MENU

ASO BLOG(アソブログ)

 

ASO BLOG(アソブログ)

 

『アソブログ』では遊びに全力投球!というコンセプトで『遊びに関するお役立ち情報』を発信しています!

どんな収納グッズがある?キャンプ用食器収納グッズ6選!

キャンプ用食器収納グッズをお探しですか?

キャンプで食事をするなら、当然食器が必要になりますよね。

かわいい食器、カラフルな食器、上質な食器などいろいろあります。

ところでキャンプの時食器はどんなグッズに収納したが良いのでしょうか。

今回はどんな収納グッズがある キャンプ用食器収納グッズ6選についてご紹介します。

キャンプ用食器収納グッズを選ぶ3つのポイント!

キャンプ用食器を収納しようと思っても、収納グッズが多すぎて、どんなものを選んで良いのかわかりませんよね。

では初心者さまはどんな点に注意して選べばよいのでしょうか。

こちらではキャンプ用食器収納グッズを選ぶ3つのポイントについてご紹介します。

①割れやすい食器か

キャンプ用食器収納グッズを選ぶ1つ目のポイントが「割れやすい食器か」です。

食器が陶器なのか、プラスチックなのか、割れやすいものか、割れにくいものかで収納グッズは変わってきます。

割れやすいものであれば、内部にクッション材などを搭載した収納グッズがおすすめです。

②どれくらいの容量が必要か

キャンプ用食器収納グッズを選ぶ2つ目のポイントが「どれくらいの容量が必要か」です。

ソロキャンプであれば、小さな収納グッズで良いですが、大人数さまになるとかなり大き目の収納グッズを選ぶ必要があります。

予定よりは若干容量が多めの収納グッズをおすすめします。

③どんな料理を予定しているのか

キャンプ用食器収納グッズを選ぶ3つ目のポイントが「どんな料理を予定しているのか」です。

食器を持ち込むにしても、料理次第で異なります。

大皿料理になるのか、コース料理になるのか、和食になるのか、洋食になるのかでも変わってきます。

キャンプ料理の食器に合った収納グッズを選ぶことをおすすめします。

こんなにある?キャンプ用食器収納グッズ6選!

現在キャンプ用の食器収納グッズはいろんなものがあります。

こちらではキャンプで使われているキャンプ用食器収納グッズ6選についてご紹介します。

①コンテナ

キャンプ用食器収納グッズの1つ目が「コンテナ」です。

コンテナの特徴は大容量で収納でき、なおかつ段積みができることです。

団体キャンプのように大人数さまが使う食器の収納に向いています。

②RVボックス

キャンプ用食器収納グッズの2つ目が「RVボックス」です。

RVボックスの特徴は、大容量で収納でき、フタがついているので持ち運び中に、中の荷物が飛び出すことがないので車での移動も安心です。

ただし段積みができないので、一度に大量に運ぶことには向いていません。

主に趣味系のキャンプが向いています。

③スツール型収納バケツ

キャンプ用食器収納グッズの3つ目が「スツール型収納バケツ」です。

スツール型収納バケツの特徴は、フォルムはバケツ型ですが、取っ手がついた持ち運べる「フタつき小型コンテナ」です。

材質がポリプロピレン、ポリエチレンが使われており、肌触りが良く、カラーリングがカラフルでキャンプ向きです。

スツール型なので、キャンプでイスとしても利用することができます。

④オカモチ型収納ボックス

キャンプ用食器収納グッズの4つ目が「オカモチ型収納ボックス」です。

オカモチ型収納ボックスの特徴は、ボックスを開くと「雛祭りの段飾り」のようにボックスの内部が変形して、各段にさまざまな食器やキッチンアイテムを収納することができます。

こちらはアウトドアブランドのテントマーク「ワーカーズオカモチ」が有名です。

⑤トランクボックス

キャンプ用食器収納グッズの5つ目が「トランクボックス」です。

トランクボックスの特徴は、コンテナ型のフォルムに、外側は布生地の柔らかさを持ち、フタつき、持ち手つきの持ち運びができるボックス型のバックです。

使わない時には折り畳みもできます。

またコンテナほどではありませんが、2段くらいなら段積みもできます。

⑥ポップアップボックス

キャンプ用食器収納グッズの6つ目が「ポップアップボックス」です。

ポップアップボックスの特徴は、バケツ型のフォルムを持ち、水に強く、ハンドル付きで持ち運びがラクにできます。

不要な時は折り畳みも可能です。