キャンプ用品メーカーランキングトップ6!

キャンプ用品メーカーのランキングをお探しですか?

現在多くのキャンプ用品メーカーが全国に展開しています。

どのメーカーもキャンパーが欲しがるものをしっかりと作っています。

ところでキャンプ用品メーカーは一体どこがおすすめなのでしょうか。

今回はキャンプ用品メーカーランキングトップ6について詳しくご紹介します。

ランキング① モンベル

(モンベル) Mont-bell Men`s STORM CRUISER JACKET メンズクルーザージャケット (並行輸入品)
Mont-bell(モンベル

キャンプ用品メーカーランキング1位が「モンベル」です。

現在モンベルは規模、店舗数で日本最大級を誇っているキャンプ用品メーカーです。

店舗は北は北海道から南は沖縄まで、まんべんなく展開しています。

ネットだけでなく、リアル店舗で商品を直に手に取って購入することができることから、ユーザーの信頼性も高いといえます。

創業は1975年で、日本のキャンプ用品の歴史を作ったメーカーといえます。

現在でも意欲的に製品を次々と作っており、2020年のモンベルのキャンプ用品は大豊作といわれるほど素晴らしキャンプ用品がラインナップしています。

今後は海外進出も視野に入れているといわれています。

ランキング② スノーピーク

キャンプ用品メーカーランキング2位が「スノーピーク」です。

スノーピークも創業が古く、アウトドア用品メーカーとしては1964年に創業、スノーピークという現在の社名の変更したのは1996年からです。

スノーピークの最大の功績は、日本に「オートキャンプ」という車とキャンプを結びつけた新しいキャンプの形を造り出したことです。

またキャンプ用品だけでなく、自分たちで直営のオートキャンプ場をオープンさせ、その魅力を発信し続けています。

要はモノだけでなく「スタイル」を売っていることでスノーピークは大きく評価されています。

またユーザーの店舗へのアクセスを向上させるため、直営店だけでなく、インストア店舗やショップインショップ店舗など様々なスタイルに挑戦しています。

ランキング③ ノースイーグル

キャンプ用品メーカーランキング3位が「ノースイーグル」です。

ノースイーグルは昭和4年創業の北海道の札幌に本拠を構える「株式会社ナニワ」が提供する純日本ブランドです。

一般的なイメージは、低価格製品をメインで売り出しているキャンプ用品メーカーです。

日本のメーカーですが、製品の見た目が中国製品のようなデザインをしていることから、一般的には中国メーカーと思われています。

キャンプ用品も製造していますが、家庭用品、清掃用具、園芸用品などを製造して、全国のホームセンターに卸しています。

またコールマンの取扱量に関しては、日本一という意外な一面も持っているメーカーです。

ランキング④ DOD(旧ドッペルギャンガー)

キャンプ用品メーカーランキング4位が「DOD(ディーオーディー)」です。

ただし「DOD」という名称は、2018年2月からのもので、それ以前は「ドッペルギャンガーアウトドア」という名称でした。

キャンプ用品に詳しい人だと「ドッペルギャンガー」という名前は一度は聞いたことがあることでしょう。

DODの特徴は「フィールドキャンプ」に力を入れている点です。DODは生粋のキャンプ用品メーカーです。

ところでドッペルギャンガーもDODも実はメーカー名ではなく、あくまでブランド名です。会社名はビーズ株式会社という名称の会社です。

大阪に本社があるこちらも日本のメーカーです。

DODは特にテントに強く、持ち運びやすいテントをリーズナブルな価格で販売しています。

ランキング⑤ キャンパル ジャパン

キャンプ用品メーカーランキング5位が「キャンパル ジャパン」です。

キャンパル ジャパンは、小川キャンパルから「全事業」と「ogawaブランド」を引き継いでキャンプ用品を製造しているキャンプメーカーです。

元々は日本有数のキャンプメーカーであった「小川テント」の流れを継承していることから、ブランドには抜群の知名度と信頼度があります。

実は「小川テント」自体は創業約100年になる老舗企業で、日本のテント事業のパイオニア的存在の企業でした。

特徴は、はっきりいって「高品質」で「高価格」です。

そのため一般ユーザー向けではなく、業務用やキャンプ場で使われるような長期間使える頑丈なテントです。

プロや業者からの信頼度は高く、一度小川テントを使うと、他のメーカーのテントは使えなくなるといわれるほどです。

テントの信頼度に関しては間違いなく日本ナンバーワンテントです。

ランキング⑥ キャンプテンスタッグ

キャンプ用品メーカーランキング6位が「キャンプテンスタッグ」です。

キャンプテンスタッグも一見欧米のキャンプ用品メーカーに見えますが、こちらも純日本メーカーです。

スノーピークと同じ新潟県三条市に本社を構えています。

親会社は「パール企業」といって金属製品メーカーです。

キャプテンスタッグというキャンプ用品ブランドができたのは1976年からです。

実はキャプテンスタッグは、日本に「バーベキュー」という文化をアメリカから初めて日本に広めた草分け的存在のキャンプ用品メーカーです。

そのためバーベキュー用品には特に強いメーカーです。