MENU

ASO BLOG(アソブログ)

 

ASO BLOG(アソブログ)

 

『アソブログ』では遊びに全力投球!というコンセプトで『遊びに関するお役立ち情報』を発信しています!

5人家族用のキャンプ向けの車の選び方6選!

5人家族用のキャンプ向けの車をお探しですか?

普通の用事であれば、家族5人で車で出かけても全く問題ないですよね。

ところがキャンプになると、簡単ではありません。

さすがに家族5人とキャンプ道具一式を車に積むと、正直大丈夫だろうかと考えますよね。

では家族5人でキャンプに行くためには一体どんな車を選んだ方が良いのでしょうか。

今回は5人家族用のキャンプ向けの車の選び方6選について詳しくご紹介します。

5人家族用のキャンプ向けの車の選び方① 5人乗っても圧迫感がない車

5人家族用のキャンプ向けの車の選び方の1つ目が「5人乗っても圧迫感がない車」です。

基本中の基本ですが、そもそも5人全員で同じ車に乗ってキャンプに出かける時に「圧迫感」がある車であったらキャンプ行きは「無理」です。

そこ10分くらいであれば、耐えられるでしょう。ところがキャンプ行きは、行きと帰りでかなりの時間、車の中にいることになります。

「圧迫感」が感じられる車であれば、乗っている間に不快感が増してきて、キャンプに行くこと自体が嫌な気持ちになってきます。

また「圧迫感」がある車に乗っていると、家族同士でちょっとしたことから揉めやすくなってきます。

できるだけ「圧迫感」を感じることの少ない車を選ばれることをおすすめします。

5人家族用のキャンプ向けの車の選び方② ロングドライブの装備が充実している車

5人家族用のキャンプ向けの車の選び方の2つ目が「ロングドライブの装備が充実している車」です。

最近のSUVであれば、キャンプやアウトドアレジャーに行くことを前提に設計されていることから「ロングドライブの装備が充実している車」に仕上がっています。

キャンプ地へ、高速道路を利用することを想定してドライバーの疲労を低減するために「前走車全車速追従式クルーズコントロール」が搭載されている車が開発されています。

このシステムがあれば、運転疲れを大きく防ぐことができます。

また長距離運転での事故防止にも大きく貢献してくれます。

5人家族用のキャンプ向けの車の選び方③ 頑丈な車

5人家族用のキャンプ向けの車の選び方の3つ目が「頑丈な車」です。

キャンプ地へ向かう時には悪路も多く、場合によってはアスファルト舗装がされていない砂利地や水はけの悪い道などを走行する場合があります。

そのため一般的な街乗りに適した車であれば、故障の原因にもなりかねません。

足回りやボディは、なるべく頑丈な車がよいでしょう。

出来れば足回りは4WD車、ボディサイズは普通車以上がおすすめです。

5人家族用のキャンプ向けの車の選び方④ 積載量が高い車

5人家族用のキャンプ向けの車の選び方の4つ目が「積載量が高い車」です。

キャンプになると、持っていく荷物やグッズ、食材、ウェアなどが発生します。

当然5人になれば、かなりの量になります。

またテントキャンプであれば、5人が泊まれる大型のテントを車に積まなければなりません。

よって収納スペースが広く「積載量が高い車」である必要があります。

家族5人を乗せられても、積載量が低い車だと、キャンプに出かけようとしても近場にならざるをえなくなります。

5人家族用のキャンプ向けの車をお考えであれば、できるだけ「積載量が高い車」をお選びになることをおすすめします。

5人家族用のキャンプ向けの車の選び方⑤ パワーがある車

5人家族用のキャンプ向けの車の選び方の5つ目が「パワーがある車」です。

キャンプになると山道や急な上り坂がある道を通らなければなりません。

そんな時に問われるのが「パワー」です。

車は街中ではスマートさや、使い勝手の良さが優先されます。ところがキャンプ用の車には何よりも「パワー」が優先されます。

特に5人家族になると、人や荷物の重量がかなりのものになります。

「パワー」が弱いエンジンであると、途中で不具合やエンジントラブルを起こすことも考えられます。

その点「パワーがある車」であれば、全然へっちゃらです。どんな場所でも力ずくで登り切ります。

ぜひ5人家族用のキャンプ向けの車は「パワーがある車」をお選びください。

5人家族用のキャンプ向けの車の選び方⑥ 外部給電機能がある車

5人家族用のキャンプ向けの車の選び方の6つ目が「外部給電機能がある車」です。

一般的にキャンプ場は、オートキャンプ場であっても「AC100Vコンセント」がないキャンプ場がたくさんあります。

むしろ「AC100Vコンセント」がないキャンプ場の方が一般的といって良いでしょう。

一見イメージ的には、キャンプの間は、電気を使わない生活の方が楽しそうな気がしますよね。

ところが実際に電気が一切使えないキャンプ生活は恐ろしいほど苦痛です。

おそらく耐えられないでしょう。

心のよりどころであるスマホの電池の残量も、翌朝にはエコモードに変わってしまい、不安は募ります。

そんな時におすすめするのが「外部給電機能がある車」です。

最近は電気自動車、ハイブリッドカー、プラグインハイブリッドなど電気を作れる車がいくつも登場しています。

中には災害時の停電状態の時に、自宅用の電気を100%バックアップした電気自動車もあります。

電気が一切使えないキャンプ生活はかなり苦しいです。

「外部給電機能がある車」をお選びいただくことで、キャンプを快適におくることができますよ。