MENU

ASO BLOG(アソブログ)

 

ASO BLOG(アソブログ)

 

『アソブログ』では遊びに全力投球!というコンセプトで『遊びに関するお役立ち情報』を発信しています!

エモい!400xがキャンプツーリングにおすすめな理由4選!

400㏄クラスのバイクで、キャンプ ツーリングをお考えですか?

400㏄クラスだと扱いやすく、なおかつ十分なパワーを有しています。

結構な長旅にも最高の時間をレスポンスしてくれます。

ところでみなさんは400㏄クラスのバイクでは、一体どのバイクがキャンプ ツーリングにおすすめと思いますか。

400㏄クラスで、キャンプ ツーリングにおすすめのバイクはホンダ400Xです。

派手さはありませんが、今流行りのアドベンチャー系バイクです。

ではホンダ400Xとは一体どんなバイクなのでしょうか。

今回はキャンプ ツーリングには400xがおすすめな理由4選について詳しくご紹介します。

ホンダ400Xとは一体どんなバイクなのか?

ホンダ400Xとは、オートバイメーカーのホンダが発売している「CBR」シリーズの中の排気量400ccクラスのバイクです。

デザインコンセプトは「クロスオーバースタイル」が採用されています。

クロスオーバースタイルとは、オフロード(未舗装道路)、オンロード(舗装道路)の両用が可能なスタイルのことです。

いわゆる今流行りのアドベンチャー系バイクということです。

そのため長距離走行が可能で、現在キャンプツーリングバイクとして、多くのキャンピングライダーから高い評価を得ています。

アドベンチャー系バイクとは?

アドベンチャー系バイクというカテゴリーをご存じでしょうか?

アドベンチャー系バイクと似たコンセプトを持つものに「クロスオーバー系バイク」「マルチパーパス系バイク」「デュアルパーパス系バイク」「アルプスローダー系バイク」などがあります。

ほとんどの人は、これらの違いが何かわからないと思います。

これらは全て「アドベンチャー系バイク」と同じ意味のバイクと思われてください。

アドベンチャー系バイクを簡単にご説明すると、オフロードバイクをベースにして、オンロードも高い走行能力があるバイクのことです。

特徴は、あらゆる環境の道路に対して積極性のある走りができ、航続距離が長く、安定走行ができるツアラーバイクということです。

現在のところアドベンチャー系バイクは、日本ではメジャーではありません。

主にヨーロッパなどの国境が陸続きの国で好まれています。

基本的には1000㏄以上の大型バイクが、アドベンチャー系バイクの主流です。

400xのどんな点がキャンプ ツーリングにはおすすめな理由なのか?

ホンダ400Xといっても、ほとんどの方にはどんなバイクなのかわかりませんよね。

バイクに詳しい人であれば「CBRの派生型バイクだろう」くらいはわかるかもしれません。

ところで現在400Xは、あるレジャーの影響で大注目されているバイクになりました。

そのレジャーとは「キャンプ ツーリング」です。

400Xがキャンプ ツーリングにおすすめな理由は以下の4つです。

①1回の給油で最大697kmも走れる

②オフロードも行ける

③リアに合計約80リッターの荷物が載せられる

④アドベンチャー系なのでとにかく頑丈

次の章から詳しくご紹介します。

400Xがキャンプ ツーリングにおすすめな理由① 1回の給油で最大697kmも走れる

おすすめな理由の1つ目が400Xは「1回の給油で最大697kmも走れる」ことです。

公式サイトでの400Xの燃費は「41.0km/L」も走れます。

1回の給油で17リッター給油できることから、最大697kmも走れることになります。

特に高速道路だけを使えば、1日にかなりの距離を走ることができます。

相当遠い場所までキャンプ ツーリングしても、ガソリンは全然余裕ですよ。

400Xがキャンプ ツーリングにおすすめな理由② オフロードも行ける

おすすめな理由の2つ目が400Xは「オフロードも行ける」ことです。

元々がオフロードに対応しているツアラーなので、オフロードも全然問題ありません。

当然極端に酷い悪路が予想される時には、あらかじめタイヤを悪路用に合わせる必要があります。

400Xがキャンプ ツーリングにおすすめな理由③ リアに合計約80リッターの荷物が載せられる

おすすめな理由の3つ目が400Xは「リアに合計約80リッターの荷物が載せられる」ことです。

400Xはリアスペースに、トップボックス1個、サイドケースを左右に1個ずつ搭載することが可能です。

トップボックスは35リッター、サイドケースにはそれぞれ22リッターの荷物を積み込むことができます。

合計すると、約80リッター近くの荷物を載せることができます。

またタンデムシートも広いことから、テントなどを積むことができます。

400Xはリアスペースだけでもかなりの容量の荷物を積むことができます。

多くの荷物を載せられることこそ、キャンプ ツーリングに向いたバイクといえます。

400Xがキャンプ ツーリングにおすすめな理由④ アドベンチャー系なのでとにかく頑丈

おすすめな理由の4つ目が400Xは「アドベンチャー系なのでとにかく頑丈」なことです。

400Xは「アドベンチャー系バイク」で売っていることから、本体も強く、取り付けられているパーツも中々壊れません。

オフロード走行が想定されていることから、転びに強く設計されているものと思われます