MENU

ASO BLOG(アソブログ)

 

ASO BLOG(アソブログ)

 

『アソブログ』では遊びに全力投球!というコンセプトで『遊びに関するお役立ち情報』を発信しています!

キャンプ料理初心者が押さえておくべき鉄板レシピとは?

日常から離れて大自然の中でゆっくりと時間の流れを感じることのできるキャンプ。キャンプといえば楽しみなのが料理ですよね。普段家で食べている料理も外で食べると格別に美味しく感じられますが、いつもとは違う環境なので不便に感じることも沢山あります。初めてのキャンプで張り切って料理を作ろうと、あれもこれもと悩んでしまってはキャンプそのものを楽しむこともできません。

そこで今回は、キャンプ初心者のあなたにも簡単で美味しく作れるキャンプ料理のコツやレシピをご紹介します。

まずはこれだけ!キャンプ料理で押さえるべきポイント3つ。

キャンプ料理で押さえるべきポイントをたったの3つだけご紹介します。

  1. 焼き料理と煮込み料理を中心にする
  2. 何を作るかをキャンプ場に着く前に考えておく
  3. 材料を事前に下準備しておく

早速見ていきましょう。

1.焼き料理と煮込み料理を中心にする。

キャンプ場での料理をするときは、手間のかからないメニューにするのが一番です。家で料理をするときのような調理器具や設備などはキャンプ場にはありませんし、持って行こうとして荷物が多くなってしまっては疲れてしまいますよね。

限られた設備の中で、サッと作れてなおかつ美味しい料理にしたいので、シンプルかつ豪快な焼き料理と、ほったらかしで美味しく作れる煮込み料理を中心にするべきです。

このように極力料理の工程をシンプルにすることで、キャンプ初心者の方であっても簡単で美味しい料理を作ることができます。 また、キャンプに参加した全員で協力して料理を作ることももちろん可能です。ファミリーでのキャンプでしたら子どもたちの初めての料理経験になるかもしれませんね。

2.なにを作るかをキャンプ場に着く前に考えておく

キャンプ初心者の方によくあることなのですが、キャンプ場に寄る寸前にスーパーなどにより「ご飯なに作ろうか〜?」と買うものも作るものも決まっておらず、欲しい食材もなかったりして、行く前からダラダラと悩んでしまう、、というケースがあります。最悪の場合、なにを買うかで揉めてしまい険悪なムードになることも。

これではせっかくの楽しいキャンプも台無しですので事前になにを作るか、なにを準備すべきかをしっかりと考えておきましょう。

そうすれば迷うこともなくなりますし、事前にみんなで把握しておくことで「そうかキャンプに行くんだな」と高揚感も沸いてきますし、不思議と一体感のようなものもできます。

作るべきもの・準備すべきものを事前に話し合うことで、キャンプに参加する全員が楽しく時間を過ごせるようになりますのでぜひ決めてくださいね。

材料は事前に下準備をしておく

キャンプ場でなにを作るかを決めたら、次は材料の下準備です。 キャンプ場では、受付を済ませたりテントを張ったり、遊びの準備をしたりと意外と時間を取られる作業が多くあります。

そんな中、料理の下準備も当日キャンプ場でするとなると家での炊事と変わりません。せっかく大自然の中でアウトドアを楽しめるキャンプにきているので、事前に準備できるものはしておくのが鉄則です。

野菜はあらかじめ切っておいたり肉に下味をつけていたりすれば、料理が一気に楽になります。 簡単でなおかつ美味しい料理を作るのが目的ですので、面倒臭がらずに下準備は忘れずにしておきましょう。

キャンプ初心者でも簡単!絶品レシピ4選!

さて、キャンプ料理のポイントがわかったところでいよいよ簡単で美味しい料理のレシピをご紹介します。

キャンプ料理の定番!バーベキュー

超がつくほどの定番メニューともいえるバーベキューです。 キャンプと言えばバーベキューですよね。複雑な調理器具も一切必要なく、火を起こして網や鉄板の上に具材を並べて、お好みの焼き加減になるまで待つだけで美味しい食事になります。

仕込みも簡単です。 牛肉や豚肉、野菜や海鮮などをキャンプ前日までに購入しておきましょう。

肉類の下準備ですが、大きめのジップロックに丸ごと入れて、中にしょうゆ・みりん・チューブのにんにくを加えてよく混ぜて冷蔵庫で一晩寝かせれば大丈夫です。

野菜類は一口大にカットしてこちらも冷蔵庫へ。 海鮮類は冷凍のものを購入し、当日クーラーボックスへ入れてキャンプに向かえば保冷剤代わりにもなりますし一石二鳥ですよ。

アウトドアでしか作らない?焼き鳥

次にオススメしたいのが焼き鳥です。 アウトドアでの食事ですから、普段あまり作ることのない焼き鳥を作ってみましょう。

鶏肉やパプリカ・エリンギなどを串に刺して焼けば、「キャンプ感」が増します。子どもも、まるでマンガにでくるような形に喜びますし、大人には良いお酒のつまみになりますのでとても盛り上がります。 鶏肉は安いので家計も助かりますよね。

下準備はインターネットなどで鉄串を購入し、鶏肉や野菜類を刺して冷蔵庫保存しておきましょう。 キャンプ当日に軽く塩胡椒をふりかけ焼き上げれば、十分に美味しい焼き鳥が完成します。 なお鉄串は熱くなりますので、取り扱いには要注意です。

簡単な煮込み料理!野菜スープ

バーベキューで美味しい肉を食べていると、少々口の中が油っぽくなりますが、そんな時は野菜スープを作りさっぱりしましょう。 スープは煮込み料理ですので、大きめの鍋を準備すればとても簡単に作ることができます。

野菜スープは事前の下準備は一切必要なく、食材と調味料のみで旨味たっぷりのスープが出来上がります。

おすすめは、玉ねぎを剥き、そのまま沸騰したお湯の中に入れて、コンソメ顆粒と塩こしょうをふるだけの「丸ごと玉ねぎスープ」です。 玉ねぎの甘さがとても美味しく口の中がさっぱりしますよ。

お好みでベーコンや人参、カレー粉など入れても良いです。 出来上がるまでに少し時間がかかるのでバーベキューの準備を始めると同時に、鍋に全ての具材を入れて弱火でグツグツと煮ていくことをおすすめします。

忘れちゃダメ!みんな大好きカレーライス

バーベキューで肉やスープを楽しんでいると、やはりご飯が欲しくなるもの。そうです、忘れてはいけないのがカレーライスです。

カレーライスはメインといっていいほどキャンプ料理の定番です。

レシピも簡単で市販のカレールウと玉ねぎや人参、肉とお水があれば作れます。特に下準備も必要ありません。カレーに入れる野菜類や肉はバーベキューで余った肉を使えば余計なゴミも出ませんし良いですね。

子どもたちや仲間・友人と一緒に作るカレーは普段食べているカレーの何倍も美味しいですから、張り切ってカレー粉から作るなんてことはしなくて大丈夫ですよ。

簡単で美味しいキャンプ料理を覚えて楽しい時間を!

キャンプ初心者でも、簡単に美味しく作れるキャンプ料理のコツやレシピを紹介してきました。 どれも作りやすく簡単で、美味しい料理ばかりなので楽しいひと時が過ごせますよ! ぜひ作ってみてくださいね。