MENU

ASO BLOG(アソブログ)

 

ASO BLOG(アソブログ)

 

『アソブログ』では遊びに全力投球!というコンセプトで『遊びに関するお役立ち情報』を発信しています!

キャンプの持ち物リスト【エクセル付き!】

キャンプの持ち物リスト!

エクセルファイルのダウンロードはこちら!

キャンプの持ち物リスト

ペグ用木槌

テントが風で飛ばされないようにペグで固定させますが、最近はペグも100円ショップで売ってますね!このペグを土に打ち付ける木槌ですが、余裕がある方は用意してください。私は近くにある石とかをいつも利用しています。

ヘキサゴンタープ

これはなかなか大型で値段もはり、設営も少し手がかかります。しかし、ヘキサゴンタープがあると、虫が異常に多い時、特にアブ・ブヨ等が居るときはヘキサゴンタープで完全にシャットアウトできます。そしてヘキサゴンタープは外観からしてとてもゴージャスな見栄えで優越感に浸れます。余裕がある方は是非準備して欲しい一品です。

防水スプレー

夜露を防ぐためにテントに吹き付けます。新品テントですと防水加工がされており、不要だと思います。

レジャーシート

荷下ろしをしたり、車に積み込む前に、レジャーシートの上に物を置くと汚れなくて非常に便利です。それ以外にごろ寝のシートとしても使えます。

物干しロープ

これは是非とも準備して欲しい物です。木から木へ伝わせてロープを張り、濡れたタオルやシャツを干せます。連泊するキャンパーには必需品だと思います。アウトドア専用のロープがあり使いやすいのでお勧めします。

サマーベッド

海辺や川辺でも使えますが、山キャンプでも使えます。昼間にサマーベッドにごろりとなると心地よいこと間違いなしです。

ハンモック

是非ともお勧めしたいのが、ハンモックです。木と木の間に吊るして、入り込むと、胎児がお母さんのお腹の中に居るような気持ちになれ、爆睡できます。これぞアウトドアを感じられる一品です。余裕がある方は是非ご用意ください。

カセットコンロ

BBQコンロを使わない人は、カセットコンロにBBQプレートや鉄板置いて使ったり、お湯を沸かすだけの時にもとっても便利。私のお勧めは「イワタニ風まる」ハイパワーでアウトドアにピッタリです。

虫除けスプレー

アウトドアと言えば、蚊!特に虫嫌いな人には必需品。これがないと、楽しいキャンプも痒いだけ!蚊取り線香と併用するとより効果的。

スマホ

「うちのキャンプ場は電波が届きますよ」ってセールスしてるキャンプ場もありますが、キャンプ場の多くがスマホの電波が届かないと思った方がいいでしょう。アウトドアする時は、日頃の忙しい文明社会から解放されて、自然に身体を任せるのが一番。

ヘッドライト

これは完全に必需品と思って下さい。必ず必要になりますし、無いとシマッタと思うほどの物です。
例えば、消灯後のトイレまでの道。夜中に物を探す時など。そんなに高価な商品でなくて良いと思いますが、最近はLEDライトのタイプがほとんどです。

電撃蚊ッチャー


これは有ると便利でアイデア商品です。テニスラケットの様な外見をした電撃蚊ッチャー(メーカーにより名称は違います)は、電源を入れると微弱な電流が流れ、蚊やハエを殺してくれます。アブやブヨだと一時的に気絶しているだけなので、気絶している内につぶして殺しましょう。虫の多いキャンプ場や、虫が苦手な方が居る時は絶大な役割を発揮します。ホームセンター等に売っています。約500円弱。

トング


BBQの時に必ず必要です。割り箸なんかで肉などを取ろうとすると、遠赤外線の熱で手が熱いです。長めのトングがあると良い便利です。また、炭用のトングも別に用意していると良いでしょう。

アルミ箔


有ると便利な商品です。とうもろこしをアルミ箔で包んで蒸し焼きにしたり、ニンニク丸ごと、ジャガイモ等にも使えます。
また、○得情報:BBQが終わった後の網の上部に、アルミ箔をかぶせ、そのままBBQコンロに置いて、翌朝まで放置すると、網の汚れは、炭状態になり、簡単に汚れを落とせます。

網用金ブラシ

汚れた網を綺麗に洗うのに便利です。金タワシよりも効率的に綺麗に出来ます。100円ショップで売ってます。

ウィンドブレーカー


非常用に必ず持って行きましょう。自然の天候はいつ激変するか分かりません。急な雨、急な温度の低下時に、あなたの体温を守ってくれます。薄手だと持ち歩きに負担もないのでお勧めします。

マリンシューズ


海で遊ぶ時に使うイメージですが、川や川沿い、水浸しの道、沢登りにも使用できます。特に子供には一足用意してあげましょう。怪我の防止になる事間違い無しです。

エクセルファイルのダウンロードはこちら!

キャンプの持ち物リスト