが増加中といわれています。

理由は抜群に持ち運びやすく、収納力も高く、賢く使えるからです。

こちらでは収納ボックスよりも使える キャンプ用食器の収納バッグ4選 についてご紹介します。

①キャプテンスタッグ 大型収納 トートバッグ 

キャンプ用食器の収納バッグの1つ目が「キャプテンスタッグ 大型収納 トートバッグ」です。

こちらはアマゾンサイトで、大型収納バックのカテゴリーで現在1位を獲得している商品です。

材質はポリエステル製です。

サイズは820×380×550mm、重量は720g、容量170リットルです。

セールスポイントは、収納力がバツグンで、バックの中には食器や鍋、コンロ、ガスボンベなどのクッキング用品がほとんど入ることです。

②アソビト テーブルトート バッグ Lサイズ 

キャンプ用食器の収納バッグの2つ目が「アソビト テーブルトート バッグ Lサイズ」です。

材質は綿帆布製です。

サイズは38×60×20cm、重量は720gです。

セールスポイントは、材料に綿帆布を使っていることから、アウトドアで激しく使うことができます。

防水効果があるので、多少の雨では、水が浸透しません。

③Sokaiwheel 大型ボストンバッグ 大容量 154L 

キャンプ用食器の収納バッグの3つ目が「Sokaiwheel 大型ボストンバッグ 大容量 154L」です。

材質はオックスフォード生地製です。

サイズは85×33×55cm、重量は500g以下、容量は154リットルです。

セールスポイントは、キャンプ用食器セットはもちろん、ふとんや毛布が余裕で収納できる大きさです。

④ベルチェ メガボストンキャリーバッグ 200L

キャンプ用食器の収納バッグの4つ目が「ベルチェ メガボストンキャリーバッグ 200L」です。

材質は600Dポリエステル製です。

サイズは95×50×43cm、重量は4.6kg、容量は200リットルです。

セールスポイントは、もちろん200リッターの容量です。収納バックではありますが、巨大なコンテナです。