MENU

カテゴリー

ASO BLOG(アソブログ)

 

ASO BLOG(アソブログ)

 

『アソブログ』では遊びに全力投球!というコンセプトで『遊びに関するお役立ち情報』を発信しています!

新潟のキャンプメーカーがおすすめするキャンプギア5選!

現在、新潟にはたくさんのキャンプメーカーがあります。

各キャンプメーカーには、自社を代表するキャンプギアがあります。

では、どんなキャンプギアなのでしょうか。

今回は、新潟のキャンプメーカーがおすすめするキャンプギア5選についてわかりやすくご紹介します。

①スノーピーク チタンシングルマグ

1つ目が「スノーピーク チタンシングルマグ」です。

❶発売元

発売元は「スノーピーク」です。

❷材質

材質は「チタン」です。

❸サイズ・重さ・カラー

1⃣サイズ

本体サイズ:9.6 x 9.6 x 9.3 cm

2⃣重さ

本体重量:70 g

3⃣カラー

本体カラー:シルバー

❹特徴

スノーピーク チタンシングルマグは、新潟のキャンプメーカースノーピークがおすすめするキャンプギアです。

おすすめポイントは、1つ1つ職人の手で造られていることです。

そのためハンドメイドの温かみがあります。

非常に美しいフォルムが魅力です。

スノーピーク チタンシングルマグは、あらゆるシーンで大活躍してくれますよ。

➁ユニフレーム キャンプケトル

2つ目が「ユニフレーム キャンプケトル」です。

❶発売元

発売元は「ユニフレーム」です。

❷材質

材質は「ステンレス鋼」です。

❸サイズ・重さ・カラー

1⃣サイズ

本体サイズ:Φ13×22(高さ)cm

2⃣重さ

本体重量:約600g

3⃣カラー

本体カラー:シルバー

❹特徴

ユニフレーム キャンプケトルは、新潟のキャンプメーカーユニフレームがおすすめするキャンプギアです。

おすすめポイントは、ケトル内にホコリや虫が入りにくい設計になっていることです。

注ぎ口には、注ぎ口ふたがついているのでケトル内にはホコリや虫が入りません。

ユニフレーム キャンプケトルを、ぜひキャンプで生かしてみてはいかがでしょうか。

➂キャプテンスタッグ 焚火台・バーベキューコンロ ・グリル1台3役

3つ目が「キャプテンスタッグ 焚火台・バーベキューコンロ ・グリル」です。

❶発売元

発売元は「キャプテンスタッグ」です。

❷材質

材質は「本体・底板:ステンレス鋼、バーベキュー網・スタンド:鉄(クロムめっき)、目皿:鉄(亜鉛めっき)」です。

❸サイズ・重さ・カラー

1⃣サイズ

本体サイズ:幅475×奥行410×高さ300mm

2⃣重さ

本体重量:3.8kg

3⃣カラー

本体カラー:シルバー

❹特徴

キャプテンスタッグ 焚火台・バーベキューコンロ ・グリル1台3役は、新潟のキャンプメーカーキャプテンスタッグがおすすめするキャンプギアです。

おすすめポイントは、1台3役であることです。

焚き火・バーベキュー・ダッチオーブンでの煮込みができます。

3〜4人用なので、まとめ料理も可能です。

キャプテンスタッグ 焚火台・バーベキューコンロ ・グリル1台3役で、キャンプシーンをアップデートしてみてはいかがでしょうか。

④バンドック オイル ランタン

4つ目が「バンドック オイル ランタン」です。

❶発売元

発売元は「バンドック」です。

❷材質

材質は「本体:スチール(クロムメッキ)・ガラス」です。

❸サイズ・重さ・カラー

1⃣サイズ

本体サイズ:約160×120×250mm

2⃣重さ

本体重量:約400g

3⃣カラー

本体カラー:シルバー

❹特徴

バンドック オイル ランタンは、新潟のキャンプメーカーバンドックがおすすめするキャンプギアです。

おすすめポイントは、レトロ調のデザインです。

レトロ調のデザインが美しく、キャンパーを癒してくれます。

バンドック オイル ランタンを、ぜひキャンプに利用してみてはいかがでしょうか。

⑤ベルモント 焚き火台TABI

5つ目が「ベルモント 焚き火台TABI」です。

❶発売元

発売元は「ベルモント」です。

❷材質

材質は「本体:合金鋼」です。

❸サイズ・重さ・カラー

1⃣サイズ

本体サイズ:237×360×170mm

2⃣重さ

本体重量:478g

3⃣カラー

本体カラー:シルバー

❹特徴

ベルモント 焚き火台TABIは、新潟のキャンプメーカーベルモントがおすすめするキャンプギアです。 

おすすめポイントは、軽量コンパクトながら大きな薪も燃やせることです。

オープンタイプなので、薪のつぎ足しがラクにできます。

ベルモント 焚き火台TABIは、今までにない使い心地ですよ。