MENU

ASO BLOG(アソブログ)

 

ASO BLOG(アソブログ)

 

『アソブログ』では遊びに全力投球!というコンセプトで『遊びに関するお役立ち情報』を発信しています!

キャンプならではの激うまカレーを作る5つのコツとは?【レシピもあるよ】

キャンプの定番といえば “カレー” ですよね。でも、どうせなら作るなら自宅とは違ったカレーを作ってみたくないですか?

そこで今回は、「キャンプならではのカレー」の作り方のコツを伝授したいと思います!どんなカレーの種類にも応用が利くので、ぜひ最後まで読んで次のキャンプで実践してみてくださいね!

キャンプならではの激うまカレーを作る5つのコツ!

そもそもカレー自体がすでにウマイのに、大自然のなかで “キャンプならではのカレー” なんてものを作って食べてしまうと、下山してからのカレーなんて食べられなくなっちゃいますよ?

「いくらなんでも大袈裟すぎでしょ(笑)」

と思ったそこのあなた!さてはキャンプカレーを食べたことないんじゃないですか?

もしまだ食べたことが無いのなら、今回ご紹介する方法でカレーを作って食べてみて下さい。自宅で作るカレーも、ココ〇番屋のカレーも、足元にも及ばないことに気づくはずです。笑

コツ①無水カレーがおすすめ!

キャンプでは十分なお水を確保できないことがあります。そんなときは、水を使わず(使っても少量)に具材から出る水分だけで作る “無水カレー” がおすすめです。

なかでもおすすめなのがトマトを使った “トマトカレー” で、トマトから出る水分だけで作ることができるので、美味しいだけじゃなく栄養も満点ですよ。

コツ②米は飯盒炊飯で炊くべし!

飯ごうで炊くお米は、炊飯ジャーで炊いたお米と比べると圧倒的にウマイです!

お米の量は飯ごうの蓋で量れるようになっているので、必要な分だけ炊くことができます。

飯ごうの蓋がカタカタといいだしてから15分くらいでお米が炊き上がります。

コツ③お肉は炭火で焼くべし!

せっかくキャンプに来ているんだから、肉も普段より大きめのサイズのものを豪快に炭火で焼きましょう!いきなり鍋でほかの具材と煮込むより、こうして炭火で軽く火を通しておいたほうが旨みを逃がさず閉じ込めることができます。

また、野菜も炭火で軽く焼いてやると、野菜特有の青臭さがなくなり、風味も逃がさずしっかり残せるのでおすすめですよ♪

コツ④ダッチオーブンで作るべし!

ダッチオーブンというのは、熱伝導率の高い蓄熱性に優れたお鍋のことで、長時間火をとおす料理と相性バツグンです!キャンプの三種の神器の1つと言ってもいいくらい、愛用者はたくさんいます。

ダッチオーブンがあれば無水カレーのレパートリーの幅が広くなり、”キーマカレー” や “スープカレー” もメチャクチャ簡単に作ることができます!

コツ⑤具材はデッカク豪快に!

肉や野菜などの具材は、食べやすいようにチマチマと小さくしちゃだめですよ!じゃがいもだって一口で食べたら口の中をヤケドするくらいのサイズがちょうどいいんです!

また、BBQであまった材料も炭火で火をとおして鍋にぶち込むのアリ。キャンプカレーには “これは良くてこれはダメ” といったルールはありません。これもキャンプならではの楽しみの1つです!

 多めに作れば次の日の朝食にもできる!

カレーは一晩寝かせるとコクが出て美味しくなります。しかも、自宅で作ったカレーより、キャンプで作ったカレーのほうが一晩寝かせると美味しくなります。

なぜそうなるのか理由はわからないんですけど、まじで圧倒的にウマイんです!

ただし、夏場は傷むのが早いのでその日食べきれる量だけ作るようにしてくださいね。

キャンプならではのカレーの作り方:レシピ編

作り方は基本的に、具材を炭火で焼く→煮込む、だけのことなので、ここからはおすすめのカレーの種類とレシピを紹介します!

インド風チキンカレー

特徴:スパイスの風味が豊かな簡単なのに美味しいカレー

材料:カレーシーズニング、鶏もも肉、ホールトマト缶、玉ねぎ、プレーンヨーグルト、サラダ油、水

バターチキンカレー

特徴:バターのコクが効いた万人受けするカレー

材料:カレー粉、鶏もも肉、鶏ガラスープ顆粒、ホールトマト缶、バター、生クリーム、塩こしょう、はちみつ、プレーンヨーグルト、おろししょうが(チューブ可)大、おろしにんにく(チューブ可)

キーマカレー

特徴:ひき肉を使った簡単15分で作れちゃうカレー

材料:カレー粉、合いびき肉、玉ねぎ、ピーマン、にんじん、セロリ、サラダ油、水

スープカレー

特徴:スパイスが香るルーがスープのカレー

材料:カレー粉、鶏もも肉、ゆでたまご、玉ねぎ、じゃがいも、にんじん、なす、キャベツ、ホールトマト缶、コンソメキューブ、塩、サラダ油、水

野菜カレー

特徴:炭火で焼いた野菜をたっぷり使ったカレー

材料:カレー粉、肉(牛肉・鶏肉・豚肉のどれか)、じゃがいも、玉ねぎ、にんじん、オクラ、ナス、かぼちゃ

まとめ

いかがでしたか?アウトドアの定番メニューのカレーも、キャンプならではの作り方をすれば驚くほどおいしくなりますよ!

次のキャンプはぜひ今回の記事で紹介カレーの作り方を実践してみてくださいね♪