MENU

ASO BLOG(アソブログ)

 

ASO BLOG(アソブログ)

 

『アソブログ』では遊びに全力投球!というコンセプトで『遊びに関するお役立ち情報』を発信しています!

キャンプであると便利なもの30個!【キャンパーに聞いてみた!】

キャンプで『あると便利!』というものをキャンパーの皆さんに聞いてみました!確かに!というものから意外~!というものまで非常に参考になります。

色々持っていって試してみたくなりますね!

1.コットがあるとかなり便利!

あると便利な理由
キャンプにあると便利な用品の筆頭は間違いなくコットです。最近のキャンプブームのおかげでキャンプ場はどこも超満員。やっとテントを張れるスペースを見つけても、そこは地面がゴツゴツとたくさんの石で覆われているという事は珍しくありません。そんな所にテントを張ったとしても石が背中に当たって痛くて寝れないですよね。でもそんな時コットがあると夜、寝る時も快適です。コットがあればテントを張る場所を選びません。場所取り競争の激しい今日この頃、快適なキャンプを楽しむためにはコットがあると本当に重宝しますね。

2.斧(おの)はキャンプにあると便利!

あると便利な理由
メタル製の斧はキャンプに持っていくととても便利です。 まずはテントをセッティングするときに、地面にテント用のネイルを打ち付ける時に役に立ちます。ハンマーを使うのも良いけれど、斧の歯の裏を使うとハンマーと同じようになんでも打ち付けることができます。 そして焚火をするときに使う枯れた木の端などを、そこら辺から拾い集めて巻き割の様に切る時も使えます。 他にも焚火の中で燃えている気(ログ)を移動させる時も使えます。 他にも何かを切るとき割るときは斧はとても重宝します。

3.活用範囲が広いヘッドランプ

あると便利な理由
キャンプにヘッドランプを持っていく方が多いと思います。夕飯の調理中に手元を照らしたり、キャンプサイトのお手洗いまで歩くときに使うケースが多いと思うのですが、テント内のランタンとしても使えます。荷物が1つ減るのでオススメです。

4.蚊取り線香

あると便利な理由
夏場のキャンプにおいて、蚊取り線香があるのとないのとでは、快適さに雲泥の差が生じます。蚊に刺されれば、せっかくの楽しい時間も台無しになってしまいますからね。蚊取り線香があれば、ほぼほぼ蚊を撃退できますし、なんというか、夏っぽい感じがして、なんとも風流です。

5.冷感タオル

あると便利な理由
夏のキャンプであると便利なのは、冷感タオルです。 水に濡らして振り回すと、冷たくなるタオルです。 首にかけるとひんやりして気持ちいいです。 炎天下の中で作業しているときにこの商品があると、熱中症対策になります。

6.キャプテンスタッグの炭焼き名人で、簡単にバーベキューが楽しめます

あると便利な理由
キャンプのバーベキューは炭火で楽しみたいと思っていたところ、こちらの小型サイズの炭焼き機を友人からおすすめされました。1人用としてもコンパクトなサイズで運びやすいですし、簡単に炭火が起こせて温度もしっかりと出るので料理が美味しく作れるので気に入っています。値段も安めなのでお試しやすいのも良いと思います。

7.夜の行動領域が正しく広がる懐中電灯

あると便利な理由
何と言っても、必要なのは、個人用の懐中電灯です。夜の行動領域が広がってきます。正しい利用法だけですが、夜外出していて、どこに行ったか分らなくならないようにも気を付けていないといけません。懐中電灯は、ある程度の大きさがないと夜には、使えない感じにもなります。

8.ローテーブル

あると便利な理由
ローテーブルがあると、食事など、地べたに座って休憩するときに非常に便利です。まず、テーブルなので、お皿やコップが安定しますし、程よい高さがあるので、手に取りやすいです。キャンプの用のローテーブルは、そのほとんどが折りたたみ式なので、もち運びにも便利ですし、自宅での保管に関しましても、煩わしさがありません。

9.無印良品の頑丈収納ボックス

あると便利な理由
耐荷重100kgなので収納だけでなくベンチや踏み台にも使えます。簡単なdiyでテーブルへとアレンジするのが流行っています。積み上げてもピタッとフィットし安定するので、トランクに積んでも崩れる心配がありません。

10.何かと便利な自分用の小型ローテーブル

あると便利な理由
キャンプサイトによりますが、飲み物とかを置ける平らな場所ってなかなかありません。ビールとかシェラカップに入った食べ物を倒してしまうことが少なくありません。そんなとき自分用の小型ローテーブルがあると自分の近くに平地を確保できて便利です。

11.まな板(取っ手が付いたもの)

あると便利な理由
まな板(取っ手が付いたもの)があると便利と思う理由は、料理を切るだけでなく、料理を運ぶ役割も満たしてくれるからです。焼いた料理などをいちいちお皿に乗せる必要がありませんので、洗い物も減るかと思います。

12.ウェットティッシュ

あると便利な理由
キャンプ場ではすぐに手を洗いに行けないという時もありますし、テーブルの上など汚れが気になるときにさっと拭けて除菌もできるウェットティッシュがあると とても便利です。大きなサイズのウェットティッシュと小さいサイズを持って行くと使い分けしやすいです。

13.ステンレス皿

あると便利な理由
キャンプ用品であると便利と思うのは「ステンレス皿」です。以前まではよく紙の皿を使用していたのですが、温かい汁気のあるものを入れ時間が経つと紙が弱ってきてしまうということがありました。それに比べステンレス皿は弱ることがありませんし、丈夫で、洗って再利用できる点も素晴らしいかと思います。

14.ドライネット

あると便利な理由
果物や野菜などに虫がつくと嫌なのでドライネットの中にいれてかけておきます。 それから食器を洗った後も乾かす場所がないのでドライネットの中にいれて つるして乾かします。虫よけしたいときはとても便利なアイテムです。

15.テントやタープのロープ張りに便利!NiteIze Figure 9

あると便利な理由
キャンプでテントやタープを設営際に、ロープをピンと張るのは意外と難しいことです。テントやタープには自在金具という3つ穴の開いた金具が付属していますがあまりテンションをかけにくく使い勝手もイマイチです。NiteIze Figure 9はその名の通り9の字のような形をしておりロープを絡め引っ張ることで簡単に大きなテンションをかけられるため気持ちよくテントやタープを設営できるためおすすめグッズです。

16.携帯用トイレ

あると便利な理由
キャンプに行くと、必要だと感じるものがあります。 携帯用トイレです。いつも、用を足すのに困るでしょ?必ず困るケースです。いつも、携行用があると便利です。 何かにつけて、あると便利なのが、携帯用トイレです。

17.ナイロンバンド

あると便利な理由
電気工事や配線工事なんかで主に利用するアイテムです。 ブルーシートの固定やテントの固定、柱や木への固定なんかに便利です。 応急修理にも利用でき、応用範囲も広いので持っていて損はないと思います。 ただ、一度使うと、取り外しにハサミやナイフ、ニッパー等で切断しなければいけないのですが、大量に入って安価に買えるので、複数サイズを揃えておくといいと思います。

18.ダッチオーブン

あると便利な理由
キャンプでの料理の必需品と自分の中ではなっています。焼き料理、蒸し料理、煮込み、揚げ物、グリルなんでもこなせます。特におすすめなのはスノーピックの和鉄ダッチオーブンです。軽くて丈夫なので持ち歩きもまだしやすいです。サイズもでかい。

19.イワタニ カセットガス クッキングバーナー CJ2 CB-TC-CJ2

あると便利な理由
私が一人キャンプで多用しているのはイワタニ カセットガス クッキングバーナーです。 カセットボンベに装着するバーナーですが、バーベキュー等をこれで炙って手軽にすぐ食べられるところが気に入っています。 薄い食材なら全部これで調理できるので、コンパクトな1人キャンプには最適のアイテムです。 

20.着火剤

あると便利な理由
バーベキューや焚き火、キャンプファイヤーなど火をおこす時にあるととても重宝するからです。 また、ジェルタイプの物であればかさばらないので持ち運びしやすく、火も付きやすいのでキャンプをする際にはとても役立つと思います。

21.ダイソーのウォータージャグ

あると便利な理由
子供が手を洗うときや、布を少し鳴らしたい時などに重宝しています。400円という安さですが水量の調節ができ、出しっ放しにすることもできます。なによりジャバラ状になっているので折りたたんだ時のコンパクトさが魅力的です。

22.椅子(折り畳みのもの)

あると便利な理由
私がキャンプであると便利と思う商品は椅子(折り畳みのもの)です。持ち運びが楽ですし、リュックに入るような小さなものまで今では売られています。また、ホームセンターや100円均一でも購入できるようになっていますので、手に入れやすく便利な商品だと思います。

23.家庭用ゴミの指定ゴミ袋

あると便利な理由
キャンプで思いがけず活躍してくれるのが、家庭用ゴミの指定ゴミ袋です。だいたい40リットルサイズですが、これをキャンプに行く時は必ず数枚持っていくようにしています。例えば急に大雨が降った時など、ゴミ袋に穴をあけて頭と腕が出るようにすれば、あっという間にポンチョが出来がありますし、急な雨からキャンプテーブルやガスバーナーなどを守るときに上からかけておけば、雨をしっかりしのげます。かさばらないし、軽いので何枚あっても便利です

24.缶クーラー

あると便利な理由
キャンプ場は暑いので冷やしておいた飲み物をクーラーボックスから出した後は 意外と早くぬるくなってしまいます。ぬるくなると美味しくなくなるビールは 特に缶クーラーに入れておきたい飲み物です。入れておくと冷たい状態で 2~3時間はおいておけます。 

25.コンパクトさが売りのキャプテンスタッグ アルミロールテーブル

あると便利な理由
キャンプであると便利なローテーブルですが、こちらの小型サイズのものは折りたたみも簡単で運びやすいのがとても便利だと思います。アルミのシルバー感のデザインもよく、ちょっとした休憩や日帰りのキャンプなどにも良いと思います。サイズは小さめなのであくまでも1人用になるのは仕方ないかなと感じました。

26.スタッフバック(巾着袋)はいくつあっても良い

あると便利な理由
キャンプ荷物ってごちゃごちゃになりやすいと思います。そんなときスタッフバック(巾着袋)が便利です。バックパックの中の荷物をハイキング、焚火、調理、お風呂、などのカテゴリー毎にわけます。そうすることで、例えばお風呂のときはお風呂用のスタッフバックを 持っていけばよいのです。

27.OPINEL(オピネル) カーボンスチールは万能なナイフです

あると便利な理由
キャンプやアウトドアで一本あると便利なナイフとして愛用しています。カーボンスチールなので加工しないと錆びやすいのですが、デザインなども気に入っており、色々な道具の加工やちょっとした料理にも使えるので持っておくと便利なナイフです。釣りにも便利ですよ。

28.enkeeo 電撃殺虫器

あると便利な理由
キャンプは虫さされが気になるという人も多いと思うのですが、虫よけと ランプの役割を果たしてくれるこの商品はおすすめです。光で虫を寄せ付けず 蚊を殺してくれます。光はLEDランプで充電式なので繰り返し使えます。

29.SOTOのスライドガストーチ

あると便利な理由
キャンプで火を使う際に100円ショップで買ったライターだとやけどしそうに なることがありますが、この商品は持ち手が長いし繰り返し使えるように なっているのでとても便利です。充填式だから火をつけられないということが ないです。

30.アーミーナイフ

あると便利な理由
ナイフや栓抜き、はさみなどをそれぞれ持って行くとかさばりますが、それらが 無いとキャンプで困ることがあるので、アーミーナイフがおすすめです。1つで 何役もこなしてくれますしコンパクトなので持ち運びもしやすいです。