MENU

ASO BLOG(アソブログ)

 

ASO BLOG(アソブログ)

 

『アソブログ』では遊びに全力投球!というコンセプトで『遊びに関するお役立ち情報』を発信しています!

デイキャンプでの焚き火で必要なアイテム2選!

デイキャンプでの焚き火で必要なアイテムをお探しですか?

現在最もホットなアウトドアアレジャーが「デイキャンプ」です。

デイキャンプであれば、わざわざ宿泊施設があるキャンプ場にまで行く必要がありません。

またデイキャンプに「焚き火」を持ち込むことで、一気に参加者のテンションが上がります。

ところで、デイキャンプでの焚き火では、どんなアイテムが必要になるのでしょうか。

今回はデイキャンプでの焚き火で必要なアイテム2選についてくわしくご紹介します。

宿泊キャンプよりもおすすめ!デイキャンプでの3つのメリット!

キャンプといえば、テント泊ですよね。ところで最近は、わざわざ宿泊をしない日帰りのデイキャンプが新たな楽しみ方として人気です。

ではデイキャンプには一体どんなメリットがあるのでしょうか。

こちらでは、宿泊キャンプよりもおすすめ デイキャンプでの3つのメリット について詳しくご紹介します。

①気軽に出かけられる

1つ目のメリットが「気軽に出かけられる」ことです。

一般的なキャンプであれば、どうしても準備や まとまった休みが必要になります。

そのため簡単には出かけることができません。

ところがデイキャンプであれば「1日」もあれば、十分出かけることができます。

また極端にいえば、思い立ったらすぐにでも出かけることができます。

ぜひ、この機会にデイキャンプに出かけてみてはいかがでしょうか。

〇おすすめのバック キャプテンスタッグ トート バッグ キャンプアウトシリーズ カモフラージュ柄 大型収納

②最低限のキャンプギアがあれば行ける

2つ目のメリットが「最低限のキャンプギアがあれば行ける」ことです。

一般的なキャンプであれば、たくさんのキャンプギア・食材・飲料・着替えなどが必要になります。

ところがデイキャンプであれば、座るためのイス、食材・飲料くらいがあれば可能です。

とにかく、持ち込むものが少なくて済むのが、デイキャンプのメリットです。

〇おすすめのトレッキングシューズ Ziitopトレッキングシューズ メンズ

➂焚き火でバーベキューが楽しめる

3つ目のメリットが「焚き火でバーベキューが楽しめる」ことです。

一般的にデイキャンプでの目的が、バーベキューを楽しむことです。

焚き火台があれば、直火NGな場所でも焚き火をすることができ、その炎の上でバーベキューをすることができます。

昼間っから、気が合う人たちと焚き火を囲みながら楽しく語らうことができますよ。

〇おすすめのカトラリー キャプテンスタッグ アウトドア用 カトラリー セット

昼間っから焚き火が楽しめる!デイキャンプでの焚き火で必要なアイテム2選!

どんなにキャンプに行きたいと思っても、やっぱりまとまった休みがとれないと、中々キャンプに出かけることは難しいですよね。

そんな中デイキャンプであれば、気軽にでかけることができます。

また、デイキャンプの目玉は、バーベキューであることから、当然焚き火の用意をする必要があります。

こちらでは昼間っから焚き火が楽しめる!デイキャンプでの焚き火で必要なアイテム2選についてご紹介します。

①キャンピングムーン 高さ2段階調整式 焚き火台

デイキャンプでの焚き火で必要なアイテムの1つ目が「キャンピングムーン 高さ2段階調整式 焚き火台」です。

こちらのタイプの焚き火台は、3~4人様用の焚き火アイテムです。

コンロ面が四角形なので、4方向にそれぞれ座ることができます。

内訳は本体・収納バックの合計2アイテムです。

材質は、ステンレス鋼製です。

サイズは35x34x26cm、重量は約3.5kgです。

特徴は、パーツがわずか5個なので、初めての方でも30秒ほどあれば簡単に組み立てることができます。

楽しいバーベキューの時間が約束されますよ。

②コールマン チェア サイドテーブルデッキチェアST オリーブ

デイキャンプでの焚き火で必要なアイテムの2つ目が「コールマン チェア サイドテーブルデッキチェアST オリーブ」です。

こちらはコールマン製のチェアです。

座り心地が良く、ゆっくりとできます。

日頃のストレスもすっきりと抜けて癒されますよ。

内訳は本体のみの合計1アイテムです。

材質はフレームはスチール、シートはポリエステル製です。

サイズは約87×52×77cm、重量は約5.5kgです。

特徴は、カップや皿などを置くことができるサイドテーブルがついていることです。

お菓子を食べながら、ゆっくりとコーヒーを飲むことができますよ。

また、折り畳み式であることから、車にも簡単に積むことができ、持ち運びにストレスを感じることがありません。