MENU

ASO BLOG(アソブログ)

 

ASO BLOG(アソブログ)

 

『アソブログ』では遊びに全力投球!というコンセプトで『遊びに関するお役立ち情報』を発信しています!

キャンプで作るカレーメニュー

キャンプで作るメニューはなんといってもカレーが定番です。
皆が好きなレシピと言ったらカレーは外せませんよね。

キャンプのカレーはでかける場所の条件によってメニューが変わります。
炊事スペースがあるキャンプ場の場合と、火の設備がないキャンプ場で薪を使う場合です。

事前に情報がある場合は用意する道具も選べますが、だいたい想定外のことが起こるのがアウトドアの楽しみでもあります。
カレーなら、たいていのアクシデントに対応できますから、メニューにはカレーが便利です。

カレーの種類

でかける場所によって用意する道具はまちまちですが、今回はオーソドックスにかまどを造り、火をおこして作るカレーを紹介します。

無水カレー

ダッチオーブンが便利です。キャンプで作るカレーには炒めたる、蒸す、焼く、煮るがこれだけでできるダッチオーブンがひとつあると本格的なカレーも作れます。 ダッチオーブンのメジャーなメーカーはソト、ロッジ、ユニフレームなどがあります。鋳鉄、黒皮鉄、ステンレス、カーボン、タグタイル鋳鉄など素材もまちまちです。 サイズはキャンプの場合は11inchから14inchから選びます。扱いやすいサイズです。素材は鋳鉄製がいいと思いますが、事前にシーズン二ングという作業が必要になります。 軽くて簡単に使うなら、ステンレスやカーボンもよく使われています。 無水カレーを作るなら鋳鉄が蓋が重いのでおすすめです。

薪でコトコト煮込みカレー

家庭で作る場合と変わりません。カレーは鍋と水と具材とルーがあればできますよね。 でもここでひと工夫しましょう。 用意する道具にバーベキュー串を持って行きます。実はバーベキュー串と軍手はキャンプの必需品なんです。 薪を起こして火を焚いていますから、釣った魚や山芋などの調達した山菜を串に刺して焼きます。カレーの上に載せるだけで野性味溢れるカレーが完成です。 素材の調達ができなくても、鶏肉や豚肉も串焼きにするとまた風味が違います。キャンプの演出に好感度抜群です。

必要なもの

飯盒か鍋、水、米、またはパン(焼くのなら材料)具材にする野菜や肉、ルーまたは本格的にスパイス類、食器、まな板、包丁、オタマ、しゃもじ、スプーン、フォーク、ハシ。

カセット式のガスコンロ、カマドを造る場合は焚き付け用に炭を持って行くといいですよ。
薪を現地調達する予定が湿って使い物にならないこともあります。

 

キーマカレーやスープカレーがおすすめ

キャンプで作るカレーって、家庭で作るのと同じでいいと思っていませんか? キャンプカレーには代わりの材料がない!失敗できないプレッシャーがあります。 だから、メニューは、キーマカレーや、スープカレーがおすすめです。プロの料理人でもない限りはスパイスからの本格カレーはリスクが大きいですね。

釣った魚や現地の特産品をレシピに加えるのも手

海や渓流で釣った魚や、現地の特産品などをレシピに加えるとおいしさもひとしおです。道の駅で現地の野菜やジビエが調達できます。 ジビエや渓流の魚はよく火を通すとか、調理方法の注意点を売店で聞いておいて下さいね。渓流の魚ですが、素人がさばいた刺身は食べないようにしましょう。寄生虫の心配があります。

カレーの付け合せ

キャンプ料理はめんどくさいのでカレーだけですか? ちょっと寂しいですね。キャンプ料理の付け合わせにおすすめの料理を紹介します。

チーズフォンデュ

用意するものにとろけるチーズ4人分で80gから人数によって加算します。牛乳と片栗粉少々でチーズフォンデュソースを作ります。 野菜や肉など素材はアイデア次第です。ソースさえあれば、煮る、蒸す、焼く、素材は思いのままですね。鍋はダッチオーブンも使えますし、薪で焼いた串料理を付けて食べてもおいしいです。

サラダは唐揚げプラスで

万が一現地調達が不可能だったときのために、ホタテの缶詰とシーチキンは必ず持参します。食べ切れなかったら持って帰ります。

付け合わせにはサラダ サラダには山ぐるみを入れたり、湯がいたヤマブキを入れたり、塩で湯がいて晒した山菜を入れたりします。生のものは少量の油で唐揚げにして、塩を振るとたちまち一品できます。酢とお砂糖で即席マリネにもできます。

キャンプで作るカレーメニューは現地調達でレパートリーアップ

カレーは世界万能、ほとんど嫌いな人がいない、素材を選ばない。そう、キャンプには欠かせない料理の定番です。 せっかく出かけたのですから、カレーの具材は現地調達するのが腕の見せ所です。アウトドア料理で失敗しないコツは、困ったときの保険料理をプラス1品考えておくことです。 山の中で子供が料理をひっくり返してしまったとしても、叱らないように準備しておくとか、お昼寝が心地よくて、料理を焦がしてしまう失敗もありますからね。