MENU

ASO BLOG(アソブログ)

 

ASO BLOG(アソブログ)

 

『アソブログ』では遊びに全力投球!というコンセプトで『遊びに関するお役立ち情報』を発信しています!

バイクで楽しむ!北海道のツーリングキャンプ場

北海道に限らず、キャンプをするということになると、基本的には車を使って移動することが多くなるでしょう。しかし、キャンプへの移動手段は何も車だけとは限りません。普段からお出かけの際にバイクを使っているという方にとっては、バイクを使ってキャンプを楽しむことができるというのは嬉しいことでしょう。この記事では、バイクでのツーリングとともにたっぷりとキャンプの魅力が楽しめる、オートキャンプ場・ツーリングキャンプ場をご紹介します。バイクでのツーリングとともにキャンプを楽しみたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

車とは一味違う!車でのキャンプとツーリングの違い

ツーリングは、ドライブと同じく道路を走る行為ですが、その楽しみ方には大きな違いがあります。車でのドライブは天候に左右されず、また多くの荷物を積載して出かけることができます。一方で、ツーリングは悪天候になればかなりの苦労を強いられますし、荷物の積載量は、二輪で積める範囲のものに限られます。しかし、風を感じながら走る楽しみや、流れる景色とともに走っているという感覚は、ドライブでは得がたいものです。遠出ができるバイクで身軽な旅行を楽しめるのは、ツーリングキャンプでしか得られないものです。

ツーリングキャンプには注意点も

車でのドライブとは異なり、バイクでのツーリングは体が外気にさらされることになります。天気が変化した場合、バイクでのツーリングの場合にはその変化がもろに体を襲うことになります。天気には十分に注意し、雨などの予報が出ているときには移動速度を落としたり、場合によっては中止するなど、自衛も必要です。また、ライダースジャケットなどは防寒性能も考慮されていますが、それだけに頼ることなく、しっかりと体温調節ができる服装でツーリングキャンプに赴くなどの工夫が必要となるでしょう。

ツーリングキャンプにおすすめのキャンプ場をご紹介!

北海道はバイク乗りにとって厳しい地域です。寒い気候や雪の影響はやはり多くのバイク乗りにとって厳しいものとなるでしょう。しかしながら、それと同時に広々とした平野部、変化や起伏の多い山間部などは、北海道の自然を感じるルートとなっており、これらはバイク乗りを楽しませてくれる北海道の特徴のひとつです。さて、以下には北海道においてツーリングキャンプに最適なキャンプ場をご紹介します。行ったことがない方はぜひこの機会に、行ったことがある方は再度訪れる際の参考としてみてくださいね。

みさき台公園キャンプ場

みさき台公園キャンプ場は、初山別村にあるキャンプ場です。テレビドラマの舞台となった初山別天文台に隣接するキャンプ場です。天候に恵まれれば利尻富士が見えるというロケーション・景観の良さや、無料で利用可能という点も魅力ですが、徒歩圏内で温泉を利用することができるという快適な立地もまた大きな魅力です。温泉ではビールを購入することができ、そこからバイクに乗らずにテントまで戻ることもできるので、飲酒運転の危険性もなくキャンプの夜を楽しむことができます。トイレなどの設備も充実しているため、女性でも利用しやすいキャンプ場であるといえるでしょう。

和琴半島湖畔キャンプ場

和琴半島湖畔キャンプ場は、弟子屈町字屈斜路和琴半島にあるキャンプ場です。眼前には屈斜路湖、背景には豊かな自然と、自然を感じる絶好のロケーションです。屈斜路湖ではカヌー、ボートなどのアクティビティが楽しめるほか、すぐ近くに無料の露天風呂が存在していることも魅力といえます。コンビニなどは付近にありませんが、キャンプ場の売店にてビールや軽食を購入することができます。

兜沼公園オートキャンプ場

兜沼公園キャンプ場は、天塩郡豊富町にあるキャンプ場です。豊かな森林の中にあるキャンプ場であり、バイクを乗り入れて利用できることも魅力です。付近には豊臣温泉があるため、キャンプの際にはここを利用するのもよいでしょう。また、宗谷岬が近くにあるため、キャンプの行き帰りに立ち寄ることができるというのも魅力的。また、キャンプ場の雰囲気も本当に「大自然の仲のキャンプ場」といった雰囲気で、都市近郊の公園などではなく本格的なキャンプを楽しみたいという方にもおすすめです。

まとめ

北海道はバイクには厳しい地域でありながら、それでもバイクに乗る人が多いのは、それだけバイク乗りにとって北海道が魅力的な地域である証左でもあります。北海道にはバイクでのツーリングキャンプにぴったりのキャンプ場がいくつもあります。ツーリングキャンプを検討している方は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。