MENU

ASO BLOG(アソブログ)

 

ASO BLOG(アソブログ)

 

『アソブログ』では遊びに全力投球!というコンセプトで『遊びに関するお役立ち情報』を発信しています!

山形県の無料キャンプ場を教えて欲しい!

山形県の無料キャンプ場はどこにあるのでしょうか?

山形県は、県内を奥羽山脈、越後山脈などが走っています。

また磐梯朝日国立公園や鳥海国定公園などの自然豊かな公園も多数あります。

東北の中でも、大自然が溢れているところで、アウトドアにはもってこいの場所です。

では山形県には一体どんな無料キャンプ場があるのでしょうか。

今回は山形県の無料キャンプ場について詳しくご紹介します。

星がきれいに見えるキャンプ場! 古竜湖キャンプ場

最初にご紹介する山形県の無料キャンプ場が「古竜湖(こりゅうこ)キャンプ場」です。

住所が「山形県山形市蔵王山田羽竜」にあります。

古竜湖キャンプ場の公式サイト

https://www.city.yamagata-yamagata.lg.jp/kankokyaku/sub1/kankojoho/4df46koryuukokyannpuzyou.html

車でのアクセス

・山形自動車道 → 山形蔵王I.C → (車で約20分) →  古竜湖キャンプ場

古竜湖キャンプ場のご紹介

古竜湖キャンプ場がある位置は、山形県の南東部にあります。

キャンプ場自体がある場所は、山形市から南東の方角の標高約495mの「古竜湖」の湖畔に造られています。

山形市街からだとおおよそ40分ほどで着くことから、アクセスが大変良い場所です。

またキャンプ場の敷地の周辺にはほとんど民家がなく、深い森に囲まれている場所にあります。

そのため「静寂」という言葉がぴったりと当てはまるキャンプ場です♡

利用料金は、無料です。

営業期間は、7月中旬~9月上旬です。

営業期間中は定休日なしです。

宿泊施設情報

宿泊施設は、テントサイトとバンガローとケビンがあります。

テントサイトの仕切りは、区画サイトとフリーサイトです。

林間側サイトが30サイト分の区画サイトがあります。地形はフラットで、土質は裸地です。

湖畔側サイトは、広い天然芝生地であることから、全てフリーサイトとなっています。

またバンガローも無料で借りることができます。

駐車場から各サイトまでは、歩いて約1分ほどで着きます。

共用施設情報

共用施設は、炊事棟、かまど、トイレ、ファイヤーサークルなどがあります。

炊事棟は屋根、コンクリート製のシンク、水道つきです。

水は、山からの湧き水を使っていることから飲用も可能です。

かまどは炊事棟に併設されています。U字溝をかまどとして利用しており、グリルつきです。

トイレは小屋風のトイレで、ボットン式です。ただし清潔なトイレです。

古竜湖キャンプ場のおすすめポイント

古竜湖キャンプ場のおすすめポイントは、標高が高く空が澄んでいることから星空がきれいに見えることです♡

大都会で見る星空とは全く違いますよ♪

古竜湖キャンプ場の周辺観光地情報

古竜湖キャンプ場から約5kmの場所にあるのが「蔵王温泉」です。

蔵王温泉街には「上湯」「下湯」「川原湯」の3つの温泉共同浴場があります。

日頃の疲れがすっきりととれますよ♪

レクレーション広場があるキャンプ場! 西蔵王公園キャンプ場

2か所目にご紹介する山形県の無料キャンプ場が「西蔵王公園キャンプ場」です。

住所が「山形県山形市岩波上桜田地内」にあります。

車でのアクセス

・山形自動車道 → 山形蔵王IC → 国道286号(車で約17分) → 西蔵王公園キャンプ場 

西蔵王公園キャンプ場のご紹介

西蔵王公園キャンプ場がある地点は、山形県の中心部から南東寄りの場所にあります。

西蔵王公園キャンプ場は、山形市街から南東方角にある「西蔵王公園」内に造られたキャンプ場です。

西蔵王公園は、1999年5月にオープンしたレクリエーション型公園です。

公園内にはキャンプ場の他にも、展望広場、自由広場、日本の花園、森の広場などが同時に整備されました。

こちらの公園の特徴は、奥羽山脈の蔵王山系の豊かな自然を公園内に取り入れられていることです。

利用料金は、無料です。

営業期間は、4月下旬~11月下旬です。

営業期間中は定休日なしです。

宿泊施設情報

宿泊施設は、テントサイトのみです。

サイト内は全て区画サイトです。

エリアは、ほぼ全て林間側サイトとなっています。

合計25か所の区画サイトが造られています。

駐車場からテントサイトまでは約2分ほどでつきます。

サイトの地面は砂地と天然芝生地です。

共用施設情報

共用施設は、炊事棟、かまど、トイレ、あずまや、焚き火サークルなどがあります。

炊事棟は全面コンクリート製の建物です。コンクリート製のシンク、水道つきです。

かまどは炊事棟の壁際にコンクリート製のものが設置してあります。グリルつきです。

トイレは水洗トイレです。

小さなあずまやがあり、ベンチ付きです。

西蔵王公園キャンプ場のおすすめポイント

西蔵王公園キャンプ場のおすすめポイントは、西蔵王公園内にあることから、レクレーション広場がいくつもあることです。

公園内には、展望広場、自由広場、日本の花園、森の広場などの各広場があることから、あらゆるレクレーションのニーズに応えることができます♪

西蔵王公園キャンプ場の周辺観光地情報

西蔵王公園キャンプ場から約6㎞の場所にあるのが「蔵王ロープウェイ」です。

蔵王ロープウェイは、サマーシーズンは観光、登山を目的とした人たちを対象に営業しています。

「蔵王の樹氷」を見る観光が大人気なんですよ♪