MENU

ASO BLOG(アソブログ)

 

ASO BLOG(アソブログ)

 

『アソブログ』では遊びに全力投球!というコンセプトで『遊びに関するお役立ち情報』を発信しています!

Vストローム250がキャンプツーリングに最適な理由3つ!

バイクでのキャンプツーリングをご検討中ですか?

バイクを持っていると、気候が良い季節になると、すぐにでもツーリングに出かけたくなりますよね。

バイクであれば、山や海など好きなところにサッと出かけることができます。

ただし、バイクはツーリングは良くても、キャンプツーリングにはちょっときついものがあります。

ところがキャンプツーリングをラクにできるバイクがあります。

それはスズキから発売された「Vストローム(V-STROM)250」です。

Vストローム 250とは、クチバシのようなフロントマスクが印象的なバイクです。

ではVストローム250とは、一体どんなバイクなのでしょうか。

今回はキャンプ ツーリングにはVストローム 250が最適な理由3選ついて詳しくご紹介します。

Vストローム250とは一体どんなバイクなのか?

Vストローム250とは、オートバイメーカーのスズキが発売している「Vストローム」シリーズの中のエントリーモデルバイクです。

「Vストローム」シリーズには、ハイエンドモデルの Vストローム1000、ミドルレンジモデルのVストローム650があります。

Vストローム250は同シリーズの第3弾という位置づけで、日本国内向け仕様車は2017年7月6日より発売されました。

プラットフォーム(基本車体)は、同時発売されるGSX250Rと共通です。

GSX250Rは一般道でのツーリングタイプなのに対して、Vストローム250はアドベンチャーバイクというカテゴリーです。

アドベンチャーバイクとは?

アドベンチャーバイクというカテゴリーをご存じでしょうか?

一般的には聞きなれないカテゴリーですよね。

アドベンチャーバイクというのは、オフロードバイクをベースにした、オンロードも高い走行能力を持つバイクということです。

日本ではメジャーではありませんが、ヨーロッパなどの国境が陸続きの国では人気が高いカテゴリーです。

ただし基本的には1000㏄以上大型バイクのことを指します。

アドベンチャーバイクに250㏄クラスが誕生

ところで最近は、日本国内でもアドベンチャーバイク市場が盛り上がってきました。

ただし、この分野は大型バイクが中心で、これまで排気量が小さい250㏄クラスのバイクは存在しませんでした。

そんな時日本の各バイクメーカーは、アウトドアブームで、250㏄クラスのバイクでキャンプツーリングを行っていることに注目します。

そして排気量が小さい250㏄クラスのアドベンチャーバイク市場に金脈があることを確信します。

ホンダ、カワサキ、スズキなどの国内バイクメーカーは、ここ数年で続々と250㏄クラスのアドベンチャーバイクを市場に投入していきます。

Vストローム250も、250㏄クラスのアドベンチャーバイクの一つということです。

キャンプツーリングに最適な理由① 1回の給油で日本の約3分の1の距離を走行可能

Vストローム250が、キャンプツーリングに最適な理由の1つ目が「1回の給油で日本の約3分の1の距離を走行可能」なことです。

Vストローム250は、1回の給油で17.0リットル、タンクに給油できます。

そして1回の給油で、最大航続距離663.0kmも走ることができます。

日本が約2000kmとすると、1回の給油で日本の約3分の1の距離を走行可能ということです。

驚きの走行距離ですよね。

一般的な250ccクラスのツアラーマシンだと1回17.0リットルの給油で、450km程度しか走行できません。

Vストローム250は、250㏄クラスでは圧倒的な燃費を実現しています。

確かにこれなら排気量が小さくても、大陸横断も可能な長距離巡行マシンですね。

キャンプツーリングに最適な理由② 車体が重く安定性が高く、オンオフ両方に強いマシン

キャンプツーリングに最適な理由の2つ目が「車体が重く安定性が高く、オンオフ両方に強いマシン」ということです。

Vストローム250と近いバイクに、ロングセラー車「ヤマハセロー」があります。

同じ250㏄クラスですが、Vストローム250と比べると車体重量はかなり軽いバイクです。

ヤマハセローが約140kg、Vストローム250が約190kgほどもあり、成人女性1人分くらいも車体重量が違います。

ところでロードでの自由度でいうと、ヤマハセローはオフロード(未舗装道路)には強いバイクですが、オンロード(舗装道路)は得意ではありません。

ところがVストローム250はオンオフどちらも得意です。

また重量があることで、高速走行でも安定しています。

よってVストローム250は、遠くのキャンプ地まではオンロード走行をして、キャンプ地周辺の悪路からはオフロード走行に切り替えて走ることができます。

キャンプツーリングに最適な理由③ 積載量が高い

Vストローム250が、キャンプツーリングに最適な理由の3つ目が「積載量が高い」ことです。

むしろこれが最大の理由かもしれません。

Vストローム250のリアキャリアは、トップケース1つ、サイドケース左右2つの合計3セットも取り付けることができます。

容量はトップケースが23リッター、サイドケースが20リッターで、3セット合計で63リッター分も荷物を積むことができます。

トップケースとサイドケースは純正ケースなので、Vストローム250ともマッチしたデザインに仕上がっています。

またいつでもワンタッチで取り外しができるので、不要な時は簡単に取り外せます。

さらに荷物の量が多すぎて、トップケースとサイドケースでも容量が足りない時には、タンデムシートにも積むことができます。

キャンプ ツーリングで利用する時には、テントなどはタンデムシートへの積み込みが最適です。

このようにVストローム250は、250㏄バイクではありますが、キャンプツーリングには最適な能力を備えたバイクといえます。