「テーブル化」を実現!キャンプカートに使える天板5選!

「テーブル化」可能な、キャンプカートに使える天板をお探しですか?

キャンプ用カートは、キャンプで使う荷物をラクに運べるアイテムです。

今やキャンプには、はずせません。

ところで最近キャンプ用カートは、荷物の移動アイテム以外でも使えます。

天板を載せるだけで、テーブルに早変わりします。

では、どんな天板がおすすめなのでしょうか。

今回は 「テーブル化」を実現 キャンプカートに使える天板5選 について詳しくご紹介します。

①ユニフレーム フィールドラックWOOD天板 

キャンプカートに使える天板の1つ目が「ユニフレーム フィールドラックWOOD天板」です。

こちらはユニフレーム製の天板です。

内訳は本体のみです。

サイズは592×342×9mm厚、重さは約1.0kgです。

材質はシナベニヤ合板製です。

特徴は、温かみのあるシナベニアを採用していることです。色合いも明るく、アウトドアシーンを盛り上げてくれます。

さらに軽くて、コンパクトで、持ち運びもラクです。

キャンプ用カート・クーラーBOX・フィールドラックなどの上に載せてテーブル化が可能です。

また、中央にユニフレームのロゴが入っており、アウトドア気分が高まります。

シンプルな天板なので、テーブル以外にもいろんな使い道がありますよ。

DOD(ディーオーディー) キャリーワゴン用ロール天板 ワゴンテーブル化 【天然木】 GT2-706-WD 

キャンプカートに使える天板の2つ目が「ディーオーディー キャリーワゴン用ロール天板」です。

こちらはディーオーディー製の天板です。

内訳は本体・キャリーバッグの合計2点です。

サイズはW73×D56cm、重さは2.6kgです。

材質は天然木製です。

特徴は、本物の天然木を採用している点です。天然木が紡ぎだす、何とも言えない木の風合いに趣があります。

ライトブラウン調なので、ファミリーキャンプに最適なカラーリングです。

天板の上に食器やカップを載せると映えるので、食事やお茶の時間がまちどおしくなります。

穏やかな時間を楽しみながら、ゆっくりとくつろがれてください。

キャプテンスタッグ  ローテーブル 足場 すのこ フリーボード CSクラシックス

キャンプカートに使える天板の3つ目が「キャプテンスタッグ  ローテーブル」です。

こちらはキャプテンスタッグ製の天板です。

内訳は本体のみの合計1点です。

サイズは幅890×奥行410×高さ35mm、重さ2.7kgです。

材質は天然木、表面はオイルステイン加工済みです。

特徴は、すのこタイプに仕上げたことです。

使い方はキャンプカートの天板・カウンターテーブル・ローテーブルなどとして使えます。

ウッド感が満載で、キャンプカートに載せているだけでも、決まります。

すのこデザインが、DIY感を出せてキャンプにはぴったりのアイテムです。

④テントファクトリー(TENT FACTORY) ウッドライン ロールボード

キャンプカートに使える天板の4つ目が「テントファクトリー ウッドライン ロールボード」です。

こちらはテントファクトリー製の天板です。

内訳は本体・キャリーバッグの合計2点です。

サイズは幅94×奥行39.5×高さ7 cmです。

材質は本体はハードウッド・表面はラッカー塗装済みです。

特徴は、鮮やかなハードウッド材を使っていることです。

カラーリングのナチュラルは、若々しく、明るい雰囲気を持つので、キャンプでのリビングテーブル用にはぴったりのアイテムです。

長めなので、たくさんの食器を載せることができます。

⑤FIELDOOR ワイルドマルチキャリー ロング/折りたたみ式多用途キャリーカート アウトドア キャンプ レジャー (ロング用 アルミロールテーブル)

キャンプカートに使える天板の5つ目が「FIELDOOR ワイルドマルチキャリー ロング」です。

こちらはFIELDOOR製の天板です。

内訳は本体・収納バッグ・バー2本・ベルト2本の合計6点です。

サイズは幅97cm×奥行き54cm、重さ3.5kgです。

材質は本体はアルミニウム・スチール製です。

特徴は、アルミ材が採用されていることです。

よって軽く、サビや腐食がありません。

また、汚れにも強く、簡単にふき取りができます。

デザインもクールでおしゃれに仕上がっています。