MENU

ASO BLOG(アソブログ)

 

ASO BLOG(アソブログ)

 

『アソブログ』では遊びに全力投球!というコンセプトで『遊びに関するお役立ち情報』を発信しています!

ポイ捨てがなくなる!キャンプDIYゴミ箱3選!

みなさんはキャンプで出たゴミはどうされていますか?

ほとんどの方は、商品を買ってきた時にもらったお店のレジ袋に捨てているのではないでしょうか。

実はDIYすることで、簡単にゴミ箱を作ることができるんですよ。

今回はポイ捨てがなくなる キャンプDIYゴミ箱3選 について詳しくご紹介します。

DIYとは一体何か?

そもそもみなさんは「DIY」というのが一体何かご存知でしょうか?

DIYとは「Do It Yourself(ドゥ イット ユアセルフ)」のことです。

意味は「(他人にまかせるのではなく)自分自身でやる」という意味です。

簡単にいうと「お金を払って業者にやってもらうのではなく、自分の頭と身体を使って何かを作ること」です。

一言でいうと「(完全)手作り」ということです。

キャンプでゴミ箱をDIYする5つのメリット!

現在SNSにはたくさんのキャンプギアが投稿されています。

そんなキャンプギアの中でも話題になっているのがDIYされたゴミ箱です。

ではどんなメリットがあるのでしょうか。

こちらではキャンプでゴミ箱をDIYする5つのメリットについてご紹介します。

①自作でゴミ箱を作ると愛着がわく

1つ目のメリットが「自作でゴミ箱を作ると愛着がわく」ことです。

どうしてもお金で買ったものになると、愛着が希薄になりがちです。

そのため大事にしません。

ところが自分で手作りしたゴミ箱になると、愛着がわき大事にするようになります。

②ゴミのポイ捨てがなくなる

2つ目のメリットが「ゴミのポイ捨てがなくなる」ことです。

キャンプ場のように広い土地と自然があればついついゴミを捨てがちです。

ところがゴミ箱をDIYすると、DIYしたゴミ箱に捨てないと申し訳ないような気になり、ポイ捨てが減ってきます。

③他のキャンプギアもDIYしたくなる

3つ目のメリットが「他のキャンプギアもDIYしたくなる」ということです。

キャンプギアの中でも最も地味で目立たないゴミ箱をDIYして成功すると、当然他のキャンプギアもDIYしたくなります。

そのためDIYに目覚めてしまい、今度は何でも自分で作りたくなってきます。

④キャンパー同士の話のネタになる

4つ目のメリットが「キャンパー同士の話のネタになる」ということです。

キャンパー同士だと、いろんなキャンプネタで情報交換をして、キャンプを楽しみます。

ゴミ箱をDIYすると当然ネタにできて、いろんな情報交換の呼び水になります。

⑤SNSで発信できる

5つ目のメリットが「SNSで発信できる」ということです。

今やキャンプは、ただ体験するだけではなくなりました。

キャンプ先の画像をSNSに投稿するところまでがキャンプになりつつあります。

そのためゴミ箱のDIYは、インスタ映え間違いなしの投稿になります。

キャンプ場がカッコよくなる!キャンプDIYゴミ箱3選!

一般的にゴミ箱はキャンプの時は後回しにされがちですよね。

ところがキャンプにはたくさんのゴミがでるので、当然ゴミ箱は必要になります。

そんな中最近はゴミ箱をDIYすることが人気です。

こちらではキャンプ場がカッコよくなる キャンプDIYゴミ箱3選 についてご紹介します。

①麻袋を吊り下げたラック型ゴミ箱

キャンプDIYゴミ箱の1つ目が「麻袋を吊り下げたラック型ゴミ箱」です。

こちらはホームセンターに売ってある材料ですぐにできますよ。

〇作り方

①コーヒー豆袋などに使われる薄目の麻袋を用意して、袋の口の四隅にハトメ(ひもなどを通す金属製の輪っか)を付けます。

②ハトメにひもを通し、引っ掛けができるようにひもで輪っかを作ります。

③次に木製の既製品のX型のラックを用意して、ラックの四隅のバーに麻袋のひもを引っ掛けてラックにぶら下げます。

④ラックにぶら下がった麻袋を三等分して、左右合計6本のビス(木材をつなげることができる先端がドリルになった金具)を打ちます。

そのビスにレジ袋を左右からぶら下げたら、出来上がりです。

燃えるゴミ、プラスチックゴミ、燃えないゴミなど3種類のゴミを分けることができます。

②木製トレリスで作るゴミ箱

キャンプDIYゴミ箱の2つ目が「木製トレリスで作るゴミ箱」です。

トレリスとは「柵」のことで、木製トレリスとは「斜め格子タイプの木製のトレリス」のことです。

こちらもビスを使うことで簡単に作ることができます。

〇作り方

①木製トレリスを4つ用意します。4方をビスでつなぎ上から見ると「ロの字型」にします。

②「ロの字型」の上部に左右からレジ袋が下げられるように、数か所ビスを打ちます。

③ビスの頭にレジ袋をぶら下げれば完成です。

キャンプ場へ持ち込む時は、内部が空いているので、何でも収納することができます。

③金網製のゴミ箱

キャンプDIYゴミ箱の3つ目が「金網製のゴミ箱」です。

こちらは100均ショップなどで売っている「バーベキュー網」を使います。

簡単にできて、持ち込みの際は折り畳むこともできます。

〇作り方

①バーベキュー網を4枚用意して、細い針金で4方をつなぎます。上から見ると「ロの字型」を作ります。

②底になる部分の対極の角に太い針金でバッテンを入れ、筋交(すじかい)を作ります。筋交を入れることで、ぺったんこになりません。

③ゴミ箱の上部にゴミ袋をぶら下げる引っ掛けを針金で作れば完成です。

持ち運びの時は、バッテンを外せばぺちゃんこになり、簡単に持ち運ぶことができます。