MENU

ASO BLOG(アソブログ)

 

ASO BLOG(アソブログ)

 

『アソブログ』では遊びに全力投球!というコンセプトで『遊びに関するお役立ち情報』を発信しています!

キャンプイベントin九州!おすすめのイベントを4つ紹介します♪

大自然の中で、のびのびと自然を感じて遊ぶのがキャンプの魅力ですよね。しかし、最近では音楽フェスなどのエンターテイメントも同時に満喫できる、アウトドア・イベントが人気を集めています。

九州の豊かな自然と、アウトドア・イベント。そんな最大の魅力を詰め込んだ、九州で楽しめるキャンプイベントをご紹介します。

九州のキャンプイベントその1.
SUNSET LIVE

福岡県糸島市 9月上旬

福岡県で今、絶景スポットとして注目を集めている糸島市で開催されます。Love&Unity 〜大いなる自然とその恵みに感謝〜をテーマとして掲げ、3日間の来場者数は延べ15,000人以上と、九州を代表するイベントとして愛されています。

キャンプ場はライブ会場に隣接している為、ライブ会場とキャンプ地の移動も便利です。

キャンプ受付は、6月下旬頃から始まります。

ライブ会場内でも、テントやビーチチェアの持ち込みができるため、休憩エリアを自分たちで確保することができます。

疲れた身体を休めながら、糸島の青くて広い海を見てのんびりするのもオススメです。

ただし、ステージ付近への設置や、タープの持ち込みなどは禁止されています。持ち込みのルールは、事前に確認しておきましょう。

サンセットライブの名の通り、糸島の海に沈んでいく夕陽を背景に、音楽に酔いしれるライブは格別です。

九州のキャンプイベントその2.
MACHI CAMP PARTY

福岡県福岡市 舞鶴公園 4月上旬

福岡のホームセンターで有名な、グッデイが開催するイベントです。街中で手軽にキャンプを楽しもうというコンセプトのもと、様々なワークショップやグルメが楽しめます。

舞鶴公園で1泊2日するイベントですが、2018年度には門司港でも開催されています。

また、手ぶらで来てもキャンプを楽しめるよう、先着限定「手ぶらキャンプセット」というテント貸し出しサービスもあります。受付が必要なので、早めの予約をオススメします。

1日中楽しめるイベントですが、夜になっても飽きることがありません。開放感あふれる、ナイトシネマが開催されます。ファミリー向けの映画が上映されるので、家族みんなで楽しむことができます。

キャンプ会場は、地下鉄から徒歩5分程と、アクセスがとても良いところにあります。わざわざ車を出す必要もないので、長旅の疲れも心配ありません。もちろん、公園内に駐車場もあるので、遠方からでも参加しやすいです。

九州のキャンプイベントその3.
UNZEN SANKAKU FES

長崎県雲仙市 8月上旬

温泉地として有名な長崎県雲仙市で開催されます。自然と人が共生する避暑地として、明治初期より多くの人に愛されてきた地、雲仙。そんな風景を復活させたいという思いにより、雲仙サンカクフェスはスタートしました。自然・音楽・温泉の三位一体が新しい、注目のアウトドアフェスです。

中学生以下は、なんと入場無料!

家族で楽しめるワークショップも多くあるので、ファミリー向けのキャンプフェスとして人気です。オムツ替えスペースや授乳室も完備しているので、小さいお子さんのいる家庭でも、安心して楽しめます。

ただし、キャンプ利用のチケットは、子供(中小学生)も必要となるので注意しましょう。また中学生以上は、該当する日の入場チケットも別途必要となります。

雲仙サンカクフェスの魅力は、音楽と自然と、そして温泉。

フェスのリストバンドを掲示すると、4施設での温泉入浴が割引となります。なんと、半額で入浴できる温泉も。

汗をたくさんかいて楽しんだ翌日、温泉に浸かってゆっくり身体を休めるのもいいですね。

九州のキャンプイベントその4.
MIYAKO ISLAND ROCK FESTIVAL

沖縄県宮古島 5月上旬

日本で最も早く開催される夏フェスが、沖縄県の宮古島ロックフェスティバルです。

オフィシャルエアラインに、JALがついています。航空券とセット販売されているツアーもあるので、まとめて買うのが安心で確実です。キャンプを楽しむだけでなく、沖縄旅行まで楽しんでしまうのもアリです。

宮古島ロックフェスのキャンプは、ライブ会場から徒歩5分という立地にあるので、移動も便利です。ただし、オートキャンプは不可なので、徒歩5分圏内の駐車場から手運びとなります。

沖縄の青い海と空を満喫しながら、キャンプフェスで音楽を楽しむ。沖縄でしか味わえない、特別な夏フェス。夏を始めるには、最高ですね。