MENU

ASO BLOG(アソブログ)

 

ASO BLOG(アソブログ)

 

『アソブログ』では遊びに全力投球!というコンセプトで『遊びに関するお役立ち情報』を発信しています!

キャンプでも使える100均水タンクの紹介3選!

キャンプでも使える100均水タンクをお探しですか?

サマーシーズン中はもちろん、キャンプでの必需品になるのが水タンクです。

水タンクは炊事用、手洗い用、飲料用など多くの用途に使われています。

水が不便なキャンプ場では、テント近くに水タンクを準備する必要があります。

ではキャンプで使えるような水タンクを100均ショップでは売っているのでしょうか。

今回はキャンプでも使える100均水タンクの紹介3選について詳しくご紹介します。

水タンクとは一体何か?

そもそも水タンクとは一体何でしょうか?

水タンクとは「まとまった水を入れる容器」のことです。

ただし水筒のような個人だけが使用する水入れ容器ではなく、ファミリーやグループなどが共有して使える水入れ容器のことになります。

素材は主に「強化ビニール」や「プラスチック」などで造られています。

また水タンクと似たようなものに、ウォータージャグがあります。

ウォータージャグとは、スタンド式の大容量タイプのウォータータンクのことです。

ウォータージャグになると、素材にステンレスやアルミなどが使われているものもあります。

一般的には、水タンクやウォータータンクに比べると、ウォータージャグの方が、強度があり、お値段も高く設定してあります。

ウォータージャグは、スポーツのトレーニング時やイベント時などに、給水地点に設置してあります。

ただし水タンク、ウォータータンク、ウォータージャグの3つは似たような意味のアイテムを指します。

専門店や100均ショップでも、機能や中身は全く同じでも、名前がメーカーやショップによって異なってつけられています。

水タンクは100均には売ってあるが値段は300円以上のものが多い!

基本的に水タンクは、どこの100均ショップにも売ってあります。

ただし、ほとんどの水タンクは300円以上のモノが多いです。

その理由は、水タンクは水が漏れがNGなこと、水を貯水することからある程度容量が必要なため、パーツの質と料が多くなるためです。

100均ショップには売ってはありますが、実際は300円以上の商品がほとんどです。

次の章からはキャンプでも使える100均ショップで売っている水タンクをご紹介します。

キャンプでも使える100均水タンク① ダイソー 折り畳みウォータータンク10L

キャンプでも使える100均水タンクの1つ目が「ダイソー 折り畳みウォータータンク10L」です。

こちらの水タンクは、2019年夏に発売されています。

特徴は「折り畳み」とあるように、小さくコンパクトにまとめられ、キャンプ場へ持ち込むことができます。

素材は主にポリプロピレンとポリエチレンが使われており、触れるとやわらかい印象です。

使用時のサイズは、28×27cmで円柱型の水タンクです。

また水が0の状態だと重さは約190gしかなく、小さな缶コーヒー1個分の重さしかありません。相当軽いですよ。

使用時のデザインは、エアープールに空気を送る時に使われる「足踏み式のエアポンプ」のような形をしています。

水を使う時には、上部をエアポンプのように押すだけです。

全体的に柔らかい感じの造りなので、小さなお子さまも水を飲む時やうがいをする時には、自分で水をコップに入れて使いたくなるような子どもから好かれそうな水タンクですよ。

キャンプでも使える100均水タンク② ダイソー ウォータージャグ

キャンプでも使える100均水タンクの2つ目が「ダイソー  ウォータージャグ」です。

こちらは完全なウォータージャグタイプです。

水の容量は、3.8L貯水できます。

素材は飽和ポリエステル樹脂、ポリプロピレンなどで造られています。

サイズは直径14.5×17㎝の円柱型の容器です。

見た目は、本体の貯水部分はクリア(透明)で、フタとコックはダークブルーになっています。

カラの時の重さは約220gしかなく、かなり軽いです。

メリットはサマーシーズン中の暑い季節などに、水を満タンに入れている状態の時に見ると、清涼感を感じることができることです。

何だかホッとしますよ。

こちらは水タンクとしてだけでなくインテリアとしても使えますよ。

キャンプでも使える100均水タンク③ ペチャンコ水筒

キャンプでも使える100均水タンクの3つ目が「ペチャンコ水筒」です。

ペチャンコ水筒は、厳密にはウォーターバックタイプです。

水は、満タンで3.9L入ります。

サイズは約37×23.7cmあり、結構大きいです。

水が入っていない時は34gしかなく、かなり軽いです。

普通のビニール袋のようにペラペラになります。

素材は主にポリエチレン、ポリアミドなどで造られており、フタがポリエチレンで本体が強化ビニールのような造りです。

水を入れた時には、袋入りのシャンプーやトリートメントのように自立してくれます。

一見すぐに破れそうに見えますが、メリットはたっぷりと水を入れても、なんど使っても破れないことです。

また冷凍庫に入れて、中身をキンキンに凍るまで冷やしても破れることがありません。

こちらの水タンクは、100均商品とは思えないような高い強度が期待できますよ。