キャンプにおすすめのテントはコレ!【先輩キャンパーに聞いてみた】

キャンプに必須のキャンプ用品といえば『テント』ですよね!
先輩キャンパーの皆さんに一番おすすめ!というテントを聞いてみました。
必須アイテムがゆえ色々なテントがありすぎて選べない・・。
という人におすすめです♪

家族向けにはコールマンのタフワイドドーム

おすすめポイント
家族向けキャンプにおすすめなのが、コールマンのタフワイドドームです。 オートキャンプ場のテントと言えば根強い人気なのがコールマンですね。 特に、このタフワイドドームシリーズはゆったりとした居住空間が最大の特徴ですので、ファミリーキャンプに最適です。

本格派テントのエアライズ

おすすめポイント
キャンプ用テントの中でも少人数の本格思考の方に是非ともおすすめしたいのが、アライテントのライペンシリーズのエアライズです。 基本的にスリーシーズン対応なので、冬山以外の山岳使用にも対応可能な本格テントです。

MSR エリクサー2

おすすめポイント
白と赤のコントラストが美しいことに加えて、折り畳んで持ち運ぶ際に、体に負担になりにくい軽量さは、格別だと感じるからです。キャンプ先での徒歩移動を多く兼ねている、少人数でのキャンプをする方には、もってこいのアイテムだと思います。

ロゴス エアマジック PANELドーム

おすすめポイント
カナディアンマークのようなロゴが森の木々をイメージさせ、自然の中に溶け込んでいる感覚を味わえる点で、気に入っています。また、空気注入器を使用しての空気入れも力をそれほど要さず、時短できるのは、ストレスなく前屈み準備が可能です。

サーマレスト トランクイリティー

おすすめポイント
おススメポイントとしては、折りたたんだ際に持ち運びのしやすいリュック形式になることです。車でキャンプ先の場所まで行くのは良いのですが、車を停めて、徒歩での移動になった際、肩に担げて、両手をふさがないのは、メリットに感じます。

ogawa AIRE

おすすめポイント
ogawa AIREは、6人まで入ることのできるため、大人数でキャンプをしに行った際は、とても重宝します。また、設営時の高さが高身長の男性でも屈まずに済むくらいの高さを誇るので、テント内が広々と感じる点が魅力的だと思います。

ogawa HOZ

おすすめポイント
キャンプにおススメのテントは、ogawa HOZになります。天井が透明のパネルになっていることから、テント内で明かりを灯さなくても、太陽光の自然な光が射し込み、いかにもアウトドア気分を味わえるからです。

スノーピークアメニティドームL

おすすめポイント
Lサイズは大人4人と子供2人が入れるサイズなのでファミリー向けです。 フックをつけられる部分があってランタンがつるせるので便利です。入口2つだけでなく換気窓もついていて涼しく過ごせます。ゆったりくつろげる大きさです。

モンベルのムーンライトテント

おすすめポイント
オートキャンプから登山キャンプまでおすすめしたいのが、モンベルのムーンライトテントです。 日本が誇るアウトドアメーカーのモンベルが手がける、アウトドア好きなら知らない人がいない超有名な定番テントです。 なんといっても設営の簡単さと防水性がおすすめ理由です。

ノルディスク レイサ6 PU

おすすめポイント
トンネル型になっていることから、テント内のアレンジが利きやすい点で、面白みを感じます。6人まで収容可能であるため、寝る方向を皆で決めあう楽しさにも繋がりますし、独特の長い見た目が写真映えすること間違いなしだと思うからです。

ベルガンス Wiglo

おすすめポイント
夏場の暑い時期だけでなく、冬場の寒い時期にもピッタリの構造をしている点が魅力だと感じます。ボトム部分には、冷気が入ってこないようにスカートも付属されてあるため、テント内は寒い風をシャットアウトしてくれ、温かみを感じることができます。

ザ・ノース・フェイス HOMESTEAD ROOMY 2

おすすめポイント
何よりも、4面ともにメッシュ素材になっていることで、風通りが抜群に良い点は、自然の微風を地肌で受けることができて、気持ちよく感じます。また、テント内が蒸れにくくなるのも、快適に過ごすことができて、良いと感じます。

ボレアス ティアゴ

おすすめポイント
おススメポイントとしては、全体の色合いが白に統一されていることです。夕暮れ時や夜間に、テント内の明かりを灯しておけば、遠くからでもパッと見つけることができ、夜間における視認性の高さの面で、重宝すると思うからです。

ホールアース EARTH DOME

おすすめポイント
サイズ的にも大きすぎず小さすぎずといったバランスに優れており、何よりも黄土色が周りの芝生や川岸と相まって、自然な調和が取れることです。それにより、同行者たちとの間で、思い出の写真に残した際、映りが良くなる点は、魅力の一つです。