キャンプ女子の服装はこれで決まり!女子らしさも忘れず機能性重視で選ぶ!

アウトドアファッションに慣れていない人からすると、キャンプの日はどういうファッションで行けば困らないかというのは、意外とわからないですよね。

とりあえずで選んだ服装で当日に「失敗した、、。」と思うことも多いようです。逆に機能性ばかり重視した結果、オシャレとは程遠い服装になってしまっても気分が上がらず後悔するかもしれません。

この記事では、キャンプでの服装の悩みを解決し、おすすめのファッションも紹介していきます!

これだけは気をつけよう!キャンプでの服装

上着と着替えは必ず持つ

季節に関係なく、上着は持っていた方が良いでしょう。特に、朝晩がかなり冷え込むことが想定される秋から冬にかけては上着が必需品です。

逆に夏場であっても、強い日差しから肌を少しでも守るために長袖の薄い上着があると重宝します。前開きジップパーカーのようなものは脱ぎ着しやすく、おすすめですよ。

また、キャンプは自然の中で遊ぶので土や水で服が汚くなりやすいです。料理や食事中にも油はね、ソース類などで服が汚れることも考えられます。着替えを上下で簡単なものを用意しておくのがベストです。

動きやすい服装を心がけよう

何かに引っかかりやすいフリル素材のスカートやワンピース、動きにくいタイトすぎるスカートやデニムは避けたほうが無難です。

トップスは袖が広がっていたり、捲り上げにくいものだと邪魔に感じるかもしれません。

そして足元は高いヒールは絶対にNGです!サンダルの場合にも脱げにくいものを選ぶようにしましょう。

虫刺されに注意する

基本的にどの季節でも虫対策はした方が良いでしょう。自然のどかなキャンプ場には、蚊やアブ、ハチやブヨなど刺されると大変なことになってしまう虫がいる可能性があります。

長袖の服を必ず持参して下さい。 夏場でもショートパンツやショートスカートに、レギンスやタイツを重ね着して素肌を守るようにしておきましょう。

においがついても良いものを

キャンプでは炭火をつかったり、煙を直にあびるような形で調理することが頻繁にありますよね。当然服にも煙や食べ物の匂いがしみこんでしまいます。

服は洗えばどうにかなりますが、ここで気にしたいのは、帽子や小型のポシェット、革の腕時計などです。

後になって、「こんなとこまでにおいがついてしまった!」ということのないよう、洗いにくいものや高価なもの、どうしてもにおいがつくと嫌だと感じる大切なものは最初から持っていかないほうが良いでしょう。

燃えやすい素材は注意

火の元で作業する際には燃えやすい化学繊維でできた服装は好ましくないです。火の粉が少し飛ぶだけでも、ポリエステル素材のものなどは簡単にその箇所が溶けてしまうことも!

それに比べて綿素材の服は火の粉程度であれば大事になりにくいのが特徴です。燃えやすい繊維のものや表面が起毛している服には注意しましょう。

ですが、化学繊維でできた服は乾きやすいというメリットもあるので、川に行く時や釣りをする際には役立つ衣服でもあります。キャンプエリアやシーンによって着替えられるといいですね。

キャンプ初心者におすすめのファッションアイテム

ユニクロ/エアリズムUVカットメッシュパーカー

「アウトドアファッション系のブランドじゃなくても、、。」という人にはユニクロがおすすめです。このパーカーは通気性も良く、UVカット機能もあるので夏のキャンプに特に最適です。合わせやすいシンプルなカラーで、サイズ展開が豊富なのも嬉しいですね。

ユニクロ/ウルトラライトダウンジャケット

5990円 冬場のシーンではウルトラライトダウンが大活躍。暖かいのに軽い質感で、コンパクトに折り畳めるのもポイント。ベストタイプなら肌寒い日の秋や春にもおすすめです。ユニクロのウルトラライトダウンは洗濯もしやすいので汚れを気にすることなく楽しめますよ!

THE NORTH FACE/リアビューフルジップフーディ

おしゃれ女子に最近人気のザ ノース フェイスのパーカーです。フード部分にあしらわれたロゴにインパクトがあって素敵ですね。コットンをメインにポリエステルと混紡されていることでスウェット地ながら速乾性にもすぐれた一着です。

Foxfire/ランダムグレンチェックシャツ

アウトドアファッションはチェックシャツとの相性が抜群です。アウターやパンツはシンプルでもチェックシャツを着ると一気におしゃれにアウトドア感が演出できますよ!こちらのシャツはゆったり感のあるサイズで袖もボタン付きで巻き上げやすいアイテムになっています。

CHARM/オーガニックコットン ネックウォーマー

マフラーは絡まったり引火したりと危険になりやすいので、寒い冬はネックウォーマーがマスト。このネックウォーマーは、帽子やヘアバンドとしても使える3way仕様なのでキャンプが終わってからも普段のファッションに利用できますよ!

イビザストア/派手柄レギンス

キャンプだからこそ、ショートパンツからのぞくレギンスは、普段は履かないようなユニークで派手な柄のものもおしゃれにきまります。あまりお金を使いたくない場合には、こんな小物アイテムでアウトドアな雰囲気をだしてみるのもいいかもしれません。

アウトドアファッションでキャンプをさらに楽しく

アウトドアファッションは、普段あまり着ないような系統の服装でもチャレンジしてみたほうが断然にキャンプを楽しめます。

1点だけでもアウトドアブランドのアイテムを加えるだけで、それっぽくおしゃれに仕上がりますよ!

安全性や機能性も重視しながら、女子らしいオシャレさも取り入れたファッションでキャンプを楽しみたいですね!

こちらもチェック!キャンプ女子のおすすめ記事

秋のキャンプの服装は?アウトドアではおしゃれ女子でもファッションに注意が必要!【キャンプの服装】女子が冬に選びたい服装やアイテムは?【キャンプの服装】ママにおすすめしたいアイテムや服装のポイント♪【キャンプの服装】女のファッションで失敗しないポイント!【キャンプの服装】夏のキャンプでさすが! と言われる服装選び