MENU

カテゴリー

ASO BLOG(アソブログ)

 

ASO BLOG(アソブログ)

 

『アソブログ』では遊びに全力投球!というコンセプトで『遊びに関するお役立ち情報』を発信しています!

ガスバーナーを上手く使ってキャンプ飯をもっと美味しくしよう!

キャンプで食事をするとき、ガスバーナーを使用することがあります。ガスバーナーはガス缶を使用し、火力を調節することができるので、調理に欠かせないアイテムのひとつとなっています。ここでは、ガスバーナーの使い方について詳しく解説します。

準備するもの

ガスバーナーを使うにあたり、下記のものが必要です。

  • ガスバーナー
  • ガス缶
  • 着火器(ライター、マッチ等)
  • 調理器具
  • 風除け

設置場所の確認

ガスバーナーを設置する場所は、風が強くない場所を選びます。風が強い場所では、火が消えることが多いため調理がうまく進まなくなってしまいます。
また、火気を念頭において、周囲に燃えやすいものがないかチェックしましょう。

ガスバーナーの設置

ガスバーナーを設置するときは、風除けを使って設置しましょう。
風除けは、アルミホイルや特製のものなど、自分で作ることができます。風が強い場所や冷たい場所では、風除けがないと火が消えたり、火力が弱くなってしまうので注意してください。

ガス缶の設置

ガス缶の設置には、下記の手順を守って設置しましょう。

  1. バーナー本体に、ガス缶を取り付ける接続部分があるため、それにガス缶を取り付けます。
  2. ガス缶を本体にねじ込むようにして接続し、しっかりと固定します。
  3. ガスバーナー側の調節レバーやイグニッションスイッチを操作し、点火ができるか確認します。

火加減の調整

火加減を調整するためには、調節レバーを使います。調節レバーを動かして、火力を強くしたり弱くしたり、消したりすることができます。
また、ガス缶の残量によっても火力が変わるため、定期的に確認しましょう。

安全に使うための注意点

ガスバーナーを使うときには、下記の注意点を守って安全に使いましょう。

  • 火元(ガス缶やガスバーナー)の周囲には、燃えるものを避けましょう。
  • 火元から離れた場所に、消火用具(水など)を用意しておきましょう。
  • 調理中は、常に火元の様子を見ながら作業を行いましょう。
  • 使用後は、ガスバーナー本体、ガス缶、調理器具をしっかりと片付けましょう。

まとめ

以上が、ガスバーナーを上手く使ってキャンプ飯をもっと美味しくしよう!の紹介でした。正しく使って、安全で楽しいキャンプライフを楽しみましょう。