雨の日に一体何が必要!雨の日キャンプの必需品4選!

雨の日キャンプの必需品をお探しですか?

キャンプを予定していた日が、雨の日になることがありますよね。

せっかく楽しみにしていたのに、雨の日だとできることが限られます。

ところで雨の日には一体どんなものを用意すれば良いのでしょうか。

今回は雨の日キャンプの必需品について詳しくご紹介します。

雨の日キャンプの必需品① 雨合羽

雨の日キャンプの必需品の1つ目が雨合羽です。

特に山間部のキャンプ場の場合は刻々と天気が変わるので、例え家を出る時に晴れていても、必ず雨合羽は用意することをおすすめします。

雨が降っていてもキャンプを続けるのであれば、何かと雨合羽は役に立ちます。

できるだけアウトドアでは脱着がしやすい雨合羽が良いでしょう。

〇モンベル ストームクルーザー ジャケット

(モンベル) Mont-bell Men`s STORM CRUISER JACKET メンズクルーザージャケット (並行輸入品)
Mont-bell(モンベル

(モンベル) Mont-bell Men`s STORM CRUISER JACKET メンズクルーザージャケット (並行輸入品)
Mont-bell(モンベル

モンベル ストームクルーザー ジャケットの公式サイト:https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1128615

モンベル ストームクルーザー ジャケットは、アウトドアブランド モンベルが販売している雨合羽です。

特徴は「ゴアテックス」を使っていることです。

「ゴアテックス」は防水生地の最高級素材です。

ストームクルーザー ジャケットは防水性、透湿性、軽量性に優れており、また価格もリーズナブルです。

縫製箇所を極限まで削減することで、ほつれにも強くデザインされています。

着心地が軽やかで、息苦しさを感じにくくなっています。

また雨の日になると肌寒さを感じますが、ウィンドブレーカー代わりに役にも立ってくれますよ。

雨の日キャンプにはおすすめの雨合羽です。

雨の日キャンプの必需品② 長くつ

雨の日キャンプの必需品の2つ目が長くつです。

キャンプ場は一般的に草地か裸地が多いので、雨の日にはどうして足元が悪くなります。

スニーカーや一般的なくつになると、濡れると中まで水が浸透することから、歩くのが非常に辛くなります。

そんな雨の日に大活躍してくれるのが長くつです。

長くつがあると、どんな水たまりでも余裕で入っていけます。

〇キャプテンスタッグ レインブーツ

キャプテンスタッグキャンプ 長靴 ・アマゾンサイト:https://www.amazon.co.jp/キャプテンスタッグ-CAPTAIN-STAG-レインブーツ-オリーブグリーンUX-657/dp/B01DD96KNK

長くつはおしゃれな「キャプテンスタッグ レインブーツ」をご紹介します。

素材は合成ゴムでできており、大変軽いです。また非常に柔らかくて、履いていてもキツさを感じません。

アウトソールをしっかりと作ってあることから、雨の日でも滑りにくい造りです。

デザインが洗練されており、キャンプだけでなく、野外フェスで履いてもおしゃれに見えます。

一般的な長くつに比べると、スニーカーを履いているようなフィット感の高さを感じることができますよ。

雨の日キャンプでの必需品③ タオル

雨の日キャンプでの必需品の3つ目がタオルです。

タオル自体は直接雨除けになるわけではありませんが、雨で濡れた身体を拭き上げるためには必要なグッズです。

またタオルだけでなく、雑巾もあればなお良しです。

雨で濡れたままだと身体は冷え、気分が悪くなりますが、乾燥したタオルで拭き上げるだけで、気持ちもホッとできます。

タオルはいろいろと役に立つので、キャンプには持って行かれることをおすすめします。

〇速乾タオル モンベル クイックドライ フェイスタオル

モンベルクイックドライ フェイスタオル:https://webshop.montbell.jp/goods/list.php?category=70400

速乾タオルは、一般的なコットンタオルに比べると約2~10倍も水分を吸収することができる機能性タオルです。

また濡れていても、乾燥までの時間が早く、一般的なコットンタオルと比べると、あっという間に乾燥してくれる優れモノです。

そのため、一度濡れてもしばらく干していればすぐに乾き、1日に何度でも使うことが可能です。

キャンプのように持ち物の制限がかかる時にこそ、速乾タオルはパフォーマンスを発揮します。

雨の日キャンプでの必需品④ 傘

雨の日キャンプでの必需品の4つ目が傘です。

一般的にも雨の日には傘は使われていますが、キャンプなどのアウトドアにも対応できる傘があります。

アウトドア対応の傘は、一般的な傘に比べるとお値段も高く、高性能で、壊れにくく作ってあります。

豪雨だけでなく、突風などにも強く設計されています。

雨合羽などがない時でも、サッと広げれば雨除けになるので、非常に便利なグッズといえます。

またアウトドア傘は、いろんなアウトドアブランドから発売されています。

〇モンベル スタンダード / U.L.トレッキングアンブレラ

モンベル スタンダード / U.L.トレッキングアンブレラ:https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1128551

モンベル スタンダード / U.L.トレッキングアンブレラは、アウトドア系の雨傘では有名な傘です。

見た目は一般的な傘と比べると一回り大き目です。

直径88cm もありますが、重さはわずか128gしかありません。

10デニールの生地が豪雨でもしっかりとガードしてくれます。

また親骨には強化カーボンが使われており、強風でもびくともしない強構造に仕上がっています。