MENU

ASO BLOG(アソブログ)

 

ASO BLOG(アソブログ)

 

『アソブログ』では遊びに全力投球!というコンセプトで『遊びに関するお役立ち情報』を発信しています!

キャンプカレー横浜店!横浜駅でユニークなキャンプカレーのお店!

以前、横浜駅でキャンプカレーを食べることができていたのはご存知でしたか?

実はキャンプカレーの支店、キャンプカレー横浜店が、2019年7月28日(日)をもって閉店しました。

オープン当初からユニークな店内が売りの人気店でした!

ではキャンプカレー横浜店とは一体どんなお店だったのでしょうか。

今回はキャンプカレー横浜店についてわかりやすくご紹介しますね♪

キャンプカレー横浜店はどこにある?

キャンプカレー横浜店の正式名称は「野菜を食べるカレーcamp express 相鉄ジョイナス店」といいます。

場所は神奈川県横浜市西区南幸1-5-1 相鉄ジョイナス 地下1階 ジョイナスダイニングにありました。

相鉄ジョイナスの中にあるので、電車で通勤通学されている方には通いやす場所にあります♪

キャンプカレー横浜店はいつ頃できた?

相鉄ジョイナスの地下1階に設けられた、ジョイナスダイニング自体が2014年にオープンしました。

この時飲食店9店舗、服飾雑貨店1店舗の中に「野菜を食べるカレーcamp express 相鉄ジョイナス店」も一緒にオープンしました。

ジョイナスダイニングのコンセプトが「いつもを、ステキに、かえていく。」を掲げていたことから、ハワイアンレストランや本場のタイ料理など、一般的な駅ビルの地下街にはないようなお店も同時オープンしています♪

キャンプカレー横浜店の外観!目印はグリーンの大きなテント!

キャンプカレー横浜店の外観は、カレー店には似つかわしくないおしゃれな雰囲気を持ったお店です。

場所が角地にあり、また「ビジュアル」の主張が強いので、通行人の目には否が応でも目につきます。

外から中をのぞくとなぜか店内には「グリーンの大きなテント」が張られています!

角の一番目立つところに「camp express」のロゴが入っています。

実際、キャンプカレー自体を知らない人からしたら、間違いなく「アウトドア」製品を売るお店と思われていたことでしょう。

外観を見ただけでは、全くカレー店には見えません。

ただし、反対面にカレーの垂れ幕が下がっているので、それを見て初めてカレー店かもと気付くような外観でした♪

キャンプカレー横浜店のインテリア!内装はアウトドア一色!

キャンプカレー横浜店は外観はカレー店らしくないですが、インテリアも全くカレー店らしくありません。

店内はどちらかというとスタバを意識したような、グリーンとブラックとホワイトのカラーリングが印象的です♡

キャンプカレー横浜店はボックス席が多く、カウンター席は、長テーブルの中央に棚型の仕切りを置き、その上にミリタリーで使われる迷彩柄の水筒を並べて対面する相手が見えないように工夫されています。

また全体的に店内は薄暗く、ホールライトで照らされています。

壁にはリックサックや水筒、地図が描かれたスカーフなどがさげられています。

とにかく右を見ても左を見てもアウトドアな雰囲気が漂っています♪

キャンプカレーでオーダー!調理はオープンキッチンで!

お店に入るとカレーのいい香りが漂ってきます。

店員さんに席に案内されると、ステンレス製の頑丈なコップに水を入れて出されます。

それこそキャンプくらいでしか見ないような珍しいコップです。

水を入れた容器も、ピクニックで使われるようなチェック柄のかわいい水筒が出されます。

その先にはキャンプでご飯を炊く「はんごう」が置かれてあり、中にはナプキン、スプーン、ホークなどがきれいに置いてあります。

店員さんがオーダーを聞きにくるので、オーダーを出すと、奥にあるオープンキッチンでスタッフが調理を始めます。

店内のどの場所からでも見えるようにオープンキッチンが作られているので、自分の料理がどうなっているのか一目でわかりますよ♡

またオープンキッチンの一角には、当日使う予定の野菜が山積みにされています。

どんな野菜がカレーに使われているのかが目に見えてわかるので、食の安全が気になる人には嬉しい取り組みです♪

キャンプカレー横浜店の人気メニュー
一日分の野菜カレー!

キャンプカレー横浜店の人気メニューは何といっても「一日分の野菜カレー」です。とにかく見た目が食欲をそそります。

具材は、玉ねぎ、キャベツ、トマト、ブロッコリー、パプリカ、かぼちゃ、レンコン、さといも、小松菜、コーンなど季節の旬の野菜が厳選されています♡

季節や時期によって中に入る野菜が異なるのでご注意くださいね。

また野菜は炒められてはいますが、煮込まれてはいないのでしっかりと食材の味が楽しめますよ♪

キャンプカレー横浜店の人気メニュー
豚バラとナスのカレー 期間限定!

次にご紹介するのがナスがおいしい季節にだけ提供される「豚バラとナスのカレー」です。

豚バラとナスといっただけで、相性が良いというのはわかりますよね♡

豚バラのこってり感がナスに絡んで本当においしいんですよ♪

キャンプカレー横浜店の人気メニュー
小松菜と半熟玉子の南インドカレー!

最後にご紹介するのが「小松菜と半熟玉子の南インドカレー」です。

「まさか横浜駅で南インドカレーが食べられるとは」と思うほどおいしい南インドカレーですよ。

それほど辛くはないのですが、スパイスがかなり効いて、コクがとにかく強いです♡

日本のカレーにはないような深い味わいです。

また玉子とカレーの相性がよく、もう一つ半熟玉子を追加で欲しいくらいです♪

キャンプカレー横浜店は非常にユニークなお店で、カレーも変わりダネカレーが食べられていたので、現在閉店してしまったことは非常に残念なことです。