これなら安心!キャンプキッチンアイテム収納ボックス5選!

キャンプで必須なキッチンアイテム収納ボックスをお探しですか?

キャンプで調理をするには、多くのキッチンアイテムが必要になります。

これらを収納するのが、キッチンアイテム収納ボックスです。

では、一体どんなキッチンアイテム収納ボックスがあるのでしょうか。

今回は これなら安心 キャンプキッチンアイテム収納ボックス5選 について詳しくご紹介します。

キャンプキッチンアイテム収納ボックスの3つのおすすめポイント!

キャンプでは、キッチンアイテム収納ボックスが必要です。

では、どんな点が優れているのでしょうか。

こちらでは キャンプキッチンアイテム収納ボックスの3つのおすすめポイント についてわかりやすくご紹介します。

①持ち込みやすい

1つ目のポイントが「持ち込みやすい」ことです。

もしも、キッチンアイテムをバラバラで持ち込むと大変不便です。

キッチンアイテム収納ボックス1つに集めることで、忘れモノも減らすことができ、安心してキャンプに行くことができます。

➁調理に滞りがなくなる

2つ目のポイントが「調理に滞りがなくなる」ことです。

キャンプ場で調理をする時、必要なキッチンアイテムが見つからなければ、途中中断しなければなりません。

また、実際に持ってきているのか、持ってきていないのかもわかりせん。

キッチンアイテム収納ボックスに1つにまとめることで、持ってきていることも確認でき、調理での中断がなくなります。

➂ホコリから守る

3つ目のポイントが「ホコリから守る」ことです。

キャンプは屋外で行うことが多いことから、急な雨や風が起こります。

もしも、キッチンアイテムを野ざらしにすると、ホコリまみれになります。

特に雨やホコリの両方があると、ホコリの中に入れたような汚れ方をして、使う前にもう一度洗う必要があります。

よって、キッチンアイテム収納ボックスに入れておくことで余計な手間が省けます。

次の章から、キャンプキッチンアイテム収納ボックス5選についてご紹介します。

①ロゼタ クッキングボックス 調理器具調味料バッグアウトドアキャンプ

キャンプキッチンアイテム収納ボックスの1つ目が「ロゼタ クッキングボックス」です。

こちらは ロゼタ 製のキッチンアイテム収納ボックスです。

サイズは32 x 12 x 11 cm、重さは230gです。

カラーリングはアウターがブラックで、インナーがレッドです。

おすすめポイントはバーベキューセットであれば、ほぼ収納することができることです。

また、ハンドルが縦横に2か所ずつついており、いろんな持ち方が可能です。

➁Tumecos アウトドア収納バッグ キャンプトラベルディッシュバッグ

キャンプキッチンアイテム収納ボックスの2つ目が「Tumecos アウトドア収納バッグ」です。

こちらは Tumecos 製のキッチンアイテム収納ボックスです。

サイズは32×12×12cm、重さは200gです。

カラーリングはオレンジ・グレー・ブラック・ブルー・レッド・イエロー・フラワー・マーブルの8色です。

おすすめポイントは、収納ボックスが安定していることから、上蓋を全開しても、中に入っているキッチンアイテムがこぼれることがないことです。

非常に扱いやすいキッチンアイテム収納ボックスです。

➂キャンプスタイル  キッチンツールボックス

キャンプキッチンアイテム収納ボックスの3つ目が「キャンプスタイル キッチンツールボックス」です。

こちらはキャンプスタイル製のキッチンアイテム収納ボックスです。

サイズは約32×12×12cm、約230gです。

カラーリングは全12色あります。

おすすめポイントは、一般的な家族分は余裕で入るサイズということです。

④Raksonic Camping Outdoor Cookware

キャンプキッチンアイテム収納ボックスの4つ目が「Raksonic Camping Outdoor Cookware」です。

こちらは Raksonic 製のキッチンアイテム収納ボックスです。

サイズは33 x 13 x 12.5 cm、重さは200gです。

カラーリングは全6色あります。

おすすめポイントは、丈夫なオックスフォード生地が採用されていることです。

よって、キッチンアイテムにキズがつきにくいです。

⑤ROHUIS クッキングツールバッグ

キャンプキッチンアイテム収納ボックスの5つ目が「ROHUIS クッキングツールバッグ」です。

こちらは ROHUIS 製のキッチンアイテム収納ボックスです。

サイズは長さ32×奥行12×高さ12cm、重さ200gです。

カラーリングはネイビーブルー・ブラック・ライトブルーの全3色です。

おすすめポイントは、生地が厚手で、裏地も強く、耐久性が高いことです。