MENU

ASO BLOG(アソブログ)

 

ASO BLOG(アソブログ)

 

『アソブログ』では遊びに全力投球!というコンセプトで『遊びに関するお役立ち情報』を発信しています!

クルマなし!でもキャンプに行きたい!電車・バスでも行けるおすすめのキャンプ場5選【千葉・埼玉・茨城・滋賀・静岡】

キャンプとなると、普通はクルマで行くものと思う人が多いでしょう。

キャンプに行きたくて、それ用にワゴン車やSUVなどの購入を検討している人も多いのではないでしょうか。

ですが、キャンプに行きたい人の全員がクルマを持っているわけではありません。 キャンプのためにレンタカーを借りるのもいいのですが、いっそ電車やバスでキャンプに行ってみてはいかがでしょう。

駅から近いキャンプ場もたくさんあります。その一部をご紹介します。

クルマがなくてもキャンプに行ける?

たくさんのキャンプ道具を、人力で運ぶのは大変。そう思うかもしれません。

ですが、考え方を少々変えてみましょう。電車やバスで運べる荷物の量にすれば大丈夫。最低限の荷物でも、工夫すればキャンプを楽しめます。

例えばテントでなくてコテージ宿泊にすれば、それだけ荷物を減らせるというもの。最近はトレーラー宿泊も人気があります。

バーベキューセットなどその他のキャンプ道具も、現地でレンタルできるキャンプ場もたくさんあります。

最近流行っている豪華なキャンプ、グランピングも楽しいものです。

これなど、キャンプの楽しみにそのままながら、通常の旅行に近い感覚で楽しめるので、さらにクルマで行く必要性は薄れます。

ゴージャスなベッドで寝るキャンプであっても、バーベキューを自分たちですれば、盛り上がることでしょう。

グランピングで楽しめるキャンプ場

公共交通機関でグランピング「WILD BEACH SEASIDE GLAMPING PARK」(千葉県木更津市)

グランピングは、豪華なキャンプを指します。 キャンプを設営の苦労なく誰でも楽しめるように工夫されたもので、泊まるテントも常設で立派なつくりになっています。

トレーラーハウスで宿泊できるグランピング場も多いです。 首都圏からアクアラインを渡ってすぐ、木更津にあるのが「WILD BEACH SEASIDE GLAMPING PARK」。

アクアライン経由の高速バスの停車するアウトレットモール「三井アウトレットパーク木更津」に隣接していますので、東京・川崎・横浜を始め多くのエリアからアクセスが便利です。

川崎発着のバスは巨大パーキングエリアの「海ほたる」にも停車します。クルマがないので立ち寄ったことのない人もぜひどうぞ。

木更津は首都圏からは近場ですが、海を渡ったロケーションで、非日常感が味わえます。 豪華で清潔な常設テントにトレーラーハウスなど、宿泊は様々な種類から選べます。

レストランもありますが、キャンプ気分を味わいたいのなら自分で焼くバーベキューがいいでしょう。手ぶらでOKです。

宿泊は、常設の大型テント、ヴィンテージトレーラーなど楽しみ一杯です。 宿泊料金は、最大定員の場合で1人5,000円から10,000円程度と、キャンプにしてはやや張りますが、もちろんそれ相応の価値があります。

隣の大型アウトレットモールでショッピングという、キャンプに似つかわしくない楽しみも、ここではピッタリ。

駅から近いお勧めキャンプ場

本格派のキャンプ場は、クルマでしか行けない場所にあると思っている人も多いでしょう。ですが探せば、駅から近い場所でも本格キャンプが楽しめます。 旅は行く過程も楽しいもの。ちょっとしたローカル線の旅を味わうのも一興でしょう。

フォレストサンズ長瀞(埼玉県秩父郡長瀞町)

「フォレストサンズ長瀞」は、秩父鉄道野上駅から徒歩15分と、徒歩キャンパーにもおすすめのキャンプ場。 荒川沿いにあります。

敷地内のトラベルトレーラーへはクルマ乗り入れ可ですからオートキャンプ場ともいえますが、コテージとテントサイトについては、乗り入れ不可です。

徒歩キャンパーだからといって遠慮したくない人にはお勧めです。

秩父方面からも、熊谷方面からも電車が便利です。

野上駅の西側(キャンプ場と反対側)にスーパー「フジマート」があるので、こちらで食材を購入してからの来場が推奨されています。

お昼はお弁当、朝はモーニングセットも注文可能。冬季はお鍋セットも頼めます。

キャンプ場の隣にモンベルもあるので、用具を買い足すのにも困りません。

シャワーはありませんが、徒歩15分の場所の日帰り温泉が無料で利用できて、快適なキャンプが楽しめます。 レンタサイクルやボルタリング施設、屋内型スケートボード場など、アクティビティも豊富。

キャンプ村やなせ(茨城県久慈郡大子町)

鉄道さえ通っているなら、意外と奥地まで行けるものです。特に川沿いにはキャンプ場が多くあります。

茨城県で人気のエリア、奥久慈へは、水戸と、福島県の郡山を結ぶ水郡線が通っているので鉄道利用もお勧めです。

キャンプ村やなせは、水郡線の上小川駅から徒歩11分。久慈川沿いにあります。 上小川駅までは、水戸から1時間10分ほど掛かります。

オートキャンプ場ですが、バンガローもあります。バンガロー内はコンセント完備。 テントサイトは、河原沿いが人気です。

バーベキューセットは借りられますので、荷物は少なくして現地に向かいましょう。 スーパーは近所にありませんので、食材は準備していきましょう。

専用台を使っての焚火もできます。 温水シャワーも完備。

このキャンプ場ではゴミ処理をしてもらえます。町指定のゴミ袋が1枚15円で販売しています。 帰りの荷物が少なくて済むのは、徒歩キャンパーには助かります。

白ひげ浜水泳キャンプ場(滋賀県高島市)

関西にも、電車で行けるキャンプ場があります。 日本最大の湖、琵琶湖で楽しむビーチキャンプはいかがでしょう。

白ひげ浜水泳キャンプ場は、湖西線の近江高島駅から徒歩20分です。

マリンスポーツも、大きなサーフボードの上に立ってパドルで漕ぐ人気のサップ、カヤック、フライボード、トーイングと選り取り見取り。

水上アスレチック「アドベンチャーウォーターパーク」もあり、お子さんも楽しめます。

琵琶湖に水泳場は多いですが、こちらはその中でも水質もきれいで透明度が高く、好評です。

テントサイトはオートキャンプ場ですが、バンガローもあります。 テントのレンタルも可能。バーベキュー道具も借りられます。 温水シャワーも完備。

徒歩キャンパーのためにあるような、快適なキャンプ場です。

スーパーは付近にないので、食材は用意しておきましょう。

渚園キャンプ場(静岡県浜松市)

浜名湖に四方を囲まれた人工島にも、快適なキャンプ場があります。

東海道線弁天島駅から18分と徒歩圏内の場所です。弁天島駅は浜松駅から12分、豊橋駅からも21分と、交通便利なロケーションです。

キャンプ場の地面は芝生なので、お子さんにも喜んでもらえます。 浜名湖に沈む夕陽は一見の価値があるもの。

オートキャンプ場が主ですが、フリーサイトもあるので、徒歩キャンパーも遠慮することはありません。

フリーサイトは非常に価格が安く、大人410円、子供200円です。

バーベキューはレンタル可です。

マリンスポーツはできませんが、レンタサイクルがあります。

他のアクティビティとしては、潮干狩りや釣り。

シャワーは完備ですが、自転車で弁天島駅付近まで行けば、温泉ホテルが2軒あって、日帰り入浴が可能です。 そのうちの1軒「開春桜」の展望露天風呂は長め最高です。

まとめ

公共交通機関で行ける快適なキャンプ場を5か所ご紹介しました。 クルマがなくても、工夫次第でキャンプの楽しみは広がります。 徒歩キャンパーもぜひ、楽しいキャンプライフを!