MENU

ASO BLOG(アソブログ)

 

ASO BLOG(アソブログ)

 

『アソブログ』では遊びに全力投球!というコンセプトで『遊びに関するお役立ち情報』を発信しています!

キャンプカレーを簡単に作って食べる7つの方法!

キャンプカレーは、できれば手間なしで簡単に作りたいですよね。

じっくり煮込むカレーもありですが、イベントが多い時のキャンプでは、簡単に作れるカレーであれば重宝されます。

ではカレーを簡単に作って食べるには一体どうすれば良いのでしょうか。

今回はキャンプカレーを簡単に作って食べる7つの方法についてご紹介します。

カレーはどれだけ簡単に作って食べられるのか!

じっくり時間をかけて作るカレーも、手早く簡単にささっと作るカレーもどちらもそれなりにおいしく食べられます。

確かに時間に余裕があればじっくりと時間をかけておいしいカレーを作りたいところです。

ところがキャンプによっては、スケジュールがびっしりと立て込んでいるキャンプも実際あります。

中には食事を作る時間も確保しにくい時もあります。

そんな時、手軽に速くカレーが作れたらありがたいです。

今回はキャンプカレーを簡単に作る一般的な方法と、驚きの仰天裏技もご紹介します。

では早速スタートしますね。

キャンプカレーを簡単に作って食べる方法自宅で下ごしらえカレー!

最初にご紹介するのが、定番の簡単カレー「自宅で下ごしらえカレー」です。

「自宅で下ごしらえカレー」はそのまんまですよね(笑)

いつものように自宅でカレーを作る要領OKです♡

材料は、

  • たまねぎ
  • じゃがいも
  • にんじん
  • 豚にく
  • その他野菜

などを丁度良いサイズに包丁で切り、切った具材をパックに入れ、冷えたクーラーボックスに入れ、キャンプ場で調理するパターンです。

この方法は定番中の定番ですよね♪

キャンプカレーを簡単に作って食べる方法自宅で完成カレー!

こちらは、下ごしらえだけでなく自宅でカレーを完成させて、完成させたものをキャンプ場に持ち込むパターンです。

キャンプ上ではご飯の準備と、カレーを温めるだけなので、最も簡単にカレーを食べることができます。

しかも手作りなので味は保障済みです♡

キャンプカレーを簡単に作って食べる方法カット野菜を途中で購入カレー!

こちらは、自宅では一切下ごしらえもせず、完成させることもない方法です!

キャンプ場へ向かう途中に、ショッピングセンターに寄り、たまねぎ、じゃがいも、にんじんを適量に切った「カット野菜(加熱調理用野菜)」とお肉とカレールーを購入する方法です。

カット野菜は皮をむかれ、丁度良いサイズに切ってあり、しかも火が通っているので、後はお湯に入れてルーが溶けるまで煮込むだけで食べられます。

こちらもキャンプ場で材料を鍋に入れるだけでできるので、簡単にカレーを食べることができますよ♪

キャンプカレーを簡単に作って食べる方法世界最速3分カレー!

次にご紹介するのが「世界最速3分カレー」です!

「カレーが3分でできる?」

「そんなバカな!」

と思われるかもしれませんが、実際できるんですよ♡

材料は、

  • トマト缶(細かく切ってあるもの)
  • ひきにく
  • たまねぎみじん切り
  • カレールー

たったこれだけです。

「世界最速3分カレー」は2つの料理を一体化させたものです。

一つはインドカレーです。

インドカレーはトマトを水替わりに使い、旨味を引き出します。

またもう一つの料理とはミートソースのソースです。

作り方は、

  • トマトとひき肉とたまねぎのみじん切りを高速で温め、火が通ったらカレールーを溶かしたら完成です。

カレーは煮込まなくてもできるのかと思われているかもしれませんが、カレーは煮込まなくてもできます。

カレーを煮込む時間とは、実は具材の旨味をカレース―プに浸透させるための時間です。

トマトとひき肉とたまねぎのみじん切りに火が通っていれば問題ないのです。

カレールー自体は溶ければ全然食べることができます。

ひき肉とたまねぎのみじん切りは細かくすることでより早く火が通ります。

味も思っている以上においしいですよ♪

キャンプカレーを簡単に作って食べる方法レトルトカレーを温めて食べる!

こちらは時短の定番「レトルトカレー」です!

お湯で温めるだけでできるので、手間はごはんの準備と、キャンプ場に持って行くだけです♪

キャンプカレーを簡単に作って食べる方法温めずに食べられる非常食用備蓄カレー!

レトルトカレーというとどうしても「温める手間」があります。

ところが「温める手間」がないレトルトカレーもあります。

それが「非常食用備蓄カレー」です。

こちらは文字通り災害時などの非常食として開発されたカレーです。

一般的なレトルトカレーは温めないとまずくて食べられませんが「非常食用備蓄カレー」は常温用に開発されているので、全然OKです。

肉も野菜も入っており、コクがありかなりおいしいですよ♪

キャンプカレーを簡単に作って食べる方法お湯を入れるだけカップカレーめし!

これまでもカップカレーめしは発売されていました。

ところがレンジが必要だったり、お湯を入れてもでき上がりがイマイチなものがほとんどでした。

現在、日清食品から発売されている「日清カレーメシ」は6年の試行錯誤の結果、理想のカレーめしをついに実現しました。

お湯を入れてまぜるだけで、おいしいカレーめしが食べられるというのです。

作り方は一般的なカップ麺とほぼ同じです。

違うところはお湯を入れてから混ぜるところです。

カレーとご飯が一体化しているので、ごはんの準備も必要ありせん。

これこそ最強のキャンプカレーを簡単に作って食べる方法かもしれません。

まとめ

今回はキャンプカレーを簡単に作って食べる7つの方法についてご紹介しました。

現在は様々なものが、時短で手早く済ませることで良い評価を得ることができます。

キャンプカレーも簡単に手早く作れることで、今以上に人気が高まるキャンプ料理になるかもしれません。

ぜひみなさんも今回ご紹介した簡単に作って食べることができるキャンプカレーを作ってみてはいかがでしょうか。