MENU

ASO BLOG(アソブログ)

 

ASO BLOG(アソブログ)

 

『アソブログ』では遊びに全力投球!というコンセプトで『遊びに関するお役立ち情報』を発信しています!

栃木県のキャンプ場で無料で使える3選!

日光東照宮や中禅寺などの観光地を訪れて、栃木県の自然に触れた事のある方も多いのではないでしょうか?

その自然を生かし、栃木県内には他県と比べ多くのキャンプ場を有していますが、沢山ある分、競争も激化しているのか、サービスで劣る無料キャンプ場は3か所しか有りません。

嬉しいことに3つとも異なった特徴を持っていますので、自分の目的に合ったキャンプ場を選んで、レジャーを楽しんでください!

つがスポーツ公園

名前の通りスポーツ施設に隣接するキャンプ場です。

野球やサッカーを楽しめる「多目的スポーツ広場」の他に、「せせらぎ水路」や「じゃぶじゃぶ池」がある「水遊びゾーン」キャンプ場がある「冒険ゾーン」には「バーベキュー広場」も有ります。

駐車場の近くには芝生が生い茂っている「自由広場」も有りますので、ピクニックなども楽しめます!

キャンプ場の管理棟は9:00~17:00迄の営業ですが、宿泊も可能です。
管理棟の営業時間内で有れば100円で温水シャワーも借りられるのでとても便利です。

住所にある「都賀町」は、2007年に栃木市と合併するまで独立した町で、カタクリの自生地としても有名でした。

カタクリの花は4月頃に咲き誇ります。
周囲に「大柿カタクリの里」も有るので、テントを張る前に遊びに行っても良いかもしれません。

住所:栃木県栃木市都賀町家中4785−3
TEL:0282-27-5133(スポーツ公園管理事務所)
URL:https://www.city.tochigi.lg.jp/site/shakaitaiiku-gakkoukaihou/243.html

※大柿カタクリの里
住所:栃木県栃木市都賀町大柿 ※国道293号沿い、「生出宿里の駅」となり
TEL:0282-29-1104 (栃木市都賀総合支所産業振興課)

宮原青少年野外活動広場

那珂川沿いにあるキャンプ場です。
仮設トイレや水道設備備えているようですが、2019年10月31日をもって撤去するそうです。

土地を国へ返却するため、市で設置したトイレと水道を撤去するとのことです。

「撤去する」とは書いてあっても「閉鎖する」とは書かれていないので「利用することは可能」かと思います。
現在の管理者を記載しましすが、管理者は変わっている可能性があるので注意してください。

事前予約などは不要ですが、水道とトイレ以外設備があまりありません。
大人のみのソロキャンプなどに使われる事が多いようです
可能ならキャンピングカーをレンタルした方が快適に過ごせるかもしれません。

周辺には「竜門の滝」という落差20mの滝があります。
「大蛇が住む」という伝説がある通り迫力満点です。

竜門の滝の近くには「太平寺」や「竜門ふるさと民芸館」など見どころ満載です!
遊歩道で近くまで行けるので、キャンプ場到着前に行ってみてはいかがでしょう!

小さいお子様がいるご家庭にはお勧めできないキャンプ場ですが、自然そのままでカニ漁をしている人がいるなど自由度が高めです。

登山などのキャンプになれている人で有れば、問題無く楽しむ事が出来るでしょう。

住所:栃木県那須烏山市
TEL:0287-83-1412(那須烏山公民館)
URL:https://www.city.nasukarasuyama.lg.jp/index.cfm/6,1423,19,171,html

宇都宮市森林公園キャンプ場

栃木県内の無料キャンプ場では正統派とも言える「森林公園内」のキャンプ場です。

バス釣りでも有名な赤川ダム周辺の施設の一部であり、キャンプ場以外にも遊歩道、バーベキュー場も有ります。

有料ですが、周辺には「湖森館」という旅館から、古民家様な囲炉裏の有る「少年自然の家」まで有りますので、「キャンプは不安だから宿泊施設からスタートしたい!」と言ったキャンプ初心者でも安心の施設です。

キャンプ場内には「炊事場」、「釜戸」、「キャンプファイヤー場」まで有り、火を使った炊事訓練も可能です。

季節ごとに、「マスつかみ取り体験」や「ネイチャークラフト教室」「初めてのキャンプ教室」など多くの行事も行っていますので、興味が有れば参加してみてはどうでしょう!

小学生位のお子さんの居るご家庭や、子供会などのお子さんの多い団体様にお勧めのキャンプ場です。

住所:栃木県宇都宮市福岡町1074−1
TEL:028-652-3450(宇都宮市自然休養村管理センター)
URL:http://forestpark-utsunomiya.jp/

まとめ

キャンプ場へ来るときは車を利用することが多いかと思います。
栃木県内には「とちおとめ」というイチゴや餃子、日光などの観光地や那須塩原などの温泉街も沢山あります。

宮原青少年野外活動広場の様にあまり施設の無い場所では、キャンプ場に来るまでに食事や温泉を味わって、最後に一息ついて山の中で眠りに落ちる… そんな使い方も良いのかと思います。

数か所キャンプ場を楽しんだら「自分なりの楽しみ方」を探してみるのも良いでしょう!