MENU

ASO BLOG(アソブログ)

 

ASO BLOG(アソブログ)

 

『アソブログ』では遊びに全力投球!というコンセプトで『遊びに関するお役立ち情報』を発信しています!

【島キャンプは最高!】関東でキャンプができる島おすすめ6選!

関東でキャンプができる島をお探しです?

関東周辺には無数の島があります。

人が住む島もあれば、無人の島もあります。

どちらの島もキャンプを楽しむことができます。

今回は関東でキャンプができる島6選について詳しくご紹介します。

関東でキャンプができる島① 神津島

関東でキャンプができる島の1島目が「神津島」です。

神津島村役場の住所が「東京都神津島村904番地」にあります。

公式サイト:https://vill.kouzushima.tokyo.jp/

都立多幸湾公園ファミリーキャンプ場のフェイスブック:https://www.facebook.com/takoucamp

神津島のご紹介

神津島は東京都の南東部に位置した島であり、人が住む島です。

神津島には船と飛行機で渡ることができます。

また神津島には、都立多幸湾公園ファミリーキャンプ場があり、キャンプをすることができます。

都立多幸湾公園ファミリーキャンプ場は、神津島村に以前存在した「沢尻野営場」と「長浜野営場」が合併したものです。

場内の施設はきれいに手入れされており清潔です。またお風呂には備品がしっかりと完備されているので、気分良く入浴することができますよ♪

関東でキャンプができる島② 大島

関東でキャンプができる島の2島目が「大島」です。

大島町役場の住所が「東京都大島町元町1-1-14」にあります。

公式サイト:https://www.town.oshima.tokyo.jp/

大島のご紹介

大島は、伊豆諸島の北端にある伊豆大島全域を指します。

大島には、島の南部の差木地(さしきじ)地区のトウシキに「トウシキキャンプ場」があります。

トウシキキャンプ場は高台にあり、天然芝生地で、周囲は防風林で囲まれていることから、安全な場所にあります。

トウシキキャンプ場は無料で使うことができます。水道、炊事場、シャワー、トイレなどが完備されています。非常に清潔です。

トウシキキャンプ場の近くには透明度が高い、グランブルーのトウシキ遊泳場があり、シーズン中は海水浴が楽しめます。

周囲には観光スポットが多数あり、飽きさせません。非常に景色の良い場所にあるキャンプ場ですよ♪

関東でキャンプができる島③ 三宅島

関東でキャンプができる島の3島目が「三宅島」です。

三宅村役場臨時庁舎の住所が「東京都三宅島三宅村阿古497番地」にあります。

公式サイト:https://www.vill.miyake.tokyo.jp/

三宅島のご紹介

三宅島は伊豆諸島にある島です。

三宅島には大久保浜キャンプ場があり、キャンプをすることができます。

営業期間は4月~11月末のシーズン営業です。

キャンプ場のセールスポイントは、全長2kmのブラックサンドビーチです。三宅島の砂浜は白くなく、全て黒い砂浜です。

全体的にコンパクトなキャンプ場です。利用は無料で使うことができます。

調理用のかまどやトイレなどもあります。

夜間には街灯が灯ることから、不安はありません。

目の前に美しい海が広がるので、ロケーションは抜群ですよ♪

関東でキャンプができる島④ 八丈島 

関東でキャンプができる島の4島目が「八丈島」です。

八丈町役場の住所が「東京都八丈島八丈町大賀郷2551番地2」にあります。

八丈島観光協会の公式フェイスブック:https://ja-jp.facebook.com/pages/category/Tourist-Information-Center/八丈島観光協会-470529533002812/

八丈島のご紹介

八丈島は伊豆諸島にある島の一つです。

八丈島は通称「東京から一番近い南国」と呼ばれている島で、キャンプ場のメッカです。

島内には3か所のキャンプ場があります。

島内最大のキャンプ場が「底土野営場」、緑と静寂さが売りの「八丈プラザ公園キャンプ・BBQ場」、カジュアルなロッジステイが楽しめる「八丈島ロッジオーシャン」があります。

どのキャンプ場も関東の他のキャンプ場に負けないくらい素晴らしい施設ですよ♪

関東でキャンプができる島⑤ 父島 

関東でキャンプができる島の5島目が「父島」です。

父島小笠原村役場の住所が「東京都小笠原村父島字西町」にあります。

公式サイト:https://www.vill.ogasawara.tokyo.jp/sightseeing_chichi/

父島のご紹介

父島は東京都の小笠原諸島の父島列島の中にある島です。

父島では「野営」はできません。

ただし宿泊施設に泊まってのキャンプは可能です。

父島には毎年多くの団体、グループ、ファミリーがキャンプに訪れています。

父島で「野営禁止」の理由は、観光客やキャンプ客の来島が、小笠原村の重要な収入源であることから、宿泊施設に泊まってもらいたいということのようです。

小笠原村自体は、むしろキャンプ目的で多くの人たちが訪れてくれることは大歓迎しています。

関東でキャンプができる島⑥ 新島 

関東でキャンプができる島の6島目が「新島」です。

新島村役場の住所が「東京都新島村本村1丁目1番1号」にあります。

新島村役場公式サイト:https://www.niijima.com/

羽伏浦キャンプ場の公式サイト:https://niijima-info.jp/member/member_stay/749/

新島のご紹介

新島は伊豆諸島にある島の一つです。

新島はサーフィン、ダイビング、海水浴、フィッシングなどのマリンスポーツのメッカです。

例年多くのレジャー客が訪れています。

また新島ではキャンプをすることは可能です。

島内には羽伏浦キャンプ場があります。

利用は無料です。共用施設はトイレ、炊事場、かまど、水シャワーなどがあります。

近くにある羽伏浦海岸までは、歩いて約3分の位置にあります。

ロケーションが素晴らしく、美しい眺めを見ることができますよ♪