MENU

ASO BLOG(アソブログ)

 

ASO BLOG(アソブログ)

 

『アソブログ』では遊びに全力投球!というコンセプトで『遊びに関するお役立ち情報』を発信しています!

タープは本当に必要?キャンプにタープが必要な5つの理由!

あなたはキャンプにタープが必要だと思いますか?

キャンプではテントが寝室なら、タープはリビングといわれています。

一見テントさえあればキャンプはできそうです。

ところが解放感があり、仲間と楽しめるタープがあった方が、間違いなく楽しいキャンプを過ごすことができます。

今回はタープは本当に必要 キャンプにタープが必要な5つの理由 について詳しくご紹介します。

立て型で異なる!キャンプタープの2つのタイプ

タープは立て型で、2つのタイプにわかれます。

1つは自立型タープ、もう1つは非自立型タープです。

こちらでは2つの立型の違いについてご紹介します。

①自立型タープ

キャンプタープ立型の1つ目が「自立型タープ」です。

自立型タープとは、イベント会場、運動会の来賓席、スーパーなどの入口前の屋台などに見られるタープのことです。

自立型タープの設置の方法は、骨組みを組み立て、骨組みにタープの生地をくくり付け、脚を伸ばして完成です。

〇自立型タープの特徴

・一般的なキャンプでのテントやタープの知識は必要ありません。

・骨組みの脚で自立して立っており、ポールやロープ、ペグなどは基本的に使いません。

・ペグを使っていないので、風で飛ばされやすいという欠点があります。

・地面がフラットな場所でないと安定しません。

・コンクリートやアスファルトの上でも設置できます。

・部材が多いです。

・ワンタッチタープ(1人でも簡単に設営できるタープ)があります。

・シェードタープ(ワンタッチタープよりもさらに簡易的なタープ)があります。

・スクリーンタープ(アミ壁がついたテント)があります。

非自立型タープ

キャンプタープ立型の2つ目が「非自立型タープ」です。

非自立型タープとは、一般的にキャンプ場で使われている、テントの近くに設置されるリビングの役目を果たしてくれるタープのことです。

非自立型タープの設置の方法は、タープにポールを立て、ロープで引っ張り、そのロープをペグにつなぎ、地面にペグを打ち込めば完成です。

〇非自立型タープの特徴

・一般的なキャンプでのテントやタープの知識はあった方が良いです。

・自力では立てず、ポールやロープ、ペグなどが必要です。

・ペグが地面につながっているので、ほどほどの風で飛ばされません。

・できればフラットな場所が良いですが、ポールが立ち、ペグが刺さればどんな地面でも使うことができます。

・コンクリートやアスファルトの上では設置できません。

・スクエアタープ(正方形型)があります。

・レクタタープ(長方形型)があります。

・ウィングタープ(ひし型)があります。

・ヘキサタープ(六角形型)があります。

キャンプにタープが必要な5つの理由!

キャンプにタープが必要な気はしますよね。

ではなぜ必要なのでしょうか。

こちらではキャンプにタープが必要な5つの理由についてご紹介します。

①雨除けになる

キャンプにタープが必要な1つ目の理由が「雨除けになる」ことです。

キャンプ場は天候が刻々と変わりやすい場所です。

そのため急な雨が降り出だすことも予想されます。

タープがあることで、雨の中でもクッキングをしたり、食事をしたり、レクリエーションをしたりすることができます。

このようにタープがあることで、雨の日でもリビング代わりに寛ぐことができます。

②日差し除けになる

キャンプにタープが必要な2つ目の理由が「日差し除けになる」ことです。

一般的にキャンプが行われるのは、夏が多く、1年の中でも特に日差しが強いシーズンです。

サマーシーズン中に、直射日光を浴び続けると間違いなく「熱中症」などを起こし、体調を崩してしまいます。

そんな中タープがあることで、夏の強い日差しからキャンパーさまを守ってくれます。

③夜露除けになる

キャンプにタープが必要な3つ目の理由が「夜露除けになる」ことです。

キャンプ場の多くは、寒暖差の激しい場所に開設されていることが多く、そのため夜露が発生しやすいです。

屋根がない場所になると、あたりはずぶ濡れになります。

テーブル、チェア、ストーブ、焚き火台、クッキングコンロなどをそのまま置いておくと、翌朝は夜露でびしょ濡れになります。

ところがタープがあることで、夜露から守ってくれ、荷物のびしょ濡れを回避してくれます。

④リビングスペースを意識させてくれる

キャンプにタープが必要な4つ目の理由が「リビングスペースを意識させてくれる」ことです。

キャンプでタープがなくても、テーブルやチェアで寛ぐことはできます。

ところがそうなるとピクニック的(自然豊かな場所へ足を運び、食事をすること)な気分になり、キャンプ感が若干下がります。

それに対してタープの下で寛ぐと、リビングスペースを意識させてくれ、キャンプしている感が一気に高まります。

ピクニック的な気分も楽しいですが、せっかくキャンプに来たからには、タープを設置してキャンプ気分を満喫してみてはいかがでしょうか。

⑤デイキャンプに強くなる

キャンプにタープが必要な5つ目の理由が「デイキャンプに強くなる」ことです。

タープがなくてもキャンプはできます。

宿泊キャンプには、テントがあればとりあえずキャンプはできます。

ところが逆に、デイキャンプになるとタープの方が必要になります。

これまでテントだけの知識や技術だけしかないと、デイキャンプを上手にすすめることができません。

デイキャンプに強くなるためにも、タープを経験して、知識や技術を身に着けてみてはいかがでしょうか。