MENU

ASO BLOG(アソブログ)

 

ASO BLOG(アソブログ)

 

『アソブログ』では遊びに全力投球!というコンセプトで『遊びに関するお役立ち情報』を発信しています!

持ち運びやすい!キャンプ用薪ストーブ2選!

持ち運びやすいキャンプ用薪ストーブをお探しですか?

冬キャンプに薪ストーブは持って行きたいところですよね。

ところが持ち運びを考えると、あと一歩が踏み出せないという方も多いのではないでしょうか。

バイクや小型車になると、キャンプ場に持ち込む荷物も制限されます。

そうなると薪ストーブよりも、テントやクッキング用品などの必需品の方から優先されてしまいます。

そんな中、最近は「持ち運びやすさ」を重視したキャンプ用薪ストーブが発売されています。

では一体どんな持ち運びやすいキャンプ用薪ストーブがあるのでしょうか。

今回は持ち運びやすい キャンプ用薪ストーブ2選について詳しくご紹介します。

持ち運びやすいキャンプ用薪ストーブの4つのポイント!

そもそも一体どんなキャンプ用薪ストーブが持ち運びやすいのでしょうか。

一般的なイメージでは、コンパクトサイズなキャンプ用薪ストーブが持ち運びやすそうなイメージです。

こちらでは持ち運びやすいキャンプ用薪ストーブの4つのポイントについてわかりやすくご説明します。

①解体した時の容量

持ち運びやすいキャンプ用薪ストーブの1つ目のポイントは「解体した時の容量」です。

キャンプ用薪ストーブを、車やバイクでキャンプ場へ持ち運ぶ時に一番大事なことは、キャンプ用薪ストーブを「解体した時の容量」です。

実際にキャンプ用薪ストーブを解体すると、本体だけでなく煙突や脚部があるのでかなりの容量になります。

解体した時に、かなりの容量になってしまうと、当然車やバイクに積み込みにくくなります。

よってできるだけ「解体した時の容量」が小さくなる薪ストーブをおすすめします。

②パーツを本体内部に収納できる

持ち運びやすいキャンプ用薪ストーブの2つ目のポイントは「パーツを本体内部に収納できる」ことです。

最近は、煙突部などを解体した後に、本体内部に収納できる薪ストーブが増えてきました。

これにより容量が小さくなり、持ち運びやすくなります。

③キャリーバックにひとまとめできる

持ち運びやすいキャンプ用薪ストーブの3つ目のポイントは「キャリーバックにひとまとめできる」ことです。

キャンプ用薪ストーブをキャリーバッグにひとまとめできれば、これほど持ち運びやすいことはありません。

できるだけキャリーバッグにひとまとめできるキャンプ用薪ストーブをお選びになることをおすすめします。

④軽さ

持ち運びやすいキャンプ用薪ストーブの4つ目のポイントは「軽さ」です。

車だけで持ち運ぶのであれ、多少重くても問題ありませんが、人が持ち運ぶのであれば、できるだけ軽い薪ストーブを選ばれた方が良いでしょう。

次の章からは持ち運びやすい キャンプ用薪ストーブについてご紹介します。

①TOMSHOO チタン ウッドストーブ

持ち運びやすい キャンプ用薪ストーブの1つ目が「TOMSHOO チタン ウッドストーブ」です。

こちらは解体した時の容量が小さくなる折り畳み式のキャンプ用薪ストーブです。

TOMSHOO チタン ウッドストーブには「解体するとCDケース1枚分の大きさになる」「チタン製で腐食に強い」「組み立てがわずか数秒でできる」の3つの特徴があります。

1つ目の特徴が「解体するとCDケース1枚分の大きさになる」ことです。

TOMSHOO チタン ウッドストーブの最大の特徴が、解体すると7枚のプレート板になり、まとめてもおよそCDケース1枚分の大きさに収まってくれることです。

CDケース1枚分の大きさであれば、バイクや公共交通機関でも、キャンプ場へ余裕で持ち運びすることができます。

2つ目の特徴が「チタン製で腐食に強い」ことです。

チタン製であることから、鉄製にみられがちな「腐食」に対する心配の必要がありません。

いつまでもサビないので、うれしいポイントですよね。

3つ目の特徴は「組み立てがわずか数秒でできる」ことです。

本体用のプレートが7枚なので、サクサクと簡単に組み立てることができます。

これならキャンプ用薪ストーブ初心者さまでも、簡単に組み立てることができますよね。

②G-Stove Heat View

持ち運びやすい キャンプ用薪ストーブの2つ目が「G-Stove Heat View」です。

G-Stoveは、ノルウェー初の薪ストーブです。

G-Stove Heat Viewには「煙突が本体に収納できる」「脚が折りたためる」「デザインがすっきりして持ち運びやすい」の3つの特徴があります。

1つ目の特徴は「煙突が本体に収納できる」ことです。

G-Stove Heat Viewは合理的に設計されています。よって煙突も本体内部に収納でき、持ち運びがラクになるように設計されています。

2つ目の特徴が「脚が折りたためる」ことです。

G-Stove Heat Viewの脚は、収納時はワンタッチで折りたためるように設計されています。

こちらのポイントも持ち運びがラクになりますよね。

3つ目の特徴は「デザインがすっきりして持ち運びやすい」ことです。

G-Stove Heat Viewは、本体左右についたパイプタイプのテーブルが、天板に折りたたむことができます。

これによりさらに持ち運びやすくなります。

元々ムダがないすっきりとしたデザインなので、移動がスムーズにできます。