キャンプ用ガスコンロの選び方!

キャンプ用ガスコンロの選び方をご存じでしょうか?

キャンプ料理を作るには、ガスコンロが必要です。

では、どんなガスコンロがおすすめでしょうか。

今回は キャンプ用ガスコンロの選び方 についてわかりやすくご紹介します。

キャンプ用ガスコンロの人数での選び方!

キャンプ用ガスコンロを人数に応じて選ぶと、一体どうなるのでしょうか?

こちらでは、キャンプ用ガスコンロを人数に応じて選ばせていただきます。

順番は少ない人数からです。

①シングルバーナー

1人でキャンプをするソロキャンプでは、ガスコンロの中でも最も小さい「シングルバーナー」がおすすめです。

シングルバーナーであれば、小さく折りたため、持ち込みがラクで、リックサックやバックに入れて持ち込むことができます。

また、軽いことから、重さを感じなくて済み、疲労感もありません。

ソロキャンプや調理量の少ないキャンプに向きます。

➁カセットコンロ

2人程度のキャンプであれば、ガスコンロの中でも中容量である「カセットコンロ」がおすすめです。

カセットコンロ自体は大人数には対応できませんが、2人程度であれば丁度良く、その能力を発揮します。

➂ツーバーナー

3人以上のキャンプであれば、2か所同時に使える「ツーバーナー」がおすすめです。

ツーバーナーであると、2か所同時に調理ができ、しかも火力が強いことから、調理時間も短縮できます。

人数が多いファミリーキャンプやグループキャンプでは、ツーバーナー一択です。

どのガスコンロが最適か?キャンプ用ガスコンロの選び方4選!

キャンプ用のガスコンロといっても、膨大な数があります。

実際、どれを選んで良いのか中々わかりにくいです。

こちらでは、シングルバーナー・カセットコンロ・ツーバーナーの中からおすすめのガスコンロをご紹介します。

①コールマン バーナーファイアストーム

キャンプ用ガスコンロでのシングルバーナーが「コールマン バーナーファイアストーム」です。

こちらはコールマン製のシングルバーナーです。

〇内訳:本体・収納ポーチの2点です。

〇サイズ:12 x 11 cmです。

〇重量:150 gです。

〇材質:スチール・ステンレス製です。

〇カラーリング:シルバー&ブラックです。

〇燃焼時間:470 g缶を使用する場合3時間30分です。

〇最大火力:3,300 kcl / hまであがります。

〇特徴:折りたためてコンパクトに収納できます。

シングルバーナーにしては、高い火力を有しています。

➁gratefulfor 卓上カセットコンロ カセットガス対応

キャンプ用ガスコンロでのカセットコンロが「gratefulfor 卓上カセットコンロ カセットガス対応」です。

こちらはgratefulfor製のカセットコンロです。

〇内訳:本体・キャリングケースの合計2点です。

〇サイズ:約34 ×26 ×8cmです。

〇重量:1.58kgです。

〇カラーリング:ブラックです。

〇最大火力:2.9KW / hです。

〇特徴:こちらは「安全遮断システム」が搭載されています。そのため、危険を回避できます。

点火は、ピエゾタイプの電気スターター式です。

クリーンで高効率な燃焼が実現できます。

➂コールマン パワーハウスLPツーバーナーストーブ2

キャンプ用ガスコンロでのツーバーナーが「コールマン パワーハウスLPツーバーナーストーブ2」です。

こちらはコールマン製のツーバーナーです。

〇内訳:本体・キャリーサイドの合計2点です。

〇サイズ:64 x 32.5 x 52 cmです。

〇重量:4.2 kgです。

〇カラーリング:グリーン&ブラックです。

〇燃焼時間:1.6〜3.2時間です。

〇最大火力:7,000 kcal / hです。実際は約3,500 kcal / hx 2となります。

〇特徴:高火力で、大量調理・本格調理が可能です。

落ち畳んで、キャリーバックで運ぶことができます。

④ユニフ​​レーム 1900ツインバーナー

キャンプ用ガスコンロでのツーバーナーが「ユニフ​​レーム 1900ツインバーナー」です。

こちらはユニフ​​レーム製のツーバーナーです。

〇内訳:本体のみです。

〇サイズ:540 x 325 x 290 mmです。

〇重量:3.9 kgです。

〇カラーリング:シルバーです。

〇燃焼時間:プレミアムガスで約45分・レギュラーガスで約55分です。

〇最大火力:プレミアムガスで3,900 Kcal x2・レギュラーガスで3,000 Kcal x2です。

〇特徴:折りたたむと、アタッシュケースデザインが特徴です。

高火力ツーバーナーであることから、調理がスピーディーにできます。