MENU

ASO BLOG(アソブログ)

 

ASO BLOG(アソブログ)

 

『アソブログ』では遊びに全力投球!というコンセプトで『遊びに関するお役立ち情報』を発信しています!

キャンプツーリング向きのバイク【おすすめはコレ】

キャンプ場までの道中も楽しませてくれるキャンプツーリングですがバイクは車ほど積載力がないのも悩みですよね。

なので、積載力がありキャンプツーリングを快適にしてくれるバイクを紹介させていただきます。

HONDA・CBR250R MC41

CBR250RはHONDAが製造販売しているレプリカタイプのバイクです。

レプリカタイプのバイクなので見た目はとてもかっこいいです。

レプリカタイプの悩みとして、セパレートハンドルの姿勢がきついことがあります。ですが、CBR250Rはセパレートハンドルですがハンドル位置が高めに設計されており、あまり前傾姿勢にならず疲れにくい姿勢をキープできます。

また、単気筒でほかのレプリカタイプに比べ燃費もよく、長距離走行をするキャンプツーリングにとても向いているバイクです。

ノーマル車での積載力は正直なところ、あまりありませんがリアバック、サイドバックをつけることによって積載力を大幅にアップさせることができます。

新車価格も349,000円と安く、中古車市場での価格はもっと低いのでこれから中型バイクに乗る初心者の方にはとてもおすすめできるバイクです。

Kawasaki エストレア

Kawasakiがかつて製造販売していたバイク、エストレアはクラシックな外観とレザーのサイドバックが似合うおしゃれなクラシックバイクです。

エストレアという名前ですが、これはスペイン語で「星」を意味しており、タンクに星が描かれている車両もあります。

外観は国産ですが英国のクラシックバイクそのもので、外車のおしゃれさと国産の丈夫さを両立したバイクです。

エストレアは高速走行を楽しむバイクではなく、走りそのものを楽しむバイクといわれます。

単気筒独特の走りはとても楽しく、キャンプ場までの道のりをとても楽しませてくれます。

積載力は決して高くはありませんが、おしゃれな見た目なのでリアキャリアを付けず、レザーのサイドバッグを取り付け、運転者がバックパックを背負うことで積載の欠点は解消されます。

現在は廃盤のバイクなので新車の価格は高いですが、中古車であればまだまだ安く購入できます。

最高の相棒になってくれるエストレアはきっとキャンプツーリングを楽しませてくれます。

SUZUKI Vストローム 250

SUZUKIのVストロームはまさに旅向けに設計されたバイクです。

純正パーツで車体に合うパニアケースを取り付けることができます。

パニアケースと聞くとダサいイメージがある方も多いかもしれません。

しかし、Vストロームは設計からパニアケースをつけることを想定しており、パニアケースをつけないと見た目が完成しません。

また、250ccの中でもサイズが大きく、一目では250ccとは思えないサイズ感です。

最近のバイクなのでとても見た目が現代的でかっこよく、単気筒なので燃費もよく積載力も高いのでとてもキャンプツーリングにおすすめのバイクです。

しかし、新しいバイクなので中古車価格が少し高いことが欠点です。

ですが、その価格に見合った走りをVストロームはしてくれます。

Yamaha ドラッグスター250

Yamahaのドラッグスターもキャンプツーリングにおすすめです。

アメリカンタイプなので見た目は大迫力でとてもかっこよく、タンデムでのんびりと走ることに適しています。

アメリカンタイプは乗っていると映画の主人公になったような気持になることができますよね。

アメリカンなサイドバックはもちろんドラッグスターの見た目にマッチします。

また、アメリカンタイプ特融の前に足を出す姿勢のため、長距離走行でも楽な姿勢で走ることができます。

運転がアメリカンタイプは特殊なので乗れるか心配の方もいらっしゃると思います。

ですが、基本的な運転に必要な操作は変わらないため、案外すぐに乗りこなすことができます。

積載力はノーマルでは低いですが、アメリカンタイプはサイドバックをつけることで積載力を追加することができるので解消します。

また、サイドバックを付けることで元から大きい車体をもっと大きく見せることもでき、一石二鳥です。

購入時はすでに生産終了してしまっているので、中古車を狙いましょう。
中古車価格もそれほど高くなく、状態のいい中古車がまだまだあります。

2人でキャンプツーリングするならドラッグスター250はタンデム側もシートが高くなくほかのバイクに比べて怖くないです。
2人でキャンプツーリングをして思い出を作るのもとっても良いと思います。

終わりに

いかがでしたでしょうか。
見た目や用途別にキャンプツーリングにおすすめしたいバイクを紹介させていただきました。

レプリカタイプでかつ快適なツーリングがしたい方はCBR250Rを、クラシックな見た目とした道をのんびりツーリングしたい方はエストレアを、ガンガン積載して様々なキャンプ道具を積載したい方はVストロームを、2人でのんびり景色を眺めながらツーリングしたい方はドラッグスターを選択すれば間違いないと思います。

キャンプツーリングは道中の景色も車では味わえない特別な体験ができます。 ぜひ、上記のバイクでキャンプツーリングを楽しんでみてください。